HP運営ブログ

2015年11月のブログアーカイブ

2015.11.30.エクセルの置換で「*」を使えばだいたいのものは置換できる

本日のブログ担当は私Groop3号になります、よろしくお願いします。

今回は前回でもやったエクセルの「置換」について書いてみたいと思います。

エクセルの置換で「*」を使えばだいたいのものは置換できる

置換と言えば、最近こんな↓ネタがネットで話題になりましたね、

【要望】Excelの『置換』機能の名称に関して

Excelの「ちかん」機能は不適切?

さておき、エクセルの置換機能は超便利なのでよく使うかと思うのですが、もっと便利に使う方法をお教えしたいと思います。

まず、置換ウィンドウの呼び出しは、メニューのホームから検索と選択の中に「置換」という項目がありますので、それをクリックすると出てきます。

ショートカットキーは Ctrl + H です。

 

置換機能の詳細はここでは割愛させていただいて。

置換機能を使っていると、便利だけど時に不便だなと思う事があると思います。

例えば↓のような場合、

行頭の「データ○」という部分だけ残して後は消したいという場合、後半の「@データ○」の部分を消せれば良いのですが、○にはそれぞれの数字が入りますし、データという文字を全部消しちゃうと必要な部分も消えてしまいます。

そこで、「*」アスタリスクを使います。これは正規表現というルールに基づいた記述方法の一つです。※詳しく知りたい方は「正規表現」で検索してみて下さい。

今回の記事では * ←これについてのみ解説します。

 

* は、これ一つで、「全ての文字が何文字でも最後まで連なっている」という意味があります。

例えば置換で * のみで検索すると、全ての文字が対象になります。

そこで、* ←これを普通の文字と組み合わせることで、この文字より後ろを全削除とか、この文字より前を全削除という事ができるようになり ます。

今回の場合ですと、

 @* と書く事で、「@含めて、それ以降全て」という意味になります。

 *@ こう書くと「@含めて、それ以前全て」となります。

当然置換はセルごとに行われるので、あくまでもセルの中だけで@以降の文字が削除される、という訳です。

 

この方法を使えば、細かく置換を繰り返したりコピーペーストを繰り返す手間が省けるようになると思います。マクロとかVBAやらを使わなくても大丈夫という訳です。

それでは今回はこのへんで、ではまた次回。

にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
にほんブログ村

開発・運営 ブログランキングへ

2015.11.27.やっぱり必要だった!アクセス解析をする理由

連載ブログ記事|アクセス解析で営業できるホームページを育てる!『3分でわかるGoogleアナリティクス』

Web運営初心者のためのブログ連載記事|アクセス解析で営業できるホームページを育てる!

『3分でわかるGoogleアナリティクス』第1回

アクセス解析は本当に必要なのか?

  • 売上げが伸び続けてる
  • 集客は充分できている
  • リピーターが定着している
  • 新規顧客も続々来訪している
  • お客様のニーズを把握しきっている
  • お客様満足度80%を超えている
  • お客様の裏のニーズも掴んでる
  • ページ遷移も十分なだけなされている
  • 自社のウリがお客様に伝わっている
  • 自社の強みを社員一同充分に理解している

上記が全て揃っているなら、アクセス解析は必要ないでしょう。

 

アクセス解析とは何か?

ではアクセス解析とは何なのでしょう?

何のために利用している人がいるのでしょう?

 

まず、アクセス解析は下記のような施策ではありません。

  • 検索エンジン最適化(SEO対策)
  • リスティング広告
  • メールマガジン
  • コンテンツ作成
  • A/Bテスト

 

アクセス解析で

  • 検索エンジン最適化(SEO対策)施策の支援、評価、改善に役立ちます
  • リスティング広告の支援、評価、改善に役立ちます
  • メールマガジンの支援、評価、改善に役立ちます
  • コンテンツマーケティングの支援、評価、改善に役立ちます
  • A/Bテストの支援、評価、改善に役立ちます

 

アクセス解析を行うことで、ユーザーの動きを見ることができます。

そこから、

  • お客様のニーズが浮かび上がる
  • お客様の満足度が浮かび上がる
  • サイトやサービスの穴が浮かび上がる
  • 改善点が浮かび上がる
  • 継続点が浮かび上がる
  • 見えてなかった新しいサービス展開が見えてくる!

 

アクセス解析のツールにはどんなものがある? 

アクセス解析は有料のものから無料のものまで、いろいろなアクセス解析ツールがあります。

その中でGoogleアナリティクスは今や60%の国内上場企業が取り入れられているようです。
上場企業のGOOGLEANALYTICS使用率は?

 

Googleアナリティクスは、無料で提供されている優良なサービスだと信頼されれいてる方が多いということになるのではないでしょうか?

 

どのアクセう解析サービスを利用しても良いのですが、アクセス解析がなくとも、サイトの運営、構築は可能です。

 

アクセス解析すると即結果につながるの?

アクセス解析による、評価、改善には即効性はありません。

 

しかし、
勘や努力だけに頼らないので、効率的に評価、改善をが行なうことができます!

 

アクセス解析を取り入れ、

原因を見極めていくことで結果につながります。

原因を見極め今の行動、施策を変えることで想定以上の結果を手に入れることが可能になります!

 

さて、あなたはアクセス解析の導入を試みますか?

 

このブログでは

アクセス解析ツールであるGoogleアナリティクスの使い方がわからない、分析や読み取り方がわからないと言う方のために、1記事3分で読める3分でわかるGoogleアナリティクス』の連載を始めていきますね(*^^*)

また楽しくワクワクとホームページの作成、運営、管理、更新に取り組めるような記事を、これからも書いていきます!

 

今日の記事も最後まで読んでいただきありがとうございます!

この記事が役に立ったという方は下記の2つのボタンをクリックしていってくださいね!

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへ
にほんブログ村

http://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_1059_1.gif
アクセス解析 ブログランキングへ

 

2015.11.26.エクセルで複数列を一つの列にまとめる方法

本日のブログ記事担当は私Groop3号になります。

今回は前回の記事「メモ帳以外のテキストエディターを標準にする方法」でご紹介したTeraPadとエクセルの使い方についての記事です。

エクセルで複数列を一つの列にまとめる方法

まずはじめに、エクセルの列と行、どっちが縦でどっちが横だったか忘れがちですよね。

答えは行が横で、列が縦、ですね。

「行」という漢字の形が横に平行に二本、右上にあるので、「行」が横と覚えると良いらしいですよ。

参考サイト:エクセルの「行」と「列」どっちが縦でどっちが横か判別する方法

では、エクセルで、複数列のデータを一つの列にまとめたい場合、そういう時どうすれば良いか、という方法を解説したいと思います。

どういう状況かと言うと、

↑こういう状況で、Aの列にBの列のデータを足したい、という状況ですね。

上記画像のようにデータの数が少なければ、単純にコピーして付け足せば良いのですが、これが数十列の中から特定の数列を選ぶ、なんて場合はひたすらコピーペーストして、その都度上下スクロールを繰り返す、という事をしなければいけません。

なので、テキストエディターを使って、いったんそちらにコピーしたのち一列にして、エクセルに戻すという方法が一番簡単なのかな、と思います。

 

まず全体を選択して、コピーして、前回ダウンロードしたTeraPadに貼り付けます。

※正規表現による置換機能を使えるテキストエディターであればTeraPadでなくても可能です。

キーボードの「Ctrl + R」(これは、昨日の記事で山田さんが書いているショートカットという機能の内の一つですね)を押しますと、置換のウィンドウが出てきます。

 

 

検索する文字列の項には、データ1からデータ4までの間にある「空白」をいれます。

置換後の文字列の項には、「\n」と書きます。\nとは改行を意味しています。

こう書く事で指定した空白が全て改行に置換されます。

あとはすべて置換を押すと、設定したルールに従ってすべての置換が実行され、一列にまとめられたテキストが出来上がります。

最後に、それをコピーして、エクセルに貼り付ければ、改行ごとに一つのセルになるので、目的の一つの列にまとめる事ができます。

※ただし、順番は行が優先になるので、上記画像の場合だと、データ1、4、2、5、3、6という並びになりますので、列の後ろに追加する場合はまた別の方法が必要になってくるかと思います。

 

このあたりで、今回は終了です。

それではまた次回よろしくお願いします。

にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
にほんブログ村

開発・運営 ブログランキングへ

2015.11.25.爆速!仕事の効率を上げるショートカット4選

ホームページ作成やホームページの運営に日々力を注がれている皆様さまへ。

こんにちは。山田です(*⌒∇⌒*)

 

今日はホームページ作成や運営の場面でのお役立ちショートカットを厳選してお届けします。
※Windowsユーザー様を対象としています

 

覚えられない!ショートカット

Windowsにはショートカットが複数あります。

もうそれは覚えられないほどに(^^;)

 

覚えられないから、ショートカットを使うことを断念してしまう方も中にはおられるのですが、ショートカットを使いこなせると仕事のスピードアップが図れます!!

スピードアップが図れると他の仕事もスムーズに進んだり、ストレスが減って心にゆとりが出るなんて特典も

そんな風に考えたら絶対にショートカットは使って欲しいです(^^)

 

身体にしみこませるショートカット

そこで、今回は基本中の基本をお伝えします。

たった4つを覚えるだけで、効率アップ間違い無しですよ!

 

ショートカットは頭で覚えるというよりも、使いこむ内に体で記憶できます。

身体にしみこんだら、また新たに他のショートカットを覚えてみても良いのです。

「一気に覚えて、効率アップを!」と意気込むより、少しずつ体にしみこませていった方が、ストレスもないですし、小さな変化がみられるのでやる気も出てくるので確実に『自分のもの』になります!

 

爆速ショートカット4選

保存のショートカット「ctrl+s」

これは「保存」のショートカットです。

WordExcelやテキストエディターで文字を打っていても、保存は欠かせません。

保存を忘れると、せっかく打ち込んだ物の姿形はなくなり、また最初からやり直しに
なんてことになりかねませんからね。

そんなの嫌じゃないですか(−−;)

なので、この「保存」のショートカットは使い込んでくださいね。

文字を打つたびに自動的に ctrl S を打っているって感じで(*⌒∇⌒*)

 

コピーのショートカット「ctrl+c」

これは「コピー」のショートカットです。

初心者の方は右クリックで「コピー」を選択してコピーをする方もおられますが、断然ctrlcを使ってコピーする方が早いです!

 

保存のショートカット「ctrl+v」

これは「ペースト(貼り付け)」のショートカットです。

初心者の方は右クリックで「貼り付け」を選択しておられる方も多いかもしれませんね。

これは、先ほどお伝えした「コピー」の後にこちらを使うことが多いですね。

 

保存のショートカット「ctrl+a」

これは「全選択」です。

例えばフォルダ内の全ての画像を選択したい!という時にはこのように使います。

 

フォルダ内のすべてのファイルを選択

 

また、テキストエディターで文字を書いていて、全ての文字を選択したいという時もこのように使います。

 

全てのテキストを選択

ファイルであっても、テキストであっても移動させたいときや、アップロードしたいときなどに使えますよ!

 

まとめ

今回4つのショートカットをご紹介しましたが、基本中の基本のショートカットです。

これだけをまずは普段から使ってみてください。

使いこなせていくと、ホームページの作成や運営の場面でも必ず役立ちますから!

楽しいホームページの作成や運営をこれからもサポートしてまいります(*⌒∇⌒*)

 

今日の記事も最後まで読んでいただきありがとうございます!

なかなかためになったという方は下の2つのボタンをクリックしてこのブログを応援してくださいね!

 

にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へにほんブログ村

http://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_1072_1.gifウェブデザイン ブログランキングへ

 

 

2015.11.24.メモ帳以外のテキストエディターを標準にする方法

本日のブログ担当は私Groop3号になります、よろしくお願いします。

今回はメモ帳の話です。

メモ帳以外のテキストエディターを標準にする方法

Windowsに最初から付いてくるソフトとして「メモ帳」というものがありますが、あまり使い勝手が良くありません。

個人の好みもあるかと思いますが、パソコンやネットに詳しい人のほとんどが、メモ帳以外のソフトを使っている事だと思います。

一般的にメモ帳みたいなソフトの事をテキストエディターというのですが、私のオススメのテキストエディターは「TeraPad」というソフトで、以下からダウンロードできます。無料で使えますので安心です。

TeraPad  窓の杜

 

Windowsには関連付けという機能があります。何かファイルをダブルクリックすると、特定のアプリケーションが関連付けられていて、自動的にそのソフトで開くようになっている、という機能ですね。

例えば、メモ帳で作って保存したファイルは「.txt」という名前が接尾辞に追加されているので、「.txt」に関連付けられているソフ トが起動するという仕組みになっています。

ではその関連付けを変更したい場合はどうすればいいでしょうか、例えば「.txt」ファイルをダブルクリックする時に、メモ帳じゃなくてTeraPadで常に開くようにしたい、という場合ですね。

その場合は、以下の順番で辿っていただいて、変更して下さい。

スタートメニュー

コントロールパネル

既定のプログラム

ファイルの種類またはプロトコルのプログラムへの関連付け

以下の画像を参考に、

リストの中から、「.txt」を探してください、アルファベット順になってます。

選択して、プログラムの変更から、

TeraPadをインストールしたフォルダを指定して、terapad.exeを指定して下さい。

普通は、ProgramFileフォルダの中のTeraPadフォルダに入っているかと思います。

これで終了です。

 

TeraPadの便利な使い方等は次回にさせていただきたいと思います。

それではまた。

にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
にほんブログ村

開発・運営 ブログランキングへ

2015.11.20.快適運営!サーバーの容量ってどのくらい準備すれば良いの?

おはようございます!山田です(*⌒∇⌒*)

街はどんどんクリスマス色になってきていますねワクワクです

さて、ホームページを公開するにはサーバーが必要ですね。

サーバー容量ってどのくらいのものを準備しておくと良いのでしょう?

今日はいろんなサーバー会社を見て回ったけど、容量とかどのくらいのものを選べば良いのかわからない!
そんなあなたに、おおよそのサーバー容量を見積もる方法を伝授いたします!

 

どんなホームページを作るの?

  • 静的なホームページ
  • 動的なホームページ
  • 画像の多いホームページ
  • 画像の少ないホームページ
  • 見た目重視のホームページ
  • 見た目軽視のホームページ
  • 特殊な機能を利用するホームページ
  • 特殊な機能を利用しないホームページ

上記のように、ホームページにはいろいろなタイプがあると思います。
またこれらが複数重なるホームページもありますよね。

あなたが目指すホームページはどんなものになりますか?

まずそこを整理していきましょう!

 

目指すホームページと似たようなサイトを調べよう!

次に目指すホームページと似たようなサイトを調べていきます。

ホームページには目的によっていろいろなレイアウトや見せ方の物がありますよね。

例えば

などなど。

しかし、インターネットには多くのホームページがありすぎて、あなたの目指すサイトに近いものがなかなか見つからないということもあるでしょう。

そんな時はホームページのデザインをまとめてくれているサイトもあるので、そういったサイトを利用するのも良いでしょう。

などはいかがでしょう?

 

容量の見積もりを算出していきます

似たようなホームページは見つかりましたか?

見つけることができたら、いよいよ容量の見積もりに入っていきます。

そこで!

あると便利なのが「Firefoxというブラウザーです。

 

信頼できて、便利なブラウザーですよ(^^)

こちらからダウンロードしてインストールしてください。

 

インストールができたら、「Firefox」を起動します。

そして、先ほど見つけ出したホームページのURLにアクセスします。

 

ページの表示ができたら、上部にあるメニューより「ページの情報」を確認します。

 

ページの情報

 

すると下図のようにページの情報を確認することができます。

 

ページの情報

 

これで1ページの容量が解りましたね。

 

しかしですよ。

ページには画像も複数掲載してあります。

 

この画像もサーバーに乗るわけなので、画像容量も調べなければなりません。

先ほどの画面の上の方に「メディア」と書かれたアイコンがあるので、そちらをクリックしてください。

 

メディアから画像容量を調べる

 

すると下図のように、ページ内に掲載されいてる画像の一覧が表示されます。

 

メディアから画像容量を調べる

 

画像の数が少なければ、1つ1つクリックして、画面下に表示されているサイズをチェックし足し算することで、おおよその画像サイズが解ります。

が、画像が多すぎて足し算するにはと言う場合は、下部にある「すべて選択」ボタンをクリックしてください。

すると下図のように表示が変わります。
ここで下部にある「名前を付けて保存」をクリックして、あなたのパソコンの中にフォルダを作成し、そのフォルダの中にすべての画像を保存してください。

 

 メディアから画像容量を調べる

保存が終わったら、そのフォルダを右クリックし「プロパティ」を見ると下図のように、全部の画像サイズが表示されます。

 

全部の画像サイズを表示

 

これで、1ページのファイルサイズと、1ページに掲載されている画像のサイズがだいたいわかりましたね。

 

しかし、ホームページはこれだけでは成り立っていません。

 

動的操作を指示するプログラムや、装飾処理をするCSSというものや、動画などもあるかもしれません。

それらも容量には含める必要があります。

 

複雑なことをしようと思えば、この容量はいくらでも増えていきます。

がここでは、初心者の方がこの記事を読んでいるという想定ですので、10MBを追加で足しておく程度で良いでしょう。

後は、ページ構成分を掛けてください。

 

例えば

【1ページの容量が100KB

【画像の容量が650KB

【ページ数10ページ】

とした場合は

 

((100KB+650KB×10ページ)+その他システム分の10MB

 

という感じです。

 

おっと。ここで、「KB」とか「MB」とか混ざったので混乱しますよね。

これは単位なので、単位を揃えて計算しましょう。

10MB10000KBです。

ということは

 

((100+650×10ページ)+1000017500

 

と結果は17500KB」なります。

 

ここではKB(キロバイト)」で計算していますが、レンタルサーバーの容量の単位はほとんどがMB(メガバイト)」もしくはGB(ギガバイト)」などになっているので、これでは検討しづらいですよね。

 

そんな時はGooglekb mb 変換」として検索してください。

するとページのイチバン上に下図のような変換ボックスが表示されます。

 

単位変換

 

左側の下の単位の書かれたプルダウンメニューから、「キロバイト」を探して選択し、先ほどの計算結果である17500を入力します。

そして、右側の下のプルダウンメニューから「メガバイト」や「ギガバイト」を選択して下さい。

すると17500KB17.5MB(メガバイト)」であり、0.0175GB(ギガバイト)」ということになります。

 

これで大まかではありますが、だいたい必要なサーバ要領の見積もりができました!!

 

動画やプログラムが増えるとその分容量を食うので、出来る限りゆとりを持ったサーバ容量のあるレンタルサーバーさんと契約するのが良いでしょうね。

 

ただ、レンタルサーバーを選ぶのはサーバー容量だけでは決められず、早さなどいろいろな角度から検証する必要があるのは覚えておいてくださいね。

 

今回はサーバー容量の見積もりを出すに的を絞ってのご紹介でした(^^)

 

弊社『Groopをご利用いただいているお客様には5GBの容量を準備しています。

かなりゆとりある大きな容量ですので、まずは試してみてくださいね。

 

ホームページ作成システム「Groop」を無料で利用する

Groop7日間無料体験はこちら

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へにほんブログ村

http://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_1072_1.gifウェブデザイン ブログランキングへ

 

2015.11.19.オススメスクレイピング「kimono」と「import.io」

本日のブログ記事担当は私Groop3号となります、よろしくお願いします。

今回はちょっと技術的な話になります。

皆さんは「スクレイピング」という言葉をご存知でしょうか。

またまたWikipediaによりますと、”ウェブサイトから情報を抽出するコンピュータソフトウェア技術のこと”とあります。

もう少し具体的に説明するなら、ヤフーのヘッドラインニュースのタイトルを自動的に取得してCSV形式でダウンロードできる技術、という感じでしょうか。

スクレイピングが出来れば、例えばネット販売での在庫管理がものすごい楽になります。

卸業者のサイトに掲載されている在庫情報をCSV形式で自動的に取得して、自分のネット販売サイトにアップすれば、手動で在庫を調整する必要がなくなる、という訳ですね。

しかし、そんな事を簡単に出来る訳も無く、スクレイピングの主な方法はプログラミンでの自動取得になります。それは普通の人にはできない方法なので、それはまた別の話として。

今回はそのスクレイピングを割と簡単にできる方法をご紹介したいと思います。

オススメスクレイピングサービス「kimono」と「import.io」

紹介するのは「kimono」と「import.io」というwebサービスなんですが、どちらも無料で使う事ができます。ただしどちらも海外のサービスなので、英語でしか書かれていません。でも辞書で調べつつ触っているうちに、だいたいの使い方は理解できるかと思います。

 

kimono

kimonoはIEやChrome等のブラウザに組み込んで使うタイプのプラグインのようなサービスです。

具体的には取得したい情報が掲載されているサイトをブラウザで見ながら、ブックマークレット等でkimonoを呼び出して自動取得したい部分を設定していくという方法です。

使ってみた感想としては、操作はこちらの方が簡単のような気がします。ただし読み込めないサイトもあり、また取得するデータについても自由度は低いかと思います。

 

import.io

import.ioはwebサービスとしても使えますが、ダウンロードしてソフトウェアとしても使うことができるので、そうするのが良いかと思います。

こちらはソフト自体がブラウザのような機能を持っているので、ソフト上でブラウジングしながらデータを取得していくという操作になります。

データ取得の為の設定に少し時間がかかります、その分取得できるデータの自由度は高いかと思います、また機能も豊富で、その分複雑な操作になるかと思います。

また、こちらは会員登録が必要です、そうする事でネット上のアカウント内で取得した情報を管理できるようになっています。

 

とりあえず今回はこの辺で……、

私がよく使っているのはimport.ioなのですが、機会があれば詳細な使用方法等についても書いていこうかなと考えております。

書いてみました!

【スクレイピング】import.ioを使う際のちょっとした使い方のコツ

それではまた次回。

にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
にほんブログ村

開発・運営 ブログランキングへ

2015.11.18.簡単にホームページをサーバーにアップする

こんにちは!山田です(*⌒∇⌒*)

ホームページを初めて作りはじめた方は、サーバにアップする方法がわからなくて作業がとまってしまう方も多いようですね。

サーバにアップするのは慣れてしまえば簡単ですが、始めての場合は難しく感じることでしょう。

 

なぜサーバーにアップするの?

通常パソコンでホームページをHTMLCSSを書いて作成する場合、自分のパソコン上に各ファイルがあるだけなので、例えば友達に見てもらおうと思っても、見せることができません。

それは自分のパソコンの中身は基本的に、自分にしか見えないからです。
コンピューターネットワークにファイルを上げることで他の人にも見てもらえることができます。

他の人に見てもらうためにサーバ(コンピュータネットワーク上|world wide web)に上げる必要があるのです。

world wide webにファイルを上げよう!

 

どうやってファイルを上げるの?

まずコンピュータネットワークと繋がるサーバを持っていることが大前提となります。

そのためにロリポップやエックスサーバーなどといったところでサーバ契約を交わします。

 

ここでは既にサーバを持っているという前提でお話ししますね。

サーバー契約を済ませると、FTP情報というものがもらえます。
そのFTPでサーバに接続しファイルをアップするんです。

FTP情報は

  • ホストアドレス
  • ユーザーID
  • パスワード

となります。

この情報があるとサーバーにファイルをアップすることができます。

 

FTP情報ってどうやって使うの?

となると・・・このFTP情報をどのように使用するかということになると思います。

FTPでフィルをアップするにはFTPソフトというものが必要です。

無料でよく使われているのがFFFTPとういソフト。

有料になりますが人気があるのがNextFTPというソフトになります。

その他にもいろいろなFTPソフトが出回っているので、いろいろ試して使用するソフトを決めてくださいね。

 

ここでは無料で使える「FFFTP」でのファイルアップ方法を簡単に説明します。

まず、FFFTPを下記よりダウンロードします。

OSDNソフトウェアダウンロードマップ

ダウンロードすると拡張子が「.exe」ファイルがあると思いますのでこちらを開くとインストールが始まります。

特に注意する点はないので、「次へ」を何度か繰り返し押していくとインストールが完了します。

 

インストールが完了したら「FFFTP」を起動します。

すると下記のような画面が開きます。

 FFFTP画面

 

サーバーに接続するためにFTP情報を登録するのですが、上図のAである「ホスト一覧」より設定をします。

もしこの「ホスト一覧」が開いてないようでしたら、上部メニューの「接続」をクリックすると、サブメニューが開きその中にまた「接続」があるはずなので、そちらをクリックすると開きます。

 

このホスト一覧の右のボタンに「新規ホスト」と書かれたものがあるので、そちらをクリックします。

すると下記のような「ホストの設定」と書かれたウィンドウが開きます。

 ホストの設定

下図のようにFTP情報を各エリアに入力していきます。

ホストの設定内容

入力が終わったら、「OK」をクリックします。

すると「ホスト一覧」に戻るので、今設定したホストの設定名を選択し、下の「接続」というボタンをクリックします。

FTP情報の入力に間違いがなければ、接続ができます。

 

私の場合は右側をサーバーのファイル構成が見えるようにしていているので、右側にフォルダやファイルの一覧が見えるようになります。

FFFTPの内容

 

この右側にファイルをドラッグアンドドロップすることでファイルのアップロードができます。

その際、適切なフォルダにアップをしないといけないのですがサーバの決まりごとによって違うので、ここでは割愛しますね。

 

FTPにアップロードしたファイルはどうやって見ることができるの?

サーバーと契約を交わした時に、ドメイン(URL)をもらうはずです。
独自ドメインのURLか、もしくはそのサーバー会社が配布しているサブディレクトリドメインの場合など契約状況によって変わってきますのでよく確認してください。

そのURLをお知り合いに伝えることで、初めてホームページを見てもらうことができます!

 

サーバーを特定せずに説明しているので、結構ややこしく感じたかもしれませんね(^^;)

 

このようなFTPを介さずもっと簡単にホームページをサーバーにアップし、知り合いに見せたい!というのであれば弊社のシステム「Groop」はお勧めです。

ページ追加等ほとんどすべてがサーバー上で行なわれるので、FTPでフィルをアップしたり云々って作業は必要ないですから(*⌒∇⌒*)

一度お試しくださいね!

ホームページ作成システム「Groop」を無料で利用する

Groop7日間無料体験はこちら

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へにほんブログ村 ウェブデザイン ブログランキングへ

2015.11.16.【動画学習】ドットインストールのオススメ講座

本日のブログ記事担当はGroop3号です、よろしくお願いします。

前回「TED」のオススメプレゼン紹介で動画学習についてのプレゼン動画サルマン・カーン「ビデオによる教育の再発明」をご紹介しました。

今回はその日本版とでも言うべきwebサービスをご紹介します。

【動画学習】ドットインストールのオススメ講座

ドットインストールというサイトをご存知でしょうか?

簡単に説明すると、主にwebプログラミングについて、動画で1から解説してくれているサイトです。しかもそのほとんどの項目を無料で視聴する事ができます。

また、webプログラミングと言っても、簡単なhtmlタグから、難しいとされる最新のプログラミング言語まで、ネットに関する技術的な事全般についての解説が掲載されています。

これまで、文字情報だけではイマイチよく分からなかった事が、動画で解説してもらうとスッと入ってくるから不思議ですよね。その辺りの「動画学習」の重要性については前回の記事「TED」のオススメプレゼン紹介もしくはサルマン・カーン「ビデオによる教育の再発明」をご覧いただくとして。

今回は、ドットインストールのオススメ講座をご紹介したいと思います。

 

ドットインストールの動画というのは、一つの動画が約3分程で、2015年11月16日現在「253レッスン、3,564本」の動画が掲載されています。その全てを見るには単純に9000分150時間以上かかってしまいます。

動画はレッスン単位で分けられていて、一つのレッスンに10〜20前後の3分動画がまとめられていますので、そのレッスンタイトルを参考に見たい動画を選んでいくと良いかと思います。

レッスン一覧という所から、全てのレッスンを見ることができます。

 

その一覧の中でも当サイトをご覧の方にオススメしたいのは、「ホームページを作れるようになろう」という項目です。

まずは「ホームページを作れるようになろう」のHTML入門(全24回)をご覧になって下さい。

もしこれまで本やネットでHTMLについて勉強しようとしてみて挫折してしまったという方でも、これを見ると「なるほどそういう事か」とすんなり理解が得られるんじゃないでしょうか。

分かりにくい箇所は何度も巻き戻して見れる所が動画学習の良い所なので、あきらめずハードルを下げて、とりあえず見てみるという感じでご覧になると良いかと思います。

 

「ホームページを作れるようになろう」を全てご覧いただくか、あるいはHTML入門をご覧いただいた辺りで、自分でもホームページを作れそう、という気になるかと思います。

そういう方には是非ご自分でホームページを作ってみる事をオススメします、誰でも最初はそこからスタートして、いずれ自分が思った通りにホームページを作れる日が来るかもしれません。

ですが、途中で壁に当って、やっぱり無理だと諦めてしまいそうな方、そういう方にこそ当サイトが運営するホームページ簡単作成システム「Groop」をオススメしたいのです。

またそういう方にこそ「Groop」がいかに簡単にホームページを作成・更新できるか、という事をご理解いただけるかと思います。

ご興味のかる方は是非、こちらのサイトから1週間無料お試しをお申し込み下さい。

 

それではまた次回。

にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
にほんブログ村

開発・運営 ブログランキングへ

2015.11.13.スマホサイトとPCサイトを同期する方法は?

こんにちは!山田です(*⌒∇⌒*)

ホームページを作成されようとしている方は、いろいろ情報収集をされているのでは?

ということで、こんな質問を受けたのでその回答を。

受けた質問はこれです。

『スマートフォンサイトとパソコンのサイトを同期する方法は?』

 

スマホサイトとパソコンサイトは別物?

スマートフォン用サイトとパソコン用サイトは同期可能か?

スマートフォンサイトとパソコンサイトは別ファイルで作成するものという考えでいると『 同期 』という言葉が出てきますね。

同じファイルだとしたら『同期』なんて必要ありませんね。

1つのファイルを更新・修正することでスマートフォンサイトも、パソコンのサイトも同じように更新されますからね(^^)

では『どうやって1つのファイルでスマートフォンサイトとパソコンサイトを作るの?』という疑問がわいてきたのでは?

だって、見え方違いますもんね(^^)

 

1つのファイルでスマホサイトとPCサイトを作る方法

1つのファイルでスマートフォンサイトとパソコンサイトを作れるの?

まずスマートフォンでサイトを見るとき

  • パソコンのサイトをそのままスマートフォンで見えるようにする
  • スマートフォンで見やすいようにスマートフォン用に最適化する

という方法があります。

 

パソコンのサイトでそのままスマートフォンで見えるようにするには

 

    meta name="viewport" content="width=1400, user-scalable=yes"    

 

上記のように記述することで可能になります。
技術的なことにはここでは触れません。

 

スマートフォンで見やすいようにスマートフォン用に最適化するには
  • レスポンシブレイアウトで作成する
  • CMSを利用する テンプレートを変更するようにする

などが考えられます。

 

レスポンシブでご自身でホームページを作成する場合、多くの知識が必要になります。

CMSを利用した場合は、知識がなくても簡単に作ることができます。

 

CMSでもレスポンシブになっていたり、テンプレートが切り替わるようになっていたり、どちらもできない場合もあります。

弊社のGroopでしたら、レスポンシブ対応のテンプレートもありますし、テンプレートを切り替える方法で1つのファイルをパソコン用のワイドサイズで表示し、スマートフォンでアクセスした場合はスマートフォン用に最適化されたサイズで表示することも可能です(*⌒∇⌒*)

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へにほんブログ村 ウェブデザイン ブログランキングへ

無料で今すぐ作ってみる

ブログ内検索

フィード

分からないこと、聞きたいことご相談頂ければわかりやすく・丁寧にお答えいたします。

PAGE TOP