HP運営ブログ

2017年09月のブログアーカイブ

2017.09.25.会社案内を変更してみよう!

皆さん、こんにちは(・ω・)ノ

中村@新人です。

 

今日はこのHPにある運営会社のページを参考に会社案内を変更してみます!

 

***  表組の変更 列の削除と行の追加など  ***

 

まず、お手本とする運営会社ページはこちら↓

 

そして、現在の中村@新人のお試しHPの会社案内はこちら↓

 

まだ何も入れていないデフォルト状態です。

ここからお手本に近づけていきたいと思います。

 

 

最初はパーツの変更から!

 

 

いつものように右クリックでメニューを出して… 

 

 

初期に入っていた表組パーツは【表組系 左)表 右)画像】でしたので、これを表組だけの【表(見出し・左)】に変更します。

 

 

表組パーツが変更できました。 

デフォルトの表組が3列なので、今度はお手本と同じ2列の表組にします。

 

 

ダブルクリックで編集画面にしてから、消したい列の上で右クリック!

 

 

「列」の部分から「列の削除」を選択すると1列消えて2列の表組になります。

 

 

ちょっと見出しの幅が広いので調整をします。

今度は見出しの部分で右クリックをして「セル」から「セルのプロパティ」を選びます。

出てきたプロパティ画面で幅の部分を変更します。 

 

 

今回は20パーセントに設定。入力をしたらOKを選択して反映させます。

 

 

良い感じのバランスに変更できました。

 

 

後は内容を入力していくだけ…

と、思ったら一行足りなかったので、行を追加します。

 

 

一番下の行で右クリックをして「行」から「行の下に挿入」を選びます。

これで行が追加されるので内容を入れていきます。

 

 

入力が完了したら「保存する」を選択しましょう。

 

 

これで完成!と、言いたいところですが…

「所在地」と「事業内容」の隙間が目立つので、次回のGroopで作ってみようにて調整の仕方を紹介します!

 

 

 

 ↓↓↓ Groopを試してみたくなった方はこちらからどうぞ ↓↓↓ 

 

 

2017.09.19.初心者さんのためのミニWEB語録 *** アップデートとアップグレー ド ***

皆さん、こんにちは(・ω・)ノ

中村@新人です。

 

アップロード・アップローダー・アップデート・アップグレード……

WEB用語は似た言葉が多くてどれが何を差しているのか分からなくなりますよね。

 

今回は上に書いている似た言葉の内、後ろの二つを紹介します!

 

 

●アップデート(update)

スマホやパソコンを使っていたら、

「最新版へアップデートしてください」と表示されることがありませんか?

 

「update」を訳すと「更新する」や「最新の状態にする」という意味になります。

スマホやパソコンが表示している通り、最新版へ更新をすることがアップデートです(>ω<)

情報を新しくしたり不具合を改善するために、最新の状態へ更新してください。とお知らせしてくれているんですね。

がらっと変わるというよりは、大きな部分は変わらずに不具合部分を修正するイメージです。

 

 

ただ、最新版に更新したら使いづらくなった…なんてこともあるので、アップデートをする前に何が変わるのか確認することをおススメします (・ω・)ノ

 

 

 

●アップグレード(upgrade)

「upgrade」は直訳すると「水準を上げる」「品質をよくする」「格上げする」などの意味があります。

アップデートとの違いが分からなくなる事が多いですが、アップグレードは基本的に「性能の向上」がメイン!

新しく機能が追加されたり、仕様が変更されたりして、全体的に高性能なものに変えることですね。

そのため、アップグレードは「新しいもの」として提供する時に使われることが多いです。

 

 

「新しいバージョンがあります。アップグレードをしませんか?」とスマホやパソコンでの表示のされ方も違う気がします( ゚ω゚)

 

 

 

●バージョンアップ(version up)

バージョンアップってよく聞きますよね。

新しい機能の追加や、不具合の修正などで機能を強化することなので、ほぼアップグレードと同じ意味です。

多くの場合、同じ意味で使われるので、基本は「アップグレード=バージョンアップ」で大丈夫です。

 

まれに違う意味で使っていることもあるので気をつけましょう(>ω<;) 

 

 

 

 

2017.09.11.色んなパーツを簡単に追加♪ その3

皆さん、こんにちは(・ω・)ノ

中村@新人です。

 

前回の「Groopで作ってみよう」で紹介したスライダー(≧ω≦)

右から左に流れる一番オーソドックスな物を紹介しましたが、Groopでは色んな動きのできるスライダーも用意しています!

 

 

***  エフェクトスライダーは種類が豊富!  ***

 

スライダーの変更や追加は前回紹介した方法と同じ♪

いつも通り右クリックをしてメニューを開いて「パーツを変更」を選択します。

 

パーツ一覧の「その他」から今回はエフェクトのかかるスライダーを選択!

 

 

変更後がコチラ↓ 

 

 

あれ? 変わってない? と思うほど、

見た目は一緒ですが、実は編集画面がちょこっと違います。

 

 

エフェクトの選択リストが入ってます!

名前が英語なのでちょっと分かりにくいかもしれないのですが、全て違う動きなのです。

 

動きが分かりやすいように水色と黒の画像を入れてエフェクトを試してみました(´・∀・)っ 

 

 

たくさんありますが、これは動きが分かりやすいものをピックアップした一例★

種類が多くて結構選ぶのが大変でした(>ω<;) 

 

「静止画じゃわからないよ!」と、思うかもしれませんが、

そこは使ってみてのお楽しみ♪ ということで(≧ω≦)

 

 

 ↓↓↓ Groopを試してみたくなった方はこちらからどうぞ ↓↓↓ 

 

 

 

2017.09.04.初心者さんのためのミニWEB語録 *** HTML ***

 

皆さん、こんにちは(・ω・)ノ

中村@新人です。

 

今回はホームページを制作する上で絶対に切り離すことができないHTMLについて簡単に説明します。

 

●HTML(HyperText Markup Language)

HTML(エイチティーエムエル)はWEBサイトを作る時に使用するマークアップ言語という特別な言語です。

例えば…

こんな感じ。

 

これは今回のブログのHTMLで編集している画面です。

Groopのブログ編集画面の左上に「ソース」ってありますよね。

そこを選択するとこの画面に切り替わります。

 

記号とか英語がいっぱいですよね!!(>ω<;)

このややこしい文章は「ソースコード」と言います。

「<>」で囲われた「HTMLタグ」を組み合わせて作られているパソコンのための文章になります。

 

上の画像はどちらも同じ内容なんです(>ω<)!!

 

Groopは見たまま編集をすると自動的にソースコードを作ってくれるので、これまで中村@新人が書いたブログでは、こういった部分をあまり紹介していませんでした。

ただ、HTMLタグを少し知っているとブログを書くとき等にやっぱり役に立ちます。

 

 

さて、ここからはWEB勉強中の中村@新人がいつも使っている「HTMLタグ」をちょこっと紹介しますね。

 

● <p> 段落を指定する </p> 

「 <p> </p> 」は段落を指定するためのタグです。

このタグに挟まれている文章は1つの段落となります。

 

ブログを書いていて改行が上手くいかない…なんてことがあった方!

このタグにスペースを入れると改行もできます。ぜひお試しください♪

 

 

 

● <h3> 見出し用 </h3> 

「 <h3> </h3> 」は、見出しを作るためのタグです。

「h1」「h2」「h3」「h4」と数字の違う物がありますが、これは見出しを内容によって振り分けるため等に使います。

中村@新人はブログの中の見出しで使うのは「h3」と決めて使ってます。

ちなみに、見たまま編集の時は「フォーマット」という部分が見出しを選ぶ部分です。

タイトルになる物などに使うと強調されるので見やすくなります。 

 

 

他にも使っているHTMLタグがあるのですが今回はここまで!

まだまだ勉強中なので、これから少しずつ覚えたHTMLタグを紹介していけたらと思います♪ 

 

 

 

無料で今すぐ作ってみる

ブログ内検索

フィード

分からないこと、聞きたいことご相談頂ければわかりやすく・丁寧にお答えいたします。

PAGE TOP