HP運営ブログ

2016年01月のブログアーカイブ

2016.01.29.伝わる★商品・集客効果がアップするバナー作成(文字編)

 Web運営初心者のためのブログ連載記事|ビジュアル・バナーで営業できるホームページを育てる!  『目に止まる!興味を持つ!すぐ行動!効果期待の画像加工・画像作成講座』第4回Web運営初心者のためのブログ連載記事|ビジュアル・バナーで営業できるホームページを育てる!

第1回『画像加工は、売上アップにつながるのか?』

第2回『売上をアップに貢献する★バナーキャンバス作成』

第3回『伝わる★商品・サービスイメージで売上アップに貢献する画像加工 (切抜き)』

第4回『伝わる★商品・サービスイメージで売上アップに貢献する色(色彩・カラー )』

いかがでしたでしょうか?

 

第3回と第4回では、画像の形・色によって、伝わる印象が変わることをお伝えしました。


伝えたいことを直感的に伝えるには、形や色だけではなく文字も重要となります。

例えば、手書きの手紙やノートを想像してみてください。

丁寧に書かれた綺麗な文字と雑に書かれた文字とで読みやすさが随分変わりますよね。


また、スーパーやドラッグストアのポップには商品名や値段が書かれていると思いますが

こちらも文字から伝わる印象でお客様の購買意欲が左右されます。


このように、文字もデザインにおいてとても重要な要素の1つとなるのです。


今回はその「文字」に視点を置き、文字から伝わる印象について簡単に伝えていこうと思います。

日本語にはおおまかに、「明朝体」と「ゴシック体」に2種類に分けられます。


明朝体は文字の横線と縦線に強弱がついており、はねや1画ごとに三角の山がついています。

ゴシック体は文字に強弱はつかず、全体的に同じ太さの文字となり統一性があります。


並べて見ると、同じ文字なのに受ける印象が違いますね。


この2パターンの文字を使用し、文章を書くと読みやすさなどにも違いが出てきます。



明朝体ですと文字をこれ以上文字を小さくすると読みづらくなる印象があり、

ゴシック体ですとしっかりと読みやすい印象ですが、文章が長くなればなるほど読みづらくなる気がします。


明朝体とゴシック体の違いを簡単に説明しましたが、

これが売上にどう繋がるの?と思いますよね。


下の画像をご覧ください。



明朝体を使用したバナーは高級感のあるリッチな味わいをイメージする商品という印象を受け、

ゴシック体を使用したバナーは、リーズナブルな値段でお買い求めが出来そうな商品という印象を受けませんか?


このように文字の形のみで、その商品のイメージをどう伝えるか表現方法が変わってくるのです!


集客アップに繋がる導線として

どういったお客様に手にとって頂きたいか、また、何を伝えたいのかが文字でしっかり伝えることは

画像作成の大切なことの1つということで、活用していってくださいね(*´∀`*b)

2016.01.28.htmlタグは分かるんだけどスタイルシートが分からんって方に向けて 2

前回の記事でhtmlタグは分かるんだけどスタイルシートが分からんって方に向けてというタイトルでスタイルシートについて書きました。

今回は、もう少し具体的な使い方について書いてみたいと思います。

 

スタイルシートとhtmlは基本的には2つに分かれています、何故分かれているかは前回の記事をご覧下さい。2つに分かれていますがどこかで繋がっていないと、表示される時に一緒に反映されないので、どこかに2つを紐づけている記述があるはずです。

スタイルシートには色々な書き方がありますが、今回は1つだけ、簡単な方を紹介します。

htmlタグと同じファイルの上の方に<head>というタグがあってごちゃごちゃ書かれているかと思うんですが、<head></head>の中に

<style type="text/css">
<!--
-->
</style>

こう書く事でこのhtmlにスタイル―シートが反映されます。

スタイルシート自体は

<!--

.style_a{color:red;}

.style_b{color:yellow;}

-->

↑こんな感じで、<!-- -->この間に記述していきます。

この他に、完全に別のファイルにスタイルシートを書いて、本体であるhtmlファイルの<head>部分でスタイルシートを記述しているファイル名を書いて紐づけるという方法もあります。

凝ったデザインのサイトはほとんどこのタイプ、スタイルシートの記述が長くなるので別のファイルに書いて本体のhtmlを読みやすくしている訳ですね。10〜20行ぐらいしかスタイルシートを書かないって場合は今回紹介した前述の↑の方法で良いですが、それ以上を越えてくるようでしたら、別ファイルにする方法を調べてみて下さい。

あと、イレギュラーな方法として、こんな感じで

<p style="color:red;">

タグの中に直接書いてしまうという方法もあります。でもこれは前回説明したように読みにくくなるだけなので、ほとんど使いません。(javascripなどで自動的にデザインを変更したい時や、絶対にデザインを変更したくない箇所等にわざと書かれている場合があります)

 

では今回はこんなところで。

2016.01.27.無料でWEB技術アップ、無料でホームページ円滑運営ノウハウを学ぶスライドシェア

WEB関係者がスキルアップを図る時、またホームページ運営者が円滑な運営を図りたい時、どのようにしているのでしょう?

  • WEBを利用して情報収集を行う
  • 知人に相談したり、教えてもらったりする
  • 書籍で情報を得る
  • 講座に参加する
  • WEBスクールを利用する

といろいろありますね。

 

あなたはどのような方法でスキルアップをされているのでしょう?

 

私はコミュニケーションや心理学の事を学びに講座を受けに行くことが多いのですが、その際先生がスライドを利用して講座を進めることも良くあります。

その時、メモを取るのが大変なので「スライド資料欲しい!!!」と思ったことは何度もあります(^^;)

講座内でスライド資料を配布して、メモさせてくれるような講座もありますけどね。

そういうのは、本当にありがたい。

 

そうなんですよ。

スライドって結構重要なことを簡潔にまとめてある、親切極まりない資料なんですよね。

実は宝の宝庫のような気さえするものです(^^)

このスライドを見るだけでも学べますし、更に詳しく知りたいことはWEBの情報を検索すると理解が加速します。

学びたい内容にもよりますが、スライド資料が見られるというのはかなり重宝します。

 

とっても役立つスライドシェアサービス

ということで、本日紹介させていただくのは「スライドシェア」というサービスです。

スライドシェアとは、パワーポイントで作成した資料やPDFを公開したり、共有できるサービスです。

講座や勉強会で利用した資料やテキストがアップされていることもあります。

スライドシェアはこちらからご覧いただけます。

⇒スライドシェア(http://www.slideshare.net/)

 

必要な資料検索は日本語でOK

パッと見た目は英語表記で、英語が苦手な方は尻込みしてしまいそうですが、安心してください!
日本語対応です(*⌒∇⌒*)

スライドシェア

日本語で検索できるので、例えばマーケティングの資料を見てみたい場合、上手にある検索窓に「マーケティング」と入力して検索します。

すると一覧がバーッと表示されます。

 

スライドショーわかりやすい一覧表示

  

スライドの表紙が一覧で見られるので、おもしろそうなものや、興味をそそられるものをクリックしてみましょう。

するとすべてのスライドの内容を見ることができます。

 

口頭による説明がないので分かりにくいのでは?と感じるかもしれませんが

良質なスライドが多いので大方理解できます。

もし用語で分からない言葉があれば、WEB検索で探してみると更に理解できるはずです。

 

スライドショーは企画書・営業資料にも応用可能

良質なスライドショーは、またその作り方もとても参考にできます。

スライドショーにはストーリーがあります。

読まれる方に問題提議を行ない、解決策を指南し、クロージングを掛けるという営業方法にも似たものがありますよね?

 

ですから、お客様への企画書作成の構成のヒントにもなります。

中身をパクってしまうのはNGですが、構成や見せ方はどんどん真似させてもらって自分自身のスキルアップに、企画書作成に、営業資料に取り入れてみるのはいかがでしょうか?

良くわかる内容になるので、お客様にも喜ばれることでしょう。

 

今日はここまでです。

最後までお読みいただいて、ありがとうございます!

 

 

2016.01.26.ホームページ集客に頭を抱える人と、ホームページ集客を楽しく笑顔で楽しんでいる人との違い

ホームページ集客に頭を抱える人。

ホームページ集客を笑顔で楽しんでいる人。

さて、何が違うと思いますか?

あなたなりに、いろいろ考えてみてください。

 

このように「何が違うと思いますか?」と聞くと、出てくる解答は下記のようなものが多いのではないでしょうか?

  • 集客できているか、できていないかの違い
  • 知識があるかどうかの違い
  • 技術があるかどうかの違い
  • 資金があるかどうかの違い
  • コンサルを付けているかどうかの違い
  • 経験値の違い
  • 好きか嫌いかの違い

いかがでしょうか?

あなたはどう考えられますか?

 

これらもその要因の一部としてはあるかもしれませんが、これが決定的な違いではありません。

最初ホームページ営業に取り組んだスタート地点は、ほぼ同じ場所であることが多いのです。

知識や技術、資金や経験も、ほとんど関係ありません。

 

大きな違いは「その目的が明確にイメージできているか」です。

そして、本気で「その目的を手に入れたいか」です。

  • 事業(企画)の1つとして行っていて、別事業(企画)での成功でもかまわない
  • ホームページ集客にこだわっていない
  • ホームページで集客できるなんて、そもそも信じていない
  • ホームページ集客でどのくらいの売上アップになるか具体的ではない

というのであれば、「明確なイメージ」はできていないでしょう。

「絶対にその目的を手に入れよう」としてないでしょう。

 

以前の記事にも書きましたがホームページ集客は、目的を達成するための目標に過ぎないのかもしれません。

だから「力」が入り切らないのかもしれません。

 

企業での目的は売上アップですから、ホームページ集客はその1つにしか過ぎない。

という位置づけだとイメージできてなさすぎて、ホームページ集客で頭を抱える羽目になります!

または、今は「今の売上である程度満足している」場合も、結局は「力」が入らないままとなることでしょう。

または、他にも営業方法はあるからと、視線があっちこっちに向いていては「力」が分散し良い結果を得ることは難しいでしょう。

 

ホームページでの集客が成功すれば、売上が今の2倍にも3倍にもなるのですが、それをイメージできているでしょうか?

ここをイメージできれば、かなりホームページ集客は加速し出します。

 

明確にホームページ集客が、集客や売上アップに繋がるとイメージできている人は、

  • 行動が違います
  • 集中力も違います
  • 発言も違います
  • 投資もします

イメージできているから、どのような作業でも楽しいのです。

うまく行かない場合も、検証して次の行動へ必ず行動を変化させます。

解らないことはどんどん人に聞いたり、学んでいこうとするでしょう。

そこへの資金は惜しまないでしょう。

だって、うまく行くと知っているのですから(^^)

 

人はうまく行くかどうかわからないこと(不安)に、力は入らないものなんです。

道を歩いていて、二股の道に出たとき、右に行けば目的地にたどり着けるとわかっていれば、さっそうとあなたは歩くでしょう。

ですが、どちらに行けば目的地にたどり着くのかわからない状態であるなら、足が止まるかもしれませんし、どちらかを選んだとしても周りをキョロキョロしながらしか歩けないでしょう。

時には引き返すことを考えるかもしれませんね。

 

では、どうすればうホームページ集客で目的を達成できるイメージできるのでしょう?

それはまずは知ることです。

ホームページ集客で成功している人や会社をです。

パッとイメージできるのは、「Google」「Yahoo」ですね。

もっと身近に成功している人や会社があれば、その人や会社の人に実績を聞いてみてください。

 

どのくらいの費用と時間をかけて、どのくらい設けているのでしょう?

働いている人たちは、楽しそうでしょうか?

どんな毎日を送っているのでしょう?

自由をどのくらい手に入れているのでしょうか?

 

ホームページ集客が成功した時に得られるものや利点、生活や環境をできるだけ具体的にイメージできるまで、成功談を見聞きしてみてください。

そしてホームページ集客に「確かなもの」を見つけることができたら、ホームページ集客はどんどん楽しくなってきますよ(^^)

 

弊社の公式ホームページは「アプリ 大阪」で検索すると、GroogleでもYahooでも「1位」に表示されます。

私たちが営業をアクティブにかけていかなくても、お問い合せが自動的に入って来るんです。

これがホームページ集客です。

 

日本人は特に「うまく行く話」に敏感です。

ネガティブな方での敏感です(^^;)

うさんくさい、信じがたいと。

 

そして成功している人もまた謙虚です。

いくらうまく行っていても、成功していても

いやいや、まだまだですよぉ〜〜

なんて建前で言ってくるんですよ(^^;)

 

日本人には「謙虚であることが美徳」という思いが刷り込まれいてるから、にわかに成功談って信じられない性質も持っているんですよね(^^;)

だからよけいにそれがブロックになって成功を阻んでしまう。。。。

  

究極、「自分は絶対成功する!」って信じられている人は、軽やかな足取りで取り組んで、成功していくんですよ。

そこに深刻な問題として、悩みを持ち込んだりもしないのです。

課題として捉えて、進んでしまうんですよ。

 

ホームページ集客が成功すと明確なイメージができている人、自分には成功しかないと無意識に信じきっている人が「ホームページ集客を楽しく笑顔で楽しんでいる」と言えます。

逆にホームページ集客での成功をイメージできていない人、自分は成功しないと無意識に信じている人は「ホームページ集客に頭を抱える人」なんです。

さてあなたはどちらのタイプでしょうか?

 

またこの話、企業のTOPの方や指示する人に必要な成功マインドの話です。

TOPの方や、指示する人が成功マインドを持ちあわせていなければ、作業するスタッフにだって当然力は入りませんし、力は分散して良い結果は得られません。

スタッフ1人が成功マインドを企業の中で維持することができるのであれば、それは素晴らしいことですが、よっぽどの成功マインドの持ち主でないと成功までの道のりは長いと言えるでしょう。

企業を動かすだけの力が必用だってことですからね。

 

是非成功マインドに切り替えていってくださいね。

今日はここまでです。

最後までお読みいただいて、ありがとうございます!

2016.01.25.htmlタグは分かるんだけどスタイルシートが分からんって方に向けて

<BR>とかのhtmlタグは理解できたけど、スタイルシートが分からない、という方は多いんじゃないでしょうか?そんな方に向けて、スタイルシートについての簡単な説明を書いてみたいと思います。

ちなみに、スタイルシートはCSSとも表記される事があります、スタイルシートとCSSは同じものだと考えて良いです(細かな区別はあるようです、詳しく知りたい方はこちら

 

スタイルシートは見た目のデザインを定義するもの、という説明をよく見るかと思います、つまりhtmlタグが本体でスタイルシートは装飾部分、という風に分けているんですが、何故二つに分ける必要があるのか?

デザインにもよりますが、別にスタイルシートを使わなくても全てhtmlタグで完結させる事も可能です、ただし非常に読みにくい上に無駄に長くなります。

さらにhtmlタグのみで何十ページも作るとなると、更新する際にどこをどう変更すれば良いか分かりにくいし、変更箇所も長大で複雑になってしまいます。

そういう手間を省くために本体とデザイン部分を分けている訳です。

なのでhtmlタグを書くときはなるべく長くならず、見た目に分かり易く、更新しやすいもの、が推奨されていて、綺麗だと評価されています。

 

こういう考え方はWebの技術にはよくある事で、そもそもプログラミング自体が昔は紙に穴を開けて0と1を機械に読み込ませていた訳で、非常に手間だったものを省いていくうちに規格(ルール)が作られて、それを使うためにはルールを覚えなくてはいけないという歴史があります。

そのルールの事をプログラミング言語とかhtmlタグとかスタイルシートと呼んでいる訳です。

言語と書くと、実際の「英語や日本語」等のリアル言語と似たものだと思いがちですが、実際のプログラミング言語はルールや規格と言った方が近いと思います。より道具に近い印象です。

ある程度のルールと使い方を覚えて、細かい表記法はその都度ネットで調べてコピペしていけばOKです。

 

とりあえず、ある程度ルールを覚える

とほほのスタイルシート入門(基礎知識)

 

どんな事ができるのか見てみる

スタイルシートは主にデザインを変えてくれる訳ですが、ではどんな風に変えてくれるのか、どんな事ができるのか、をざっと目を通して見ておくと良いです。

スタイルシートリファレンス(目的別)

 

あとは、実際に使いながら、触りながら調べていって、詳しくなっていくのが良いと思います。完璧に全部理解する必要はなく、必要な部分を必要なだけ調べて理解して、上手くできたらそれで終わりで良いと思います。まさに道具ですね。

 

 

では、今回はこのへんで、また次回。

2016.01.22.ホームページで成果(結果)ができない人が、成果(結果)達成するためにまず見直す部分

Web運営初心者のためのブログ連載記事|アクセス解析で営業できるホームページを育てる!

Web運営初心者のためのブログ連載記事|アクセス解析で営業できるホームページを育てる!

3分でわかるGoogleアナリティクス』第5

 

ホームページでなかなか成果(結果)に結びつかないという方へ

ホームページの目的は絞り込まれていますか?

ホームページの目的を絞り込むことが、成果(成果)に繋がります。

もし目的の絞り込みができてないようでしたら、是非1度見直しをお勧めします。

その理由を理解してこそ行動につながりますから、ホームページで成果(結果)を出したい方は、引き続き下記をお読みください。

 

以前の記事(アクセス解析導入★ホームページを成功に導く流れを知る!)で、

ホームページを運営すること自体が「目標」のはずですね。

と書きました。

 

そしてその中に「ホームページのゴール」についても書いていますが、この「ゴール」というものが、「ホームページの目的」の部分になります。

この「ホームページの目的」を絞り込むことが重要になってきます。

  

問い合わせも欲しい、求人も欲しい、商品も購入して欲しい「目的」が複数になればなるほど、ホームページにブレが生じます。

ブレが生じると、施策(行動)が散漫になります。

すると結果がついてこず、やってても意味がないという気分になってきて、どんどん運営自体がおっくうになりホームページを放置する

そして、意味はない!という結論に最悪至ってしまいます(^^;)

 

ですから、ホームページで結果を出したいなら、必ず「目的」は1つに絞ってください。

もし、複数の目的をホームページで達成したいなら、その目的ごとにホームページを準備してください。

それがホームページで成果(結果)を得るためには、とても重要な部分になるから絶対です。

 

そして、その目的を達成するためにアクセス解析を利用していくと成果に繋がるのです!

もっと詳しくお話したいところですが、本日はここまで!

 

 

2016.01.21.では今後ハードディスクが壊れない為にどうしたら良いのか

前回の記事で、「ハードディスクが壊れたかも?」と困った時に行っている個人的な対処法という記事を書きました私Groop3号です。その後「では今後壊れないためにはどうしたら?」という疑問が浮かんできたので色々と調べてみました。

まず前提としてハードディスクはいつか壊れる可能性がある

という事ですねハイ。

なので壊れる事を前提で使う必要があるという事です。

基本的にはハードディスクを2つ以上用意します、大事なファイルについては常にどちらのハードディスクにも保存してバックアップをとっておく。この方法が一番簡単かつ安価な方法かなと思います。

パソコン購入時には必ずハードディスクが1つ付いてきますので、それとは別のハードディスクを用意すれば良い訳です。

では、2台目に用意するハードディスクですが、ハードディスクにも色々な種類があります。

 

内臓型ハードディスク

ハードディスクがパソコンのケース内に入っていて、IDEやSATAという接続規格でパソコンケース内のマザーボードと電源にケーブルを繋げて使用します。

交換する際にパソコンケースを開けて、ケーブルを外してと面倒ですが、価格は外付けに比べて若干安いですし、ケース内に収納できるので場所を取りません。

ただし、今使っているパソコンケース内にハードディスクを収納するスペースの空きが無い場合もあります。

 

外付けUSBハードディスク

パソコンのケース外に据え置くタイプのハードディスクです。接続方法は主にUSBになります。2台目バックアップ用に選ぶのであれば、順当に考えればこちらになるかと思います。

簡単に取り外しできて交換も楽で、持ち運べる大きさです。価格は内臓型よりは若干高く、机の上にハードディスクを置くスペースが必要になります、ハードディスクは中で円盤が超高速回転していて、落としたりすると一発で壊れる可能性がありますのでご注意を。

 

raidシステム

raidシステムとは、正確には複数台のハードディスクを組み合わせることで仮想的な1台のハードディスクとして運用するシステムです。

冒頭で「まず前提としてハードディスクはいつか壊れる可能性がある」と書きましたが、じゃあ壊れても大丈夫なように最初から複数台のハードディスクに自動的にバックアップをとってくれるシステムを作れば良いんじゃないか、というのが主なraidシステムの利用法です。

さらにその中でも方式やraidレベルと呼ばれるデータの保存方式が違ってたりするんですが、詳しい事は省きます。

普通raidシステムを導入するというのは、個人というよりは会社等の組織内での業務目的として利用する場合が多いです、最近ではSOHO等個人事務所向けの製品もありますが、個人が趣味の領域で使う分には前述した通り、2台のハードディスクでバックアップをとっていくという方法で十分かと思います。

自動的にバックアップをとってくれるフリーソフト等もあるようです→フリーソフトでも性能は十分!簡単無料のPCバックアップ術

raidシステムはハードディスクが壊れた場合の検知交換復旧までの流れがスムーズになるのと、大容量のデータを自動バックアップする場合に優れていると思われます。

ただし価格はとても高いです、raidシステムのハードディスクとして有名なのはテラステイションというバッファローの製品です。

実売価格はこのへんをご覧ください。

 

もう一つの選択としては、パソコンを自作する要領で、raidシステムを自作する、という方法があります。技術的にはそれほど難しく無く、自作パソコンをやった事がある人なら大丈夫だと思われます。

こちらの記事を参考に、格安でRAID外付けHDDの自作

 

まとめ

絶対に失ってはいけないデータが大量にある(1テラ以上)場合はraidシステムを採用しても良いかもしれません。

それ以外は外付けハードディスクを購入して、随時手動でバックアップをとるか、バックアップソフト等を使って特定のフォルダをバックアップしておく、などの方法がオススメです。

ちなみにこの記事「RAIDを過信してはいけない」、データのバックアップやRAID復旧についてHDDのプロに聞いてみた によると、raidの方がデータのサルベージは難しいようです。

 

それではまた次回

2016.01.20.Web集客で成果(結果)を出せるプラスのスパイラルを起こす思考法

 

Web集客でお悩みのあなたは、負のスパイラルの渦にのみ込まれてませんか?

Web集客は難しい、うちでは無理だ

そんな風になっていませんか?

もし、今「負のスパイラル」に飲み込まれいてるような感覚があるなら、是非プラスのスパイラル思考に変えるために、この記事を読み続けてください。

とっても簡単な方法で「プラスのスパイラル」を生み出し、Web集客が楽しくなってきますよ!

 

昨日、今日考えていたことを覚えていますか?

私たちは16万もの「思考」をしていると言われています。

そんなにたくさん思考を働かせていますが、今日、昨日、あなたが何を考えていたか覚えていますか?

 

こうやって文章を書いている間も、仕事をしている間も、家族と楽しい時間を過ごしている間もずーっと頭の中でのおしゃべりは止まってないということです。

その多くは、私たちの頭を通り過ぎて、あまり記憶に残っていません。

 

大切な事を考えていたとしても、他の事を言われ、他に思考が移った途端、さっきまで何を考えてたか忘れてしまう(^^;)

それって私だけじゃないはず。

あなたにもあるはずですよね???

 

欲しい車や妊婦が増える理由

そしてまた人は「意識したことが目につく」という心理があります。

 

例えば、欲しい車があったとします。

すると急にその車が公道をたくさん走り出します。

 

また、自分や身内が妊娠したとします。

すると急に世の中に妊婦が増えます。

 

実は車も増えてないし、妊婦も増えていないのですが「意識」したことで、そんな風に見えているだけなんです。 

「意識」するだけで、情報はどんどん飛び込んでくるんです!

ですからあなたがWeb集客を考えているなら、意識しようがしまいが、無意識にもどんどん情報が入ってきているということです。

 

その情報を元に、また私たちの思考が1日6万走りだします。

ですから、WEB集客のこともアイデアが浮かんで来ているはずなんです。

 

負のスパイラルに飲み込まれる人は

ただここで気をつけなければならないことがあります。

それは

  • あぁ、時間がないからできないな
  • 人がいないから無理か
  • ここは大手だからできるんだ

というネガティブな思考!!!

そうです。6万の思考の中にはネガティブな思考も含まれます。

このネガティブな思考がまた厄介です。

「できない」「ない」と考えた瞬間に、それは消えてなくなります。

シャットダウンです!!

小さな可能性さえ残しません。。

もったいない話です(^^;)

 

だからと言って、ネガティブを考えないでおこうとすると、今度はそちらに「意識」が向き、ネガティブが増えます(^^;)

できない現実が目に入り、情報が入ってきます(^^;)

そしてやっぱり自分には無理だとなってしまいます。

 

堂々巡り(^^;)

負のスパイラルに飲み込まれていきます。

 

この堂々巡りを、上へ上へと延びるプラスのスパイラルにしていきたいですよね。

ご安心下さい!プラスのスパイラルにする方法はありますよ!

  

1日6万の思考を無駄にせず、プラスのスパイラルに変化させる方法

ネガティブ思考が出てきても「ヨシ」とします。

ネガティブをいったん受け入れるんです。

 

そして、

『 どうしたら、自分には出来るんだ 』

『 どこからだったら、できるんだ 』

と自分ができることを考えるんです。

 

工夫をすればできることがあります。

その施策を小さく噛み砕けば、できる方法があるはずです。

そこに意識を向けるんです。

するとその部分を「意識」するので、その情報がどんどん入ってきます。

 

すると大きなアイデアから、小さなアイデアまで浮かんできます。

あとはそれを実行し、検証し、また見直し実行していきます。

 

Web集客のマインドもこのようにしていくことで、どんどん育ちます。

どんどん育っていくと、入ってくる情報も質の良いものに変わってきます。

是非、プラスのスパイラルを起こしてください!

 

今日はここまでです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

2016.01.19.「ハードディスクが壊れたかも?」と困った時に行っている個人的な対処法

どうもGroop3号です。このあいだ家で使っている外付けハードディスクが認識できなくなりまして、「すわっ!壊れたか」と中に入っている大事なファイルを失ってしまったと思い落ち込んでいました。

ただ、今回の場合(これまでにもハードディスククラッシュは何度も経験しています)は、まだ購入して1年以上2年未満で、内臓ハードディスクでは無く外付けハードディスク、前もって調子が悪い等の予兆がなく突然認識しなくなった、等の状況から、まだなんとかなるんじゃないか、という希望的観測があった訳です。

それで諦めずネットで調べて色々やった結果、無事ハードディスクの中を失わずに復旧したんですが、多分に運の要素が強いので、これをご覧の皆さん全てに当てはまる訳では無いです。

あくまで3号個人が「ハードディスクが壊れたかも?」という時に行う対処法を備忘録として書き残しておきます。

 

まず最初にある程度、何故ハードディスクの中身が見れないのかを分析する必要があります。

大きく分けて、ハード(物理的に)が壊れている場合と、ソフト(ドライバやパーティション情報)が壊れている場合、があると思います。

さらに、物理の場合ならハードディスク本体が壊れているのか接続部分が壊れているのか、ソフトならPC側かハードディスク側か、という分析も必要になります。

まずはハードディスクを別のパソコンに繋いでみよう

前述のどこに問題があるのかを分析するためには、この方法が一番手っ取り早いです。ただし、外付けハードディスクなら簡単ですが、内臓ハードディスクだと手間がかかります。ちなみにその場合、内臓ハードディスクをUSB接続できるケーブルというのがありますので、それを使用して別のパソコンに繋ぎます。

どこまで認識しているか調べてみよう

ハードディスクが正常に接続されていると、コントロールパネルのデバイスマネージャーに、該当のハードディスクが接続されているかどうかを調べる事ができます。

そこに該当ハードディスクの表示が無い場合は、かなりの確率で物理的な損傷を疑った方が良いと思います。

物理的損傷は、中身のデータを諦めてフォーマットするか、業者にお金を払って修理してもらうか、の2択なんじゃないかと私3号は考えています。さらにこの2択はどちらも、「やっぱり直りませんでした」という結果も十分あり得ます、その場合は諦めるしか無いです。

 

・ デバイスマネージャーは該当のハードディスクを認識しているんだけど、マイコンピュータにアイコンが出ない。

これも物理的損傷の可能性大きいです。

3号が昔使っていたハードディスクは、使用容量が200G以上になるとなぜかアイコンが表示されなくなるという現象が起こっていました。おそらくその部分に物理的な損傷があるのだと仮定して、フォーマットの際に180Gのあたりでパーティション切って使用するという方法でごまかしごまかし使っていました、オススメはしませんが。

 

・ ハードディスクのアイコンは表示されているけど、中身が見れない。

実際はこれが一番多いと思うんですが、その際にどのようなエラーが出るか、というのが結構重要だと思います。そのエラー文を検索してみると、同じような事で困っている人が出てきますので、彼らのケースを参考に対処していくと良いかと思います。

ちなみに今回の場合はこの方法で解決しました。

エラー文で検索すると、パーティション情報が壊れているというような内容が出てきたので、パーティション情報の直し方で調べると、chkdskという方法があるとの事で、その通りやると直りました。

 

・ハードディスクの中を見ようとするとパソコンがフリーズする場合

これはエラー文が出ないので判断が難しいところですが、別のパソコンでも同じようなら物理的損傷を疑って対処する方が良いかと思います。

その場合の対処としては、セーフモードから起動してハードディスクの中を見てみる、というのは結構有効だったりします。全てのデータは無理でも、大事なファイルだけ別のハードディスクに移動できる可能性があるかもしれません。

 

 

私3号が行っている、困った時のハードディスク対処法をざっと紹介してみました。

見てもらえばお分かりいただける通り、物理的損傷の場合はデータのサルベージは難しいです。

どうしても失いたくない、お金に換えても良い、という場合は業者や有料のサルベージソフトがあるのでそれらを試してみるのも良いかもしれません、ちなみに3号はその経験が無いので実際のとこ本当にうまくいくかどうかは分かりかねます。

逆にソフト(ドライバやパーティション情報)の問題であれば、今回の3号のようにデータを取り戻せる可能性はかなり高いです。

 

それでは今回の記事はこれまで、また次回よろしくお願いします。

2016.01.18.アクセス解析初心者が混乱しない「KPI」と「KGI」を確実に理解できる解説

Web運営初心者のためのブログ連載記事|アクセス解析で営業できるホームページを育てる!  『3分でわかるGoogleアナリティクス』第4回です!Web運営初心者のためのブログ連載記事|アクセス解析で営業できるホームページを育てる!

3分でわかるGoogleアナリティクス』第4です!

 

Googleアナリティクスの記事は少々間が空いてしまいましたね。

前回は「女性にも子供でもわかる!? わかりやすいKPIのごにょごにょ」と、KPIについて記事を書かせていただきました。

 

KPIと一緒に良く出てくる言葉としてKGIというものがります。

これは「重要目標達成指標」とされ、ホームページのゴールを何をもって達成とするかという指標を表します。

  

なんだか難しい表現ですね?

これを簡単に分解していきます(^^

 

例えば、そうですね・・・

読書を例にとって説明してみましょう!!

 

『月に10冊の本を読む』

そのために

3日で1冊を読み終える』

という小さなステップを決めることができます。

そしてこの数字があるおかげで、目標に近づいているかを見直す事ができます。

  

ここに、KGIKPIを当てはめると

 

『月に10冊の本を読む』  KGI

3日で1冊を読み終える』  KPI

 

ということになります。

このように小さなステップを基準として設けることで、目標達成までの道のりを短くすることができます。

ここでは必ず『数字』でわかるものを「指標」とすることが重要です。

 

またここで数値を達成しなかったから「×だめ!」ということではありません。

Webは生き物のようなものですから(^^;)

 

KGIを設け、KPIを指標として施策を繰り出す。

その指標を達成したり、超えるときもあれば、達成出来ないときもあるでしょう。

その時に、

 

  • どうして達成できた、達成できなかったのか?
  • どのような要因が考えられるのか?
  • この経験から次回は、どのような施策を講じることができるのか?

 

と見直すことが重要なんです。

 

そうすることで、達成出来なかった数字を達成できる。

予想以上に結果が出せるということに、つながっていくのです。

 

×ダメ」と決めつけで評価をしてしまっては、もったいないのです!!

 

だって、それまでいろいろ施策を考えたはず。

  • こうしたら良いかも?
  • こんな工夫はどう?

と。

そうではありませんか?

 

その時間は短かったかもしれませんし、長かったかもしれません。

いっぱい調べたかもしれませんし、調べてなかったかもしれません。

どちらにせよそのかかった時間、調べた時間、知恵、工夫

それらは全て「〇」です!

 

聞いたことがあるかもしれませんが、先人たちも言っています。

 

*********

失敗したわけではない。

それを誤りだと言ってはいけない。

勉強したのだと言いたまえ。

(トーマス・エジソン)

********* 

間違いを犯した事の無い人というのは、何も新しいことをしていない人のことだ

(アインシュタイン)

*********

  

行動したんです。

何らかの「結果」を得たんです。

それを次に生かせば良いだけです(^^

 

なぜここに力を入れるかというと、結果をただ「失敗」と見做し、そこで諦めてしまう人が結構多いからです(^^;)

傍で見てて、とても残念なんです。

 

いくらでも私たちは成長できますもの!

是非、次へつなげてください。

 

KPIKGIの理解とともに、このマインドセットも覚えておいてください(^^

アクセス解析を見てホームページを分析する。

それは楽しいことだし、諦めさへしなければ成果につながることですから!

 

今回言葉の説明のみにしようとしたのに、変に熱くなりました(^^;)

 

今日はここまでです!

また次回の記事も楽しみにしておいてくださいね。

 

無料で今すぐ作ってみる

ブログ内検索

フィード

分からないこと、聞きたいことご相談頂ければわかりやすく・丁寧にお答えいたします。

PAGE TOP