HP運営ブログ

2015年09月のブログアーカイブ

2015.09.30.スマホサイト作成は必須?!

おはようございます(*⌒∇⌒*)

山田です

あなたのホームページをスマートフォンで見たとき、どのように表示されていますか?

まさかPCで見たときのまま表示されていませんか?

それやばいですよ!!(Д ̄;;

 

 

Google順位が下がる!?

Google2015421日から、スマートフォンに最適化されていないサイトはスマホの検索結果において検索順位が下がるようになりました。

これは、Googleがスマートフォン用にサイトを最適化させているサイトは、スマートフォンの検索結果において優遇するようになったということです。

もし、今まだスマートフォン用に最適化されていないなら今すぐにでもスマートフォンへの最適化を行なってくださいね。

なぜならまだ最適化していないサイトが複数あるからです!競合が少ない間に上位を目指しましょう!

 

 

まだホームページをお持ちでない方は、スマートフォン用に最適化されたサイトを必ず一緒にご準備下さいね!

ちなみに、スマートフォン用にホームページを最適化することを『モバイルフレンドリー』と言います。覚えておきましょう!

モバイルフレンドリーについてはGoogleの公式ブログを参照ください。 検索ユーザーがモバイル フレンドリー ページを見つけやすくするために

 

 

スマホ用サイトってどうやって作るの?

 

  • 準備するといっても、どうやって作るの?
  • 今あるサイトをどうやってスマートフォン用に最適化すれば良いの?

 

と思われる方もおられることでしょう。

 

 

ここでは技術面は置いといて、作り方としては、

 

  1. 1.PC用のホームページと、スマートフォン用のホームページを作る
  2. 2.ブラウザサイズによって可変やレイアウトが変わるホームページを作る(レスポンシブサイト)

 

などの方法が考えられます。

が、どちらにしても時間がかかってしまいます。

1の2つのサイトを作る方を選択された場合は、両方のサイトの更新が必要になり運営の手間もかかってきます。

 

 

スピーディーにスマホサイトも作成し、運営もラクラクしたい!

 

  • 制作時間もできるだけ早くしたい!
  • 運営もサクサク行いたい!

 

と考えられる方が多いと思うのですが、ステムを利用することで両方の願いを叶えることができます(*⌒∇⌒*)!!

弊社で言いますと「Groop(グロープ)」のシステムの利用です!

 

PCのホームページにも、スマートフォンのホームページにも多くのテンプレートが準備されています。

編集画面は1つで、PC用のホームページのテンプレート、スマートフォン用のテンプレートからデザインを選べば、簡単にモバイルフレンドリーなホームページが出来上がります!

 

 

編集画面は1つなので、運営もサクサク行えます(^^)

また、レスポンシブのテンプレートも準備してますので、PCのホームページと、スマートフォンのホームページのイメージを大きく変えたくない!という方には喜ばれていますね(^^)

 

これからはモバイルフレンドリーサイトはホームページを作り運営していくうえで必須となりましたので、ぜひとも検討してみてくださいね。

 

 

 

2015.09.29.コスト削減!知識不要!簡単作成!クラウド型CMS!

みなさんおはようございます本日の記事は川畑が担当いたします

 

ホームページをお持ちの方でリニューアルしたい、更新を自分で行いたいなどのお悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?

 

弊社の「Groopグロープ」はそんな悩みを解決するために生まれたクラウド型CMSです!

ホームページにお知らせやイベント情報を載せたい、TOPの画像を変更したいと思ったら、専門知識がない方は、業者に依頼して変更をしてもらいますが、業者に依頼すると写真や文言の変更だけでも料金がかかったり、ページ追加となると数万円請求されたりもします。

 

ですが「Groopグロープ」特徴は専門的な知識も必要なく、マウス操作だけでレイアウトの変更やコンテンツの追加ができるんです

 

自分で更新や変更ができるとなると、料金は一切かかる事なく、いつでもどこでも更新したい時に更新できちゃいます

 

 

ちなみに「Groopグロープ」は他にも様々な機能があります

 

例えばECショップを運営したり、画像が動いたりするスライダーを簡単に追加できたり、ブログページも作れたりと豊富な機能があります

 

 

料金プランも、テンプレートから選べる格安プランから、自分の想いのままにつくれる完全オリジナルのプランまで幅広くありますので、ご興味のある方は一度お試しください

 

 

2015.09.28.サイト運営で重要なロングテールという考え方

今回のブログ記事を担当するGroop3号です、よろしくお願いします。

2000年代に入って、IT革命とかいう言葉が流行ったのは皆さんご存知かと思われますが、IT革命って一体何が革命だったのか、というのは未だにだったりしませんか?

インターネットで世の中が便利になった、と聞くけども私には実感が無いとか、何のことやら訳が分からないよ、と感じでおられる方も多いかもしれません。

という訳で、今回は主にビジネスでよく使われるネット用語「ロングテール」という言葉について説明する事で、ネットって便利だね♪って事と、その便利さをいかして自社サイトをどう運営していくかという事を解説してみたいと思います。


ネットでたまに聞く「ロングテール」とは何ぞや?

ロングテールとは

インターネットを用いた物品販売の手法、または概念の1つであり、販売機会の少ない商品でもアイテム数を幅広く取り揃える事、または対象となる顧客の総数を増やす事で、総体としての売上げを大きくするものである。

Wikipedia より引用

分かりやすい例を上げますと、下町の商店街のお店で高級大根おろし器を置いていても、需要があるのはおそらく数人で、売れるのは年に一回程度ではないかと思われます。

しかし、購買範囲を全国あるいは全世界に広げると、その高級大根おろし器が欲しいという人はいっきに増える事になります。

これがいわゆる「ロングテール」現象というもので、アマゾン(Amazon.com)など最初期からネット通販を行っている会社の売上げデータの傾向から判明した、インターネット上でのみ見られる経済現象なのです。

これは考えてみれば当たり前の理屈で誰もが分かってた事なんですが、しかし同時に誰もが「そんな簡単に上手くはいかないよね」と思っていた事で、経済学者もこのような予測はしていなかったのでは無いかと思われます、実際この「ロングテール」という言葉を提唱したのは米『Wired』誌の編集長との事です、Wikipediaより


という訳で、「ロングテール」という言葉をご理解いただけましたでしょうか?

ではここで、「ロングテール」的に考えてみて、自社のサイトを持つ」という事が、いかにすさまじい可能性を秘めているか、という事にもお気付きいただけたかと思います。

ただし、「なんとなく皆やってるからうちもやってみようか」と思って自社サイトを運営しても意味がありません

多くの人がそのように他社に習って自社サイトを作ってみたけど、何の手応えもなく放置したままになっていることでしょう。

しかし上記の理屈を理解して1%でも多く可能性にリーチするよう運営している会社や店舗は、「自社サイトを持つ」という意味の重大性をしっかり理解しています。

今後インターネットはインフラとなり、さらに拡大していくと言われています。

おそらく今後生き残っていく、会社や店舗というのはそのような戦略を知っているものだけになっていくのでは無いでしょうか?

さて、あなたの自社サイトは放置したままになっていませんか? そんな方には是非当サイトが運営しております、ホームページ簡単作成システムGroop」をお試し下さい。簡単にサイトを更新できる、というのが当システムの「売り」になっております。


それではまた次回まで。

2015.09.25.他力本願はありえません!ホームページ制作を考えている方へ

おはようございます(*⌒∇⌒*)山田です。
弊社のGroopというホームページ制作システムは、知識がなくても

 

  • ホームページを簡単に作れる
  • ホームページを簡単に更新できる

という利点があります。

 

実際に使ってくださっているお客様も、自身で作ってドンドン更新していってくれています(^^)

 

ホームページの知識は無くても大丈夫?

がしかしですね。以前書いた記事にもあるように()知識はあった方が断然良いです!

『本当に?!知識がまったく無くてもホームページは簡単に作れる?』

しかしながらGroopで十分なホームページは作れます。

だって基本的には感覚的に作ることができますからね(^^)♪

 

ただ、ホームページは作って終わりではありません。

ここが重要な部分ですよ!

 

ホームページに求めるものは『売上』であったり、『集客』ですよね?

とすれば当然、ホームページをいかに人の目に触れさすか!?ということは重要になってきます。

 

目に見えないものだからこそ知識をつける

 

ホームページはネット上にあるものです。

リアルな営業やリアルな店舗とは『売上』を上げる方法も、『集客』をする方法も全然違うのです。

 

  • お客様がどのくらい店の前を通っているのか見えない
  • どんなお客さまが店を覗いてくれたのかも見えない
  • 立地条件の良い悪いも見えない

ネットにはネットでの見え方、見方があります。

ですから営業的、ビジネス的視点からホームページの知識を学んでいくことが必要なんですね。

まずは

 

  • ネットを利用する人はどのような人か?
  • どうしてネットはこのように広がったのか?
  • なぜホームページが必要と言われ続けているのか?
  • ホームページで集客する方法にはどのようなものがあるのか?
  • ホームページで売り上げをあげる方法にはどのようなものがあるのか?
  • リアルなビジネス戦略をネットの世界にどのように生かすことができるのか?

など、学ぶことがたくさんあるのです!

そのような観点からのセミナーも今後開催していきますのでこのブログを毎日チェックしててくださいね!

 

2015.09.24.企業でweb担当になられた方へ

こんにちは本日のブログ担当の川畑でございます

 

シルバーウィークが終わりましたが、皆さんは日頃のストレスをリフレッシュできましたでしょうか?

どこに行っても混雑で余計にストレスが溜まってしまった方もいらっしゃるかもしれませんね...(笑)

 

さて、今日のブログテーマは『会社でwebデザイナー・コーダーを担当する事になった』という方のために、少しお話ししたいと思います

 

まずwebデザイナーやコーダーになるためにどうやって勉強していけばいいのか?

私は自主制作でサイトを作ったりバナーを作ったりして技術を磨く日々ですがまだまだ実力不足です(笑)

フリーでwebデザイナーやコーダーとして活躍している人はたくさんいらっしゃいます。

そういった方は書店で本を買って独学だったり、自主制作を何個も何個も制作して技術を磨いていたりします。

技術を磨くには場数が重要だと思います

ひとつのサイトにこだわりながら時間をかけて制作していくより、シンプルなデザイン・レイアウトでも数をこなしていく方が効率が良いと思います。

ですので、まずは基本を完璧にする事

これが当たり前のようで難しいかもしれません。基本がきちんとしていれば、クオリティは自然と上がっていきますし、頭の中でクオリティの高いものが浮かんでたとしても、それを形にする技術が伴っていなければとても効率が悪いように思えます。

 

とは言っても、まずなにからすればいいの?という問題があると思います。

そんな方は、まずなんでもいいので自分でホームページを作ってみてください!タグやコードがちんぷんかんぷんという人でも弊社の「Groopグロープ」を使えば簡単にホームページを作る事ができます

まずはタグやコードを覚えようとするのではなく、ホームページはどういう作りになっているか?そこから学んでいきましょう。

「Groopグロープ」は自分でレイアウト変更やブログの更新などもできるので、知識が全くない方でもホームページを制作する事ができます! そこから文字の色を変えてみたり...ページを増やしてみたりなどを繰り返していくうちに自然と感覚がわかってくると思います

色々な事ができるようになると、あれもしてみたい、これもしてみたいと探求心がでてきて楽しく知識を得る事ができますので、ご興味のある方は一度「Groopグロープ」を試してみてください

2015.09.18.君は海外ドラマブレイキング・バッドを知ってるか?

どうも、Groop3号です。

本日もブログを更新していきたいと思います。

君は【海外ドラマ】ブレイキング・バッド Breaking Bad を知ってるか?

前回私が担当した記事で、定額で見れるサブスク動画サービスの紹介をしたので、今回はその中身と云いますか、サブスク動画サービスで見れるオススメの動画作品を紹介したいと思います。

オススメは色々とあるのですが、今回は海外ドラマから『ブレイキング・バッド』というアメリカのドラマを紹介したいと思います。

Wikipediaによりますと、2008年1月20日から2013年9月29日までケーブルチャンネルAMCにより米国とカナダで放送された、とあります。

エミー賞の作品賞(ドラマ部門)に5度ノミネートされたとありますね。

何か良い作品を探している人は、このエミー賞のドラマ部門歴代ノミネート作品の中から選んでいくと、まずハズレは無いかと思われます。

ドラマ版のアカデミー賞のようなものですね、アカデミー賞と同じく欧米系の作品に偏っているので、それ以外のドラマに興味がある方には不向きかもしれません、ご参考までに。

さて、そんなブレイキング・バッド見どころですが、ここであらすじを語るのは野暮ですので要点をまとめてみますね。


1. オッサンがかっこいい

2. 化学の知識がやばい

3. オッサンが渋い

4. オッサンの背中が寂しそう

5. 麻薬とかマフィアとかカルテルとか日本に馴染みが無さすぎてもはやファンタジー

6. 昔流行った「カメレオン」ていう漫画みたいな、成り上がりヤンキー漫画の文脈としても見れる

7. オッサンがなんか泣ける

8. オッサンの相棒の兄ちゃんが憎めないドジっ子


という感じでしょうか。

つまり、ひたすらオッサンが出てくるドラマだという事はお分かりいただけたかと思います。

しかし決して男性向けのドラマでは無く、家族の話が基本にあるので、オッサン好きの女性の方にも大人気かと思われます。

私の個人的に一番好きなところはやはり、化学の知識が随所に出てくる所でしょうか、科学では無く化け学の方の化学というのがポイントですね。

主人公のオッサン化学の高校教師元研究者なので、その知識を使って麻薬の裏社会をひっくり返すほどの合成麻薬を作ってしまう、という話なのです。

悪い事をしてるんですが、それには理由がありまして、でも犯罪はいけない、という葛藤に揺れるオッサンは見ていて滑稽でもあり物悲しくもあり、と私はそんな感想を持ちました。

ブレイキング・バッド、オススメです。

ちなみに、当サイトが運営しているホームページ簡単作成システム「Groop」は、専門的な知識が無くても簡単に自社サイトを作成する事ができます。ご興味のある方は是非お問い合わせ下さい。

ではまた次回。

2015.09.17.必見!成功するホームページ制作発注のたった1つの秘訣

こんにちは。山田です(*⌒∇⌒*)

CMSを利用しようと、そうでないにしろ、ホームページ制作を請け負っておりますわが社。

制作関連を発注し慣れているお客様は、制作コストを抑えるためのポイントを良くご存じでスムーズに完成への道を進めます。

しかし、制作発注に慣れておられないお客様は、制作コストがどんどんかさんでいきます(・・;)

こういった方は制作コストがかさむだけでなく、結果に繋がりにくいです。

このタイプの方には大きくわけて2種類のタイプが見受けられます。

 

 

ホームページ制作に失敗するタイプはこんな人

  • 全てお任せタイプで、十分な打ち合わせ時間を確保しようとしない
  • 思いはあるのに、あちこちに思いが飛びすぎてまとまらない

この2タイプの方の多くは、ホームページを作ったことを後悔されたり、成果につながらない!と不満を抱かれることが多いようです。

あなたは、十分な打ち合わせ時間を確保していますか?考えのまとめ方を知っていますか?

デザインからホームページ制作を請け負う時特に、私たちは十分な時間をいただきヒアリングを行い、雲のように頭に浮かんでいる妄想に近い考えを1つひとつまとめながら形にしていきます。

ですが、十分な打ち合わせ時間をいただけなかったり「とりあえず作っといて〜〜!」の一点張りのお客様の場合は十分なヒアリングができていないため、いくら途中で何度となく確認していたとしても、最終段階で大どんでん返しとなり、修正費用が発生する場合も少なくはありません。

 

 

 

ホームページ制作に成功する3つのポイント

  • 十分な打ち合わせ時間を確保する
  • 細かな確認の時間を惜しまない
  • 疑問を放置しない

細かく言うと他にもポイントはありますが、重要な3つのポイントに絞ってお伝えしますね。

 

 

十分な打ち合わせ時間を確保することは下記のようなメリットがあります

  • 制作者との十分なコミュニケーションが図れる
  • 十分なコミュニケーションが図れるから信頼関係が生まれる
  • お客様のアイデアがゴールに向けて今必要なもの、今は必要でないもの等整理整頓できる

 

 

また細かな確認の時間を惜しまないと下記のようなメリットが考えられます

  • 修正があったとちしても、小さく短時間で収められる
  • 更に制作者とのコミュニケーションが図れる
  • 軌道修正がしやすい

 

 

そして、疑問を放置しないことで下記のようなメリットがあります。

  • 納得できる仕上がりとなる
  • 次のステップに活かせる
  • 大どんでん返しをする必要がなくなる
  • 軌道修正がしやすい

 

 

 

成功するホームページ発注のたった1つの秘訣

ホームページ制作を請け負う者も、発注される方も、同じ『人間』です。

自分の頭の中にあるものは見えづらいし、広がりやすく捉えずらい。

また他人の頭の中なんて、そう簡単に見えるものではありません。

だからこそ、人が人に発注するとき、円滑なコミュニケーションが必要です。

そのためには十分な打ち合わせ時間の確保が必須です。

そうすることで成果の上がるホームページ運営が成立していきます。

また「ホームページは作って終わりではない」ということも理解しておくと、ホームページ運営を継続的に進めていくことができます。

そういったことも踏まえ、成功するホームページ発注の秘訣の重要なポイントは

十分な打ち合わせ時間を確保する

ということになります(*⌒∇⌒*)

 

 

 

2015.09.16.ホームページってどうやって作るの?

おはようございます

 

今日のブログ担当は川畑でございます

早速ですが、みなさんはホームページがどうやって作られているかご存知ですか?

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、知らないという人のためにホームページ開設についてQ&A方式でご紹介したいと思います

 

 

Q.ホームページを開設するのはどんな人?

A.ホームページを利用している人はほとんどが法人です。個人で開設している人もいらっしゃいますが、その目的も大体が自宅ネイルサロンだったりショップをお持ちの方がほとんどだと思います。中にはブログを書いたり趣味の事を掲載する目的としてホームページを開設してる人も少なからずいます。

 

Q.ホームページ作るのって難しいの?

A.基本知識があれば、ある程度は作れます。人によっては独学でなんとかなると言う人もいらっしゃいますし、学校や講師の人に教えてもらわないと習得できない...と言う人もいます!基本的にHTML・CSSだけで制作するなら特にそこまで知識がなくともできます。しかし動く画像やエフェクト効果を付けたいとなると、ある程度の知識を身につけなければいけないので時間もコストもかかってきます。

 

Q.ホームページってどこに頼めば作れるの?

A.普通は制作会社に頼みます。しかし、制作会社によっては費用が高かったり、デザインやレイアウトが要望通りにいかない事もあるので、ホームページの知識を持っている人は自身で制作する方が、低コストで好きなデザインに仕上げる事ができるから自主制作の方が言いという方もいらっしゃいます。しかし、それなりの基本知識が必要になってくるので全く知識がない人だと自主制作はオススメしません。

 

Q.制作会社に頼んだらまずなにをすればいいの?

A.まずはサイトコンセプトを決めましょう。どういった目的で作るのか?どのような客層をターゲットにするのか?などを制作ディレクターの人と打ち合わせの段階で要望を伝えましょう。

 

Q.サイトコンセプトが決まったら?

A.狙ったターゲットに対してどういう情報を伝えたいのか、または何を強みにしてどう売り出していきたいのかをまとめましょう。

 

Q.写真や画像は用意した方がいいの?

A.できるだけ用意してもらってた方が制作者の人もサイトイメージが湧きやすく、ユーザーにも情報が伝わりやすいので、できるなら自身で写真を撮って掲載してもらうようにしましょう。またイラストなどは依頼すれば制作してもらえますが、制作会社によっては追加料金が発生する場合もあります。

Q.デザインはどんな感じがいいの?

A.デザインは十人十色です。デザイナー・ディレクターさんとどういった内容のコンテンツを置きたいか、サイトカラーは何色にするかなどを相談しながら、方向性に合ったデザインにしましょう。

 

Q.画像の形を変えたり、画像を動かしたりしたいんだけど...

A.JavaScriptやFrashを組み込めば様々なエフェクトをかける事ができますが、時間がかかったりコストがかかったりもします。 また、ユーザーの環境によっては処理速度が遅く、読み込めない可能性もあります。

 

Q.費用はどれくらいかかるの?

A.制作会社に1つのホームページ制作を依頼した場合の平均相場は約30〜50万といったところでしょうか。制作会社によってはサーバー代や管理費用を月額で請求される場合もあります。自主制作した場合はサーバー代ぐらいしか費用はかからないのでコストは抑える事ができます。

 

Q.更新やレイアウト変更をしたい時はどうすればいいの?

A.制作会社に依頼します。依頼をすると更新はしてくれますが、内容によっては時間がかかったり追加料金を払わないといけなかったりもしますが、その分自主制作ではいつでもどこでも気軽に更新できるといったところはメリットではないでしょうか。

 

 

さて、ここまでいくつかホームページ制作についてご紹介しましたが、弊社が運営している「Groop」は初期費用を抑え、ホームページを開設する事ができます
また、更新にかかる手間やコストなど感じる事がなく、簡単操作でいつでもどこでも編集・更新できるのが「Groop」なのです
無料でお試ししていただけるので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはコチラ

 

 

2015.09.15.唐突だけど、定額動画サービスはどれがオススメ?の巻

今日のブログ担当は私Groop3号となります、よろしくお願いします。

皆さんは「サブスクリプション」という言葉をご存知でしょうか?

詳しい解説は以下のURLで見ていただくとして、

サブスクリプション方式

簡単に言うと「サブスクリプション=定額」という意味です。

レンタルリース広義の意味でサブスクリプションと言えるかと思いますが、最近話題になっているのは、例えば月額500円で音楽聴き放題とか、動画見放題とか、そういったサービスがどんどん増えてきているようです。

そこで、本日お送りしたいテーマはサブスクリプションサービスの中でも、定額動画配信サービスについて書いてみたいと思います。


■定額動画サービスはどれがオススメ?

さて、私Groop3号は映画や海外ドラマを見るのが趣味なのですが、最近はもっぱらレンタルよりも、上記サブスク(サブスクリプションの略です)配信サービスを利用して視聴する事が多くなっています。

今までに加入した事があるのはhuluU-NEXTの2つです。

下記↓のまとめサイトによりますと、他にもNTTドコモが運営する「dTVなどが人気のようです。

「動画配信サービス比較ランキング!」

そんな定額動画配信サービスについて、私が実際に加入してみて、感じた事をいくつか書いてみたいと思います。


定額と言いつつも、新作等の映画やドラマは課金制のように追加料金が必要な場合がある


これは、huluU-NEXTの一番の違いで、huluは完全定額制で追加料金無しの月額933円(税抜)なのに対し、U-NEXT月額1990円(税抜き)で新作については追加料金がかかります。

ただし毎月1000円分の無料ポイントが付いてきますが、それはU-NEXT月額1990円huluよりも1000円程高い設定金額になっているとおり、月額料金に最初から含まれています


そもそも見れる作品の数が違う


huluU-NEXTでは視聴可能な映画やドラマの数が違います、hulu10000本以上、U-NEXT60000本以上あるとの事です。

ただしU-NEXTの場合はその半分以上が追加料金がかかる作品である、という事は注意しておいて下さい。

※ちなみにU-NEXTの場合は日本の大人向けのアダルト作品も年齢制限付きで視聴可能となっています。


海外作品を見たいか日本の作品を見たいかで違ってくる


huluは元が海外で生まれたサービスです、そのせいか海外の作品、特にドラマが豊富に揃っていると言われています。逆にU-NEXTは日本のサービスなので、日本の映画やドラマが豊富にそろっているようです、昔の日本のドラマなど懐かしいものがあったりするかもしれません。

あと、私の個人的な意見としては、どちらか一方でしか見ることができない作品というのがありますので、まずそれが視聴できるか確認してみて、視聴可能なサービスに加入するという方法も良いかと思います。


ブラウザによっては視聴ができないエラーが出る


これは私が実際に見て経験した事なんですが、huluでは特にエラーが出ることは無かったのですが、U-NEXTでは「chrome」ブラウザだと視聴できないというエラーが出ていました。

ちなみにU-NEXTの動画配信システムはmicrosoftのsilverlightを利用しているようで、これが原因かと思われます。ご参考までに。


主に私が加入した事のある「hulu」「U-NEXT」の2つを比較して、ご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

海外作品がお好きな方は、NETFLIXという海外の大手サービスが最近日本でもサービスを開始しています。海外作品好きの私としましては、現在要注目のサービスとなっています、また加入する機会がありましたらご報告させていただきますね♪

ちなみに定額サービスという意味では、当サイトが運営しております、ホームページ簡単作成システム「Groop」も定額で使い放題の仕組みとなっております。もしよろしければ料金プランから詳細をご覧下さいませ。

ではでは、失礼致します。

2015.09.14.本当に?!知識がまったく無くてもホームページは簡単に作れる?

『知識が無くてもホームページができるCMSシステムで本当に簡単にホームページはできるのか?』

本日ブログ更新担当の山田です(*⌒∇⌒*)

 
 

さて、上記テーマに関して

『知識が無くてもホームページができるCMSシステムで本当に簡単にホームページはできるのか?』


 
さて、みなさんはどう思われますか?
今までCMSシステムでホームページを作ろうとされた方もおられるでしょうし、
検討はしたがまだ実践してないという方もおられることでしょう。

 

わたしの解答としては

できる し できない!

です(・・;)


 
 

その理由を解説していきますね。

CMSシステムとは何か?

CMSはコンテンツ・マネジメント・システムの略語となります。

簡単に説明するとホームページ(WEBサイト)を管理・更新できるシステムのことをいいます。
管理・更新というのは、画像を編集・追加したりテキストを編集・追加したり、ページを追加したり、レイアウトを変えてみたりができちゃうソフトウェアの事になります。

代表的なCMSには下記のようなものがあります。

  • Joomla
  • Drupal
  • WordPress
  • MovableType
  • Jimdo

WordPress(ワードプレス)などは、よく耳にするかもしれませんね。
Jimdo
を使っている方も時々見かけますね。

当社で提供している『Groop』もCMSなんですよぉ〜〜〜。

では、実際にCMSを利用すれば、知識がなくてもホームページ作成から運営まで簡単にできるのか?
 
 
 
 

CMSを利用すれば、知識がなくても簡単にホームページ作成から運営まで簡単に行えるのか?




実際に私自身、いくつかのCMSでホームページを作ってきましたし、運営もしてきました。
そこで、感じるのが

多くのCMSがある程度の知識があった方が実際はストレスなく作れると感じます(<;;

部分部分でHTMLCSSの知識が必要になるCMSもあります。
またコツや勘が働いた方が作りやすいものもあります。

またこの「知識」を、どのように捉えるかでも、利用された方の感想は変わると思います。

コピーアンドペーストを難しいと感じられる方には、どれも難しいと感じるかもしれません(・・;

 

 

また自分との相性のようなものがあります。
実際に使ってみて、少し慣れて、相性が良ければ使いやすいと感じることでしょう。

そういったこと全てを含めて、
『知識が無くてもホームページができるCMSシステムで本当に簡単にホームページはできるのか?』

という質問があったとしたら、できる し できない!と私は応えることでしょう(<;

 
 
 
 

まずは無料利用から始めよう!

ということで、下記のような方はまずは無料利用から始めてみてください。

  • ホームページを自分自身で作りたい
  • ホームページの更新は自分で行ないたい
  • CMSをいろいろ試してみたい
  • ホームページを作るってどんな感じなおかを知りたい

弊社のCMSGroop』も無料利用が可能な期間を設けています(*⌒∇⌒*)
気軽に使ってみてくださいね。

無料で申し込んだら、ゴリゴリの営業があるのかも・・・・

と不安な方は、とりあえず制作の様子の動画をご覧くださいね(・・;)

 

 

 

 

 

2015.09.11.ちょっとした雑学と事前準備

おはようございます今日のブログ担当の川畑です

 

ここ最近、台風の影響で雨続きの日々ですね...。

関東地方の方は大丈夫だったのでしょうか?栃木県の鬼怒川が氾濫してビックリしました...。

台風は地震と違って、ある程度は予測がつくので、いつ台風がきても大丈夫なように非常食など緊急時の備えは必要だな...と思いました。

皆さんもくれぐれも天災には気を付けてくださいね

 

さて、本日のテーマなんですが...毎回毎回ホームページの事を話してもあれなので今日は私が最近ハマっているものについてお話しします!←話したいだけ(笑)

 

最近、雑学というものにハマってまして「なるほど!そうだったのか!」となる、あの感覚が楽しいです(笑)

しかもそれが身近なものだったらなおさら

 

例えば...手持ち花火ありますよね?

誰もが遊んだ事のある花火。あの先端に付いているペラペラの紙は何のためにあるか知っていますか?

恐らく特に疑問を抱かないまま、遊んでいると思います。しかし...

 

 

手持ち花火の先端にあるペラペラの紙は火を点ける為ではない!

 

 

(;゜Д゜)

 

 

ビックリですよね。えぇ、私もビックリしました...(笑)なんせ今までずーっと紙に火を点けてきたんだもの(笑)

 

じゃあ、あの紙はなんのためにあるのか?

あの紙は、花火の中の火薬に空気中の水分が触れて湿気たりしないよう、保護する役割なんだそうです。

なので、火を点ける時は紙を千切ってから火を点けるのが正しい方法なのです

しかも花火の入れ物の裏側にも正しい遊び方が書いているみたいです(笑)知りませんでした

 

こんな感じで普段何気なく使っている物でも正しい使用法があったり、ちゃんとした理由があるので、それを調べたりするのも面白いですよ

 

あとこれは雑学というより豆知識なんですが...今あなたが使っているそのパソコンについているマウス。

そのマウスを動かす移動距離の事を『ミッキー』と言うのです

 

恐らく、今あなたの頭の中には某有名キャラクターが浮かんだと思いますが、それは一旦置いといて下さい(笑)

 

マウスを1/100動かすと「1ミッキー」になります。1ミッキーは0.25mmなのでマウスを1mm動かすと4ミッキーになります(笑)

「だからなんなんだ」という声も聞こえてきそうですが、こういった何気ない事を知るのが最近ハマっている事なのです(笑)

ちなみに...ミッキーマウスの声優をしていた人とミニーマウスの声優をやっていた人は後々、結婚しているという素敵なエピソードもあります(笑)

 

 

とまぁ、雑学に関してお話ししましたが、やっぱりホームページの事をちょこっとだけお話しします(笑)

 

という事で、今日は『ホームページを作る時にある程度準備しておいた方がいい』と思うものをご紹介します!(あくまで、できれば準備しておいた方がいい程度)

 

準備しておいた方が、制作がスムーズに進み、それだけ時間もコストも削減されます

じゃあ、なにを準備しておけばいいのか?

 

準備しておいた方がいいもの

  • パソコン←当たり前だ(笑)
  • ホームページの運営方針
  • ページ構成
  • サイトイメージ(テーマカラーやコンテンツレイアウトなど)
  • 画像や写真

この5つです

まず、なんの為にホームページを制作したいのか?

広告?求人?集客?目的は人によって様々ですが、目的を決める事によってページ構成も作りやすくなります。

 

次にページの構成

ブログを入れたいのか、お知らせを周知したいのか、あまりページ数が少なすぎるのもダメだし、複雑すぎるのもユーザーからすると見づらいホームページになってしまいます。ある程度、目的に沿ったページ構成にする事でユーザーが訪れた際にサイト内全体を見てもらえる可能性が高くなるので、なにもかも入れ込むのは要注意です。

 

サイトイメージに関しては具体的にではなく、ぼんやりとしたイメージでいいです。レイアウトなどは気が変わる事もあると思うので、せめてイメージカラーなどは決めておいた方がいいでしょう。

 

最後に、画像や写真があると制作する人もサイトイメージが湧きやすく、逆に画像がなく、一から作るとなるとそれだけ時間もコストもかかってしまいますので「この写真はTOPページに使いたい」とかでもいいので、ある程度用意しておいた方がいいと思います。

 

サイトイメージとかレイアウトなどはできるなら準備しておいた方がいいですが、どうしてもイメージが湧かないという方もいると思います。

その時は、制作者と相談しながら「この写真を使ってほしい」や、「ブログは日々更新したい」など要望を伝えればそれに沿ったアドバイスもしてくれますので、気軽に相談してみてはいかがでしょうか?

 

 

今回、詳しい事は特に書いていませんが、また機会があればホームページがどういう流れで制作されているかお話しできればなと思っているので 日々チェックしてて下さい

2015.09.10.ホームページを更新していくコツ

今回ブログを担当させていただきますのはGroop3号となります、よろしくお願いします。

今回のテーマは「ホームページ制作についての続けていくコツと個人情報について」です。


ホームページを更新していくコツ

「さあ自社サイトを作って、これから毎日ブログや店舗情報等を更新して、新しいお客様や契約に繋げていくぞ!」と思っても、なかなか上手くいきませんよね。

まず、大体普段から文章等で情報を発信するという機会が無いですから、いきなりやろうとしても何を書いて良いのやら、となってしまいます。

まだ、始まって間もないこのブログ、まさに、今、私がそのように感じている訳ですが……

肩の力を抜いて、当たり障りの無い日常的な事から書いていけば良いのかもしれません。


例えば、最近私は引っ越しをしまして、新居のお風呂場のシャワーの出が若干悪いという問題がありまして、別に暑い日は気にならなかったのですが、最近は早朝だと少し肌寒い日があったりして、これはもしかして冬はヤバイんじゃないか、なんて事を思ったりしています。


いやまあ、誰がそんな事を知りたいのか?という疑問を持ってはイケマセン

まずは、文章を書くことを習慣化する事が大事なのです。

毎日何かしら情報を発信していれば、誰かが読んでくれています、少なくとも検索サイトは頻繁に更新しているサイトを上位の検索結果に持ってくる傾向がありますので、最初は誰も見ていなくても、いずれ多くの人の目にとまるはず、と信じてやってみましょう。まさに私共もそのような心境でこのブログを更新しておりますので、一緒にやってみませんか?


また、文章に拘らずとも、写真やイラストを使うのも良いと思います、毎日朝の出勤途中の風景を写真でパシャリ、それをアップし続けていくなんてどうでしょう?もちろん自社サイトの情報やイベント等の告知の更新をしながら、そのような日常の風景をアップしていくと、ご近所の顧客に対する親近感にも繋がるかもしれません

なんでしょう、結局何をしても無駄な事は無いのかもしれません、何もしないよりはマシという事でしょうか。


さて、そんな日常の様子を発信していく時に気をつけていただきたいのが、個人情報やプライバシーの問題です。

自分一人だけの日常の様子なら問題無いのですが、例えば誰かと一緒に遊びに行った際の様子を書いたとして、顔が分かる写真を無断で載せてしまったり、実名で書いてしまうと、法律的にも肖像権の侵害ですし、モラルとしてもプライバシーの侵害ですので、それを嫌がる人が出てきます。

なので、そういう記事や写真を載せたい場合は、事前に承諾を得るか、画像を加工して顔や名前や場所が分からないようにする必要があります

といっても、うっかり掲載してしまった、という事もあると思います。そういう場合に、「無料ブログ」などの無料サービスを使っていると、最悪の場合ブログ自体を削除されてしまう可能性もあります

趣味のサイトならそれでも良いのですが、ビジネスで使っているサイトならそれまで培ってきたお客様との繋がりまで、一瞬で切れてしまいますので気をつけて下さい。

もはや言うまでもない事ですが、ホームページ簡単作成システム「Groop」をご利用いただければ、そのような問答無用で削除するような事はございませんので、ご安心下さい。ご興味のある方は是非お問い合わせ下さいませ

それではまた次回に、失礼致します。

2015.09.09.お願い!ホームページを作ってよ!

おはようございます。
本日ブログ記事を担当する山田です(*⌒∇⌒*)

小さなショップ様や個人経営者含め、ホームページを持ってない企業様、時々おられますね…(・・;)
とーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっても、残念な気持ちになります。

私はこう見えても(?)、恥ずかしがり屋の小心身もの。
先にホームページで調べてから、問い合せをしたり実際にお店を訪れたい人なのです。

知りもしないで問い合わせたり、うかがって残念な思いもしたくないしね。

なのに

 

 

なんと!ホームページがない!?

下調べしようとしたら、ホームページがない。
運よくあっても、欲しい情報がない…(・・;)

すごーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっく、残念な気持ちになります。
そして、あきらめてしまいます。

ショップ様や企業様からしたら、見込み客を逃した瞬間とも言えますね(Д ̄;;

今この記事をご覧のあなた様は大丈夫ですか?

  • 見込み客に情報届けられていますか?
  • 見込み客に残念な思いをさせていませんか?
  • せっかくの見込み客を逃していませんか?

ショップ様や企業様のためだけでなく、そのサービスを求める顧客予備軍に適切な情報をくださいませ!!!!
お願いします!!!

きちんと情報が掲載された、最新の情報も掲載されたホームページを準備しててください!
たのんますっ!

そんな気分にさせられます(・・;)

 

 

嬉しいんです!欲しいサービスがあると!

 

今あるお店や企業を見つけて、下調べしようとして、ネットで検索!

  • そこには、欲しい情報が書かれている。
  • 欲しいサービスが書かれている。

ハッキリ言って

嬉しいです(*⌒∇⌒*)

欲しいものが見つかったら嬉しいじゃないですかぁ〜〜
探してたものが見つかったら嬉しいじゃないですかぁ〜〜

テンションあがって、今すぐ問い合わせよう!今すぐ行ってみよう!
そんな気分になっちゃうじゃないですかっ!!

ここで、見込み客が今すぐ客に変身したってわけですよ!!!

そこで、ホームページやブログにそのショップ様や企業様の人となりがうかがえる要素があれば、尚更興味をもっちゃうわけです(*⌒∇⌒*)♪

 

 

どこから作るの?ホームページ

 

この記事見て、なんとなく漠然とでも「ホームページって必要なのかぁ〜〜」って感じた人もおられるかも?
「ホームページあるけでど放置してるなぁ」と感じた方もおられるかも?

だけど、

  • 何を作って良いかわからない
  • どんな情報を求められているかわからない
  • 何から始めたら良いのかわからない
  • どうやって作ったら良いのかわからない
  • 更新する自信がない
  • 書くことないんだよなぁ〜〜となってしまうんだよなぁ

そんな風な考えや、不安要素がどんどん頭に浮かんで来るかもしれませんね。

まずは、ブログでも良いので書いてみてください。

表に出してみてください。

すると見えてくるものがあります。

やらないと、わからないままです!
やるから、わかるんです!
それがたとえ失敗と感じることでも!
そして、そこに課題も見えてきます。

課題が見えたら、その1つひとつに丁寧に対応していけばいーんです。

それを繰り返すことで、ショップ様や企業様の魅力がいつのまにか広がっていきます。
自分自身でもたくさんの気づきをえることができますから!!

 

 

まずは、ブログから始めてみましょ!

今現在、ホームページがない方も、ホームページはあるけど集客できてないんだという方も、まずはブログから始めてみましょう!
あなた様のサービスに関わることを、少しずつでも良いから出していきましょう。

始めないと、何もわかりません!
動かないと、何も変わりません!

トライアンドエラーで生まれてくるものを、その手にGETしてください!

  • あなた様のサービスを知りたい方がいます。
  • あなた様の情報を知りたい方がいます。
  • あなた様のサービスを探している方がいます。

どうかお願いですから、サービスや情報をちゃんと教えてください!
あなた様の人となりを伝えてください!

私のような恥ずかしがり屋の小心者にもチャンスを!?(<;;

 

 

  • 本当に、ホームページ見つけられると嬉しいんです。
  • 情報がわかると嬉しいんです。
  • サービス内容がわかると助かるんです。

 

  

よろしくお願いします(<;;

 

2015.09.08.ホームページとブログの違い

みなさんこんにちは!今日の記事を担当させていただきます川畑です☆

 

本日のテーマ『ホームページとブログの違い』!!

 

みなさんはホームページやブログという言葉を聞いて、どのようなイメージが湧きますか?

「ホームページは色々できて...」「ブログは日記のようなもの...」といった漠然としたイメージはつきやすいと思います。

 

そこで本日は、「ホームページとブログの違いについて」と、それぞれのメリット・デメリットをまとめていきたいと思います。

 

 

【ホームページとブログの違い】

まず、ホームページを作るには基本的なHTMLやCSSの知識が必要です。

現在では「初心者でも簡単に作れるソフト!」「無料で簡単にホームページ作成!」といった専門知識がなくとも誰でもホームページが制作できるようになってきていますが、それでも知識は最低限あればそれだけクオリティの高いホームページが作れます。

ホームページの利点は、なんといっても情報量の多さだと思います。

ユーザーが求める情報を、常に品質の高いものにしておく事で新規のユーザーを増やせますし、コンテンツごとに内容を分けて整理する事ができるので、ユーザーが求めている情報を探しやすくなっています。

ブログに関しては、日記のように画像を貼り付けたり、文字を装飾したりできますが情報量がホームページと比べると少ないので、ユーザーが求める情報を提供する事が多少難しいかもしれません。

しかし、固定客やリピーターのコンバージョン獲得にはブログを有効的に活用する事で、売上アップや集客率アップに繋がりやすくなります。

 

 

~ホームページのメリットとデメリット~

メリット

 

●自由度が高い(レイアウト変更も自由)

ホームページ上ではデザインからレイアウトまで自由に変更する事ができます。

イメージカラーや、見やすくて情報量が多いホームページにする事でユーザーからの問い合わせや、成約に繋がり売り上げを伸ばす事ができます。

 

●様々な情報を掲載できる

ユーザーが求める情報をページ毎・コンテンツ毎に分ける事で、どのようなサービスがあってどのように提供できるかなどを細かく掲載できるので、よりユーザーの興味を沸かせる事ができます。

 

●ユーザーからの信用性に繋がる

今やwebマーケティングは大企業はもちろん、中小企業や自営業の人までかかせない存在となっています。

ネット社会と言われているこの時代にホームページを持っていないというだけでユーザーからは「この会社は本当に信用しても大丈夫なのか?」という不安を持たれる事も少なくありません。

ホームページに会社情報や理念などを掲載する事によってユーザーに安心感を与え、また、情報やサービスをユーザーに発信する事でお客様離れを減らし、リピーターを増やすことができるので、ホームページを制作するという事は、利益アップ+信用性を得る事ができるのです。

 

デメリット

 

●制作費用がかかる

ホームページを制作するにあたって、かかる費用は制作会社によって異なりますが、主に(ディレクション費用、デザイン費用、コーディング費用、ドメイン費用、管理費用)となっています。

制作するホームページのページ数やコンテンツ量、その他のスマホ対応などオプションなどを付ければそれだけで費用は多くかかってしまいます。

制作の費用の相場としては20万~70万と幅が広く、最低でも数十万は必要となってくるので個人でホームページを持つことはなかなか厳しいです。

 

●更新が手間

自分で制作するソフトを使えば簡単だとは思いますが、そういったソフトはカスタマイズ性に欠けます。

制作会社に、更新やレイアウト変更を依頼すればそれだけでお金がかかってくる事もあります。

自分自身で制作すればお金はかけずに済みますが、それなりに専門知識が必要になってくるので簡単に更新というのは難しいかもしれません。

 

 

 

~ブログのメリットとデメリット~

メリット

 

●専門知識がなくても大丈夫

ブログは簡単に言えば、文字を打てる人であれば容易に更新する事ができます。新着情報やお知らせ、日常の出来事などSNSに書き込む感覚でできます。

現在ではアメーバブログやはてなブログといった、登録すれば簡単に自分のブログページを作る事ができます。

 

●費用がかからない

先程言ったように、メールアドレスさえあれば無料で作らせてもらえるサービスがあるので、費用がかかりません。

ただし、無料なだけあってカスタマイズや、できる事に色々と制限されている事が多いです。

 

●更新が簡単

ブログの大きなメリットとして、記事を更新するには時間もコストもかかりません。いつでもどこでも好きな時に更新ができるので、ちょっとした内容の記事やイベントのお知らせなど、自身の好きなタイミングで掲載できる事が魅力だと思います。

 

デメリット

 

●勝手に削除されてしまう事がある

ブログに投稿した記事の内容によっては、運営会社から不適切とみなされ勝手に削除されてしまう可能性があります。また投稿する内容が不快を与えるような記事であれば炎上(コメントでバッシング)する可能性もあるので、注意が必要です。

 

●情報量が少ない

ホームページはページやコンテンツ毎に情報を掲載できますが、ブログだと掲載できる情報量には限りがあります。

情報が時系列になりがちなので、ユーザーが求める情報をうまく伝える事が難しいと思います。

 

 

 

 

 

それぞれのメリットとデメリットをまとめてみましたが、参考になったでしょうか?

ホームページにブログ機能を付けたり、ブログ型のホームページを作るソフトもあったりするので、予算や活用方法などに合わせて、最適なweb制作ができればと思います!

 

 

ちなみに弊社のGroopもホームページを簡単に作る事ができますので、よければこちらもご覧ください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

無料簡単作成

http://searchweb-create.com/free-1week/

2015.09.07.無料アクセス解析ツール Google Analytics て何?

前回に引き続き、今回のブログ記事もGroop3号がお送りいたします。

前回の記事で 「無料ブログサービスはビジネスでは使わない方が良い」という内容の記事を書きましたが、今回は逆に、「この無料サービスは使った方が良い」 というものを紹介してみたいと思います。

■無料アクセス解析ツール Google Analytics

https://www.google.com/intl/ja_jp/analytics/

Google Analytics(グーグル アナリティクス)は、作成したホームページに何人がアクセスしているか等を詳細に解析して教えてくれる、無料で利用できるサービスです。

アクセス数以外にも、どのリンク先から来たのかとか、何という検索ワードに引っかかったのか、等、ホームページにアクセスしたユーザに関する様々な情報を見る事ができます。

さらにGoogle Analyticsの機能について書きたいのですが、長くなってしまうので詳細についてご興味のある方は下記のサイトの解説をご覧下さい。


・ まるで教科書!初心者のためのGoogleアナリティクスの使い方【絶対保存版】
http://junichi-manga.com/google-analytics-manual/

・ GoogleAnalytics(アナリティクス)の使い方を徹底解説。
http://analytics.gary01.com/


さて、そんな便利な無料アクセス解析ツールGoogle Analyticsですが、それを「無料ブログ」で利用しようとすると、使う事ができなかったり、ある程度の知識が無いと難しかったりします。

つまり前回の記事に書いた、「無料ブログをビジネスで使うべきでは無い」の理由の一つに、「Google Analyticsが利用できなかったり、設置が難しいから、無料ブログは使うべきでは無い」というのがあるのです。

Google Analyticsの簡単な紹介と共に、今回の記事で付け加えさせていただきますね。


前回の記事から引き続きお読みいただいている方には、もうお気づきかとは思いますが、今ご覧になっている当サイト、ホームページ簡単作成シ ステム「Groop」でもGoogle Analyticsを利用しております。

それによって、アクセス数や検索結果の推移を見て、有効な集客SEO対策(検索結果)その効果等を、今後このブログ内でもご報告させてい ただこうかと考えております。


そんな当サイトが運営している、ホームページ簡単作成システム「Groop」では、Google Analyticsのアカウント作成から、設置までサポートさせていただきます

なので、無料ブログのようにGoogle Analyticsが利用できなかったり、設置が難しいという事は一切ございません。

ご興味のある方は是非、こちらの料金プランをご覧下さいませ。


http://searchweb-create.com/plan/

ではまた次回もよろしくお願いします。

2015.09.04.無料ブログをビジネスに使うべきでは無いいくつかの理由

日替わり交代で記事を書いていくという趣旨のこの「HP運営ブログ」本日担当となりますのは、私Groop3号となります、よろしくお願いします。

では早速、本日のテーマは「無料ブログサービス」について書いてみたいと思います。

■無料ブログはビジネスに使うべきでは無い

ネット上には無料でブログを運営できるサービスというものがたくさんあります。有名なところではアメーバブログやFC2ブログにはてなブログ、ほかにもFacebookやTwitterも無料ブログの範疇に入るかと思われます。

それらは無料であるが故に、様々な制限やデメリットがあります。

何気なく「無料だから」という理由だけでビジネスブログを始めてしまうと、後になって「しまった」となっても、その時にはもう遅いのです。

では、何故無料ブログをビジネスに使うべきでは無いのか、その理由は以下になります。

  • ビジネスに使う事で規約違反となり、ブログを削除される危険性がある
  • いつか突然、ブログサービス自体が終了するかもしれない
  • 勝手に他の店に関する広告がつけられてしまう
  • 会社概要ページやお問い合わせフォーム等のビジネスの窓口となる別ページを作る事ができない
  • SEO(検索結果)が安定しない
  • 独自のホームページアドレスを取得できない
  • 無料故に受けられるサービスやサポートが無い

といった具合に、明らかに無料ブログをビジネスで使うのは止めておいた方が良いですよね。

かと言って、有料で業者に1から頼むのは高すぎるし、更新作業は自分で行いたいけど、ホームページ制作の知識は無い。そういったお悩みをお 持ちの方に是非お勧めしたいのが、当社で提供させていただいております、ホームページ簡単作成システム「Groop」なのです。

ホームページ簡単作成システム「Groop」を使うと、先ほど書いた無料ブログがビジネスに向かない理由を全てクリアする事ができます。

無料ブログのように、ビジネスブログを作っても突然削除される事も無いですし、突然サービスが終了する事もなく、勝手に広告がつくこともも ちろん無いです。

また、容量の許す限り何ページでも作れますし、更新すればするほど検索結果は上位になるでしょう。ご希望されるサイトのURLを取得できま すし(※ご希望される名前によっては取得できない場合があります)、サービスサポートの対応も充実しております。

ご興味のある方はこちらの料金ブランをご覧下さいませ。


http://searchweb-create.com/plan/



さて、ちなみに今ご覧になられている当ホームページも「Groop」のシステムを使って作られております。もちろん、このブログも 「Groop」のシステムが持っている機能の一つです。

当ブログはまだ始まって間もないですが、これからこのブログがどのように成長していくのか、果たして本当にブログで集客ができるのか? 等、その辺りも是非ご注目して見ていただけたらなと思います。

ではでは次回もよろしくお願いします。

2015.09.03.ホームページにおける画像や写真の形式

はじめまして本日のブログ記事担当の川畑です

今日のテーマは「ホームページにおける画像や写真の形式」です

みなさんは、ホームページに画像や写真を載せた時に

「せっかく綺麗に撮ったのに画質が悪くなった...「画像の読み込み速度が遅い

と思った事はありませんか?

今回はその悩みをちょっとでも軽くできるよう、それぞれの特徴をまとめていきますので参考にしてみて下さい

 

【 基本となる形式 】

ホームページで使用する形式は、基本的にJPEG・PNG・GIFの3種類です。

では、この3種類にはどのような特徴があるのか...?まずはJEPGから見ていきましょう

 

【 JEPGとは? 】

JEPGとは「Joint Photographic Experts Group(ジョイント・フォトグラフィック・エキスパーツ・グループ)」の頭文字をとった略語で、通称「ジェイペグ」と呼ばれています。

 

拡張子名:JEPG,JPG,jpeg,jpg

用途:写真のような自然色が多い時

特徴:24ビット(1670万色)フルカラー対応ができ、写真のような高画質を必要とする場合に適しています。

メリット:高画質で保存でき、なおかつファイルサイズが抑える事ができるので、表示速度が早くなります。

デメリット:保存する際に、データの一部を切り捨て圧縮しているので保存を繰り返すと画質が悪くなってしまいます。また、元に戻す事ができないので保存の時には注意が必要です。

 

 

【 PNGとは? 】

PNGとは「Portable Network Graphics(ポータブル・ネットワーク・グラフィックス)」の頭文字をとった略語で、通称「ピング/ピン」と呼ばれています。

GIFよりも扱える色数が多くなっていて、今一番web上で使用されているのがこのPNGです。

 

拡張子名:PNG,png

用途:イラストや写真などを保存する時

特徴:標準化団体W3Cが推奨している形式で、フルカラーを劣化させずに保存する事が可能です。

メリット:JPEGと同様、フルカラー対応でなおかつ、PNGはデータを捨てずに保存されるので、データを復元する事ができます。また、透過色を加える事ができるので、背景などを表示させたい時などは便利です。

デメリット:多くの場合、データを切り捨てず保存するPNGは画像によってはJPEGよりもファイルサイズが大きくなる場合があります。

 

【 GIFとは? 】

GIFとは「Graphics Interchange Format(グラフィックス・インターチェンジ・フォーマット)」の頭文字をとった略語で、通称「ジフ/ギフ」と呼ばれています。

ひと昔前では、GIFが主流だったのですが、使用するにはライセンス料が必要になった時にPNGが開発されたため、使用頻度は昔に比べるとかなり減ってきています。

 

拡張子名:GIF,gif

用途:色数(256色以下)が少ない簡単なイラストやアイコンなどに適しています。

特徴:色数が少なければ少ないほど容量をできる限り減らして、表示させる事ができます。

メリット:一番のメリットはやはりファイルサイズが小さい事です。また、同じGIFアニメーションといった動く画像を作る事ができます。

デメリット:扱える色数が256色と少ないため、写真や色数が多い画像に対しては綺麗に表示できません。

 

【 結局どのファイル形式がいいの? 】

とりあえず3種類の特徴や大きなメリットとデメリットがわかったところで「じゃあどれが一番いいの?」という問題になると思います。

 

その答えは...一番いいというものはナイ!!(笑)

 

というのも、それぞれ特徴があるという事は使用する画像や写真によって、適した形式があるからなんです。

高画質で、ファイルサイズが小さくて、画質が劣化しない...なんて形式があれば悩む必要はないと思います...。

しかし、個人的な意見ではありますが標準化団体W3Cが推奨しているPNGが一番無難ではないかと思います。

 

 

 

今回は画像や写真の形式について簡単にまとめただけの記事になりましたが、みなさんのお悩みがちょっとでも解消できれば光栄です

 

これから勉強していき、「こんな方法が最適」「こうすれば制作が楽になる」というのがあれば、また記事にしていこうと思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします

2015.09.01.『読み進められる記事の書き方』3つのポイント

本日よりGroop運営スタッフにてブログを開設しました!

内容は集客できるホームページの話や、引き付けるコピーライティングの話を中心に、

時々日常的な話もあり(?)

で進めてまいります~~♪

よろしくお願いいたします!

本日ブログ記事の執筆を担当するのは山田です。

ブログ記事を担当するものは私以外に2人います。

それぞれに味のある記事を書いていくことでしょう~~(^^)

私は

  • わかりやすく
  • 親しみやすく
  • ホームページ運営初心者に優しく

をモットーに記事を書いていきますね!!

第1回目の記事の内容は、

「読み進められる記事の書き方のポイント」です。

読み進めない記事とは?あなたの記事は読まれてる?

 
  • ダラダラと文章が長い
  • 文字だらけ
  • 改行がない
  • 行間が狭い
  • 字間が狭い
  • 行間が広すぎる
  • 字間が広すぎる
  • 1つの話題の終りが見えてこない
  • 文章に抑揚がない
  • 変なところで改行されている
  • 文字が小さい
  • 文字が大きすぎる
  • 文章が硬い
  • 専門用語が多すぎて理解しづらい
  • 文章にブレイクタイムがない

などがあげられますね。

皆さんの文章は大丈夫ですか?

これって、ホームページの記事だけに言えることではなく、

メールもそうですし、書面にしても同じことですね。

読み進めたくなる記事のポイント

ここでは、ポイントを3つに絞り込んでみました(^^)

前術した読み進めたくない記事も意識しつつ、以下の3つのポイントを取り入れてみてください。

いきなりたくさんのポイントを書いても、実行できなかったら意味ないですからね。

読み進めたくなる記事のポイントは・・・

 

(1)1節を短くする

(2)画像を入れる

(3)タイトルを差し込む

これだけで随分変わります。

 

(1)1節を短くする

人が読みやすいと感じる文章の文字数は30~50文字程度と言われています。

読みやすい書籍とかを思い浮かべても、読みやすいと感じている書籍の多くが

1節は30~50文字程度になっていると思います。

商品やサービスに思いがあればあること、伝えたいことがあふれ出し、

文章が長くなってくる気持ちはわかります・・・

が、せっかくの“想い”読んで欲しいじゃないですかっ!!!

あ、でもいきなり短い文章を書こうとしたら難しいかもしれません。

だから“想い”はそのまま、いったん文章の書きだしても良いですよっ!
書いてから、
 

  • 何を伝えたいのか?
  • 要点はどこか?
  • 外せないものは?
  • 外しても意味が通るものは?

という目線で文章を読み直し、リライトして短くしてみてください。

 

(2)画像を入れる

この画像は入れる意味合いは下記のようになります。

  • 1目で文章で伝えたい“印象”を伝えることができる
  • ブレイクタイムとなる ※目を休める
  • なんだろう?と思わせ中身を読みたくなる
  • 頭を切り替えることによって、集中力が高まる
    ※右脳と左脳の使い分けですね~~
  • 画像は以下のようなものを掲載してみましょう。
  • あなたが撮影した写真で、文章で伝えたい“印象”が伝わるものを掲載
  • フリーの画像配布サイトの写真を掲載
  • タイトル画像になるように、加工した画像を掲載
  • 書いてある文章に直接関係ないように感じる写真であっても、

少しのニュアンスが要素として入っている写真であれば良いですよ。

興味を持ってもらうことが重要です!

例えば…

「読みたくない」を表現しようとした際は、下記のような写真でもOKということです(^^)

 

  • 疲れてそうな人の写真
  • ボー然としている人の写真
  • 寝ている人の写真
  • 本の写真
  • パソコン画面の写真
  • 目を押さえてる人の写真
  • 後ろを向いている人の写真
  • 遊んでいる人の写真
  • ご飯を食べている人の写真

今回の記事ではそのようなことを念頭に画像を選んでおります(^^)

 

(3)タイトルを差し込む

タイトルを差し込む効果としては下記のようなものがあげられます。

 

  • タイトルだけで、その記事が読みたい記事が判断できる
  • タイトルで記事の内容に興味を持たせ引き込むことができる
  • 1つの話の終りの目安が確認できる
  • ブレイクタイムとなる ※目を休める

などなどが考えられますね。

また引き付けるタイトルの書き方もありますが、

今後の記事で取り上げていきますね(^^)

無料で今すぐ作ってみる

ブログ内検索

フィード

分からないこと、聞きたいことご相談頂ければわかりやすく・丁寧にお答えいたします。

PAGE TOP