初心者さんのためのミニWEB語録 ***ウェブサイト***

2017.04.03

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなこと今更聞けないっ・・・

言葉は知ってるけど意味までは・・・

 

そんな時、ありますよね(>ω<;)

 

初心者の方へ向けて、今回もWEB関連の語録をお届けします。

 

●インターネット(Internet)

世界中のコンピューターを接続して作られた、巨大なネットワークのこと。

日本語にすると inter=相互につなげる net=網 という意味で、

最初は小さなグループごとだったネットワークが、網上に相互につながっていき、

現在のように、世界中に繋がっている大きなインターネットとなりました。

インターネットにはたくさんの機能やサービスがあり、電子メールや、

このあと説明するWebもインターネットの機能やサービスの一つなのです。

 

 

●Web(ウェブ)= www = World Wide Web(ワールドワイドウェブ)

よく耳にする「ウェブ」や「www」。

違うものかと思いきや、どちらも「World Wide Web」を略している略語なのです。

日本語に訳すと World=世界に Wide=広がる Web=クモの巣。

インターネット上で関連付けられた文章を見れるようにする仕組みのことで、

文章同士の繋がりがクモの巣のようだと例えられてWebと呼ばれるようになったそうです。

 

●ブラウザ(browser)

ウェブを閲覧するためのソフトのこと。

今まさにこのブログを開いているそのソフトが「ブラウザ」なのです。

様々なブラウザがあるのですが、主なものは

『Google Chrome』『Mozilla Firefox』『Internet Explorer(IE)』 『Safari』『Microsoft Edge』などなど・・・

なかでもシェアが多いのは『Google Chrome』『Mozilla Firefox』 『Internet Explorer(IE)』の三つ。

それぞれ使い勝手が違うので、今使っているブラウザが使いづらい方は、

他のブラウザを試して、好みのブラウザを探してみるのもいいかもしれません。

 

●ウェブページ(web page)

インターネット上に掲載している情報の文書…簡単に言うと、ホームページの中の1ページのことです。

ホームページはトップページやお問い合わせのページ、自己紹介のページなど、いろいろなページがあります。そのひとつひとつのページのことをウェブページといいます。

 

●ウェブサイト(サイト)

ウェブ上にある、複数のWEBページの集まりのこと。

トップページや会社概要ページ、商品紹介ページなど、複数のウェブページがリンクで繋がっている、複数のウェブページをひとまとめにしたものをウェブサイトといいます。

「ホームページ」と呼ぶ人、「ウェブサイト」と呼ぶ人、ウェブサイトを略して「ウェブ」とか「サイト」と言う人もいます。

前述した通り、「ウェブ」は「ホームページ」のことではないのですが、一般的には同じこととして通じてしまう不思議……( ゚д゚)

 

●ホームページ

一般的にはウェブサイトやWEBページそのものを指すことが多いです。

本来は、企業や個人のウェブサイトの中で最初に表示されることを意図したページのことで、結構いろんなページを設定されている企業さんが多いです。

トップページだったり、お問い合わせだったり、はたまたオススメ紹介のページだったり。

基本的には、ウェブサイトへの入口ページのことですね。

 

●コーポレートサイト

corporate(企業の)site(サイト)

日本語訳そのままで、会社・企業の公式のウェブサイトのことです。

「企業概要や製品情報・サービス内容などを記載して、お客様や取引先へ企業情報をわかりやすく伝える」といった役割があります。

 

 

実はインターネットとウェブ、サイトとホームページは意味が違った!

初めて知った時は「そうなんだぁ~」と思ったものです(*´ω`*)

 

 

ただ、初心者の方やWEBにあまりかかわることのない方は「ホームページ」の方が伝わりやすいので、

WEB玄人の方でも「ホームページ=サイト」で説明される方が結構います(もちろん上記の説明をした上で)

 

このブログでは慣れていない方が分かりやすいように「ホームページ=サイト」でお話ししていきますね。

 

 

 

コメント

コメントフォーム

無料で今すぐ作ってみる

ブログ内検索

フィード

分からないこと、聞きたいことご相談頂ければわかりやすく・丁寧にお答えいたします。

PAGE TOP