HP運営ブログ

カテゴリー: 筆者:川畑 のアーカイブ

2015.11.10.ランディングページとは?

おはようございます川畑です

 

さて、本日は「ランディングページ」についてお話ししたいと思います。

そもそもランディングページってなに?と思われる方も多いと思いますのでホームページとはどう違うのか?

簡単にですが、ランディングページの重要性について説明していきます

 

ランディングページって?

ランディングページとは、簡単に言うと、広告をクリックされた時に表示されるwebページの事をランディングページと言います。

 

ランディングページは言わばweb上のチラシと思って下さい。

商品やサービスを宣伝して、売るために商品の特徴やサービスの詳細内容を書いたり、そのランディングページを見てお客様に興味を持ってもらう事を目的としています。

 

 

ホームページとランディングページの違いは?

ホームページはその企業や店舗の詳細全体を紹介するためで、どのような事業を行っているか、どんなサービスを実施しているかなど、お客様に自分たちはどんな事を提供できるかを知ってもらう為のものです。

 

ランディングページは売れ筋商品だったり、期間限定のサービスだったり、推していきたい商品やサービスについての特徴や詳細を細かく書き、問い合わせボタンや、資料請求ボタンを目立たせる事によって、お客様に興味をもってもらい、次のアクションを起こしてもらう事を目的としたページです。

 

 

なぜランディングページが必要なのか?

ホームページは色々なページがあり、多種多様の情報が盛り込まれています。

なかにはお客様にとっては不必要な情報も入っているので、必要としている情報が得られず、そのまま帰ってしまわれる可能性もあります。

しかし、ランディングページは特定のターゲット層を決め、そのターゲットに対して重要な情報を提供する事ができるので興味を持たれやすいです。

また、不必要な情報を入れないため、ページの移動などがなく、問い合わせや申し込み・購入などがしやすいページなので、このランディングページの 出来によっては売り上げが倍増する事もあります。

 

 

 

 

人の心理についてですが「選択肢の法則」というものがあります。

人は選択肢が多ければ多いほど、ストレスを感じ、ストレスを感じてしまうと最終的になにも選ばないという結果に繋がりやすいのです。

しかし選択肢を絞り込んで少なくする事で、心変わりや迷いをなくし、ストレスを削減する事によって人は選びやすくなるという心理を持っています。

つまりホームページ上には色々な情報(選択肢)があります。

お客様が「この商品ってどういったものなんだろう」と思い、ホームページを見ても不必要な情報が多いため、興味が湧かないという事があるという事です。

ですが、ランディングページにはお客様が求めている情報が多いため、その分興味を持ちやすく、心変わりせず選びやすいという事です。

 

 

と、簡潔にご説明するとこんな感じです。

ランディングページについておわかりいただけたでしょうか?

次回は『ランディングページを作る時に気を付けること』をテーマで記事を書きたいと思いますので、ぜひ参考にしてみて下さい

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
にほんブログ村

 


インターネット・コンピュータ ブログランキングへ

2015.11.05.その会議本当に大丈夫!?

おはようございます。本日の担当は川畑です。

 

今日は、技術面ではなく、仕事で行き詰った時の対処法についてお話ししたいと思います。

 

お仕事をしていて「アイデアが浮かばない...」「いい企画が思い浮かばない...」「イメージはできているのに上手く表現できない...」

 

どの業界の方でも、このような経験をした方は多いと思います。

そんな方に一度試してもらいたいのが「ブレインストーミング」です。

 

ブレインストーミングとは会議方法のひとつで、アイデアを出し合い、そこからの連鎖反応やアイデア同士を結合させて違う発想を生み出すというものです。

簡単に言うと、一つの企画を一人で考えるとなれば、1〜10までの事を考えなければいけません。

そうなってくると責任感やプレッシャーから浮かぶものも浮かばなくなってきます。

 

ブレインストーミング(以下ブレスト)をするにはいくつかのルールがあります。

  • 複数人で行う(5人〜10人)
  • 否定的な答えはださない
  • 質より量を優先
  • 奇抜なアイデアでも軽視しない
  • アイデアを整理する

 

複数人で行う

まず、アイデアを出すにあたって、人数が多いほど色々な観点から意見が出やすいので、最低でも5人で行ってください。

 

否定的な答えはださない

人は否定的な言葉を言われると、反射的に萎縮してしまいます。

例えば「それは面白くない」「それをやって効果はない」などと全面的に否定をされると、その後の意見も言えず、発言する意欲をなくしてしまいます。

面白くない、意味がないと思ったとしても「それを別の意見を組み合わせたらどうなるんだろう?」という考えに切り替えてみてください。

 

質より量を優先

ブレストでは答えや結論を求めません。

具体的なアイデアよりも様々なアイデアを出し、そこから新たなアイデアの発想を目的としているので思いついた事があればどんどん提案してみてください。

 

奇抜なアイデアでも軽視しない

奇想天外な意見を発言するには勇気がいりますが、そんな奇抜な発想から思いもしなかったアイデアが生まれる事もあるので、奇抜なアイデアこそ重視しましょう。

 

アイデアを整理する

ただ単に意見を出し合っているだけではいけないので、アイデアを整理して、アイデアとアイデアを結合してみましょう。

ちょっとした変化や、アイデアを結合する事によって新たなアイデアを生み出していきましょう。

 

 

と...ブレストにはいくつかのルールがあるとは言いましたが、ブレストに大切なのは重々しくならないこと!!!!

 

「時間空いてるしブレストでもしようか!」ぐらい軽い感じで声をかける事によって緊張せずに、意見も出しやすくなります。

ブレストは経験や知識、年齢や役職は関係なく、意見の尊重を心掛けて行ってみてください!

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキングへ

2015.10.30.売れるネットショップとは?~商品撮影編~

おはようございます本日の担当は川畑です

今までにネットショップについていくつか記事を書いてきていますが、今日は「商品を綺麗に撮影する方法」について書きたいと思います。

ネットショップも開設した、周知広告も出した、けれども商品画像がイマイチ...というお悩みをお持ちの方は参考にしてみて下さい

 

過去の記事

 

光が重要!

どれだけ高画質のカメラで撮影したとしても、写真自体が暗いと見栄えが悪くなります。

かと言って、屋内の蛍光灯の光だけだと、変な影が入り込んだりして不自然な写りになってしまいます!

そこでオススメなのが...太陽光!!!!

太陽光であれば写真自体も明るくなり、なおかつ自然な写りになります。

ただ太陽光は天候の状況次第でバラバラの写りや、時間帯によっても違った写りになるというデメリットもあります...。

 

なので、手堅く簡易撮影キットを使用する!

撮影キットと言っても、プロの人が使っている大きな撮影キットではなく、Amazonや楽天で折り畳み式の机の上でできる簡易撮影キットが販売されています。

価格も5000円〜10000円とお手頃で、これを使えば変な影も入らず、自然な感じで簡単に撮影ができます!

 

実際に、撮影キットで撮った写真がこちらです

変な影が入ったりせず、蛍光灯の光だけで撮るより明るく映っています。

さらにこれをスマホのアプリやカメラの機能を使って、明るさ補正をかけていきます。

 

補正をかけると...

明るくなりましたね!

 

ただ、これだけだと味気ないというか、寂しい感じです...

さらに明るくして、文字も入れちゃいましょう!

それっぽくなってきました!

 

ワンポイントアドバイス

アクセサリーや服飾を商品にするならば、実際に着けている画像(着画)を載せている方が、お客様からしてもイメージが湧きやすいので、できるなら着画を撮っておきましょう!

 

そしてこれをさらに1枚の画像にしてみると...

ただ単に商品単体を写すだけより、商品のサイズ感がわかりやすく、見やすい写真になりました!

 

また、小物関係(この場合だと指輪を載せている三角コーン)などを利用すると、お店っぽい見せ方にもなります

貝殻や砂を利用すると季節感がでたりと、小物も使い方次第で色々なシチュエーションを表現できる重要なアイテムです

 

 

お金をかけずに撮影したいという方は、商品の下に白い板や机を置くだけで多少明るくもなりますし、LEDライトを持っている方は、横から光を当てるのではなく上からあてると、綺麗に撮れます。

 

ちょっとした工夫で綺麗に写真を撮る事ができるので、皆さんも自分に合った方法を考えてみてください

 

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村


ウェブデザイン ブログランキングへ

2015.10.22.ネットショップを開設したいと考えている方へ

おはようございます本日のブログ担当は川畑です

今までに「売れるネットショップとは?」をテーマに記事をいくつか書きましたが、今までの記事をご覧いただき「集客・運営方法はなんとなく理解できたけど、そもそもどうやって開設すればいいの?」という方もいらっしゃるかもしれません。

 

そんな方のために今日は「ネットショップを開設するには?」をテーマに書きたいと思います。

 

ネットショップを開設している人は、自分でサイトやシステムを一から作り、運営している方や、yahoo・楽天のネットショップを利用している方がいます。

 

色々な開設方法がありますが、今回は弊社の「Groop」を使った開設方法をご紹介します!

 

Groopでのネットショップ開設はワンクリック!

上の画像のようにコントロールパネルの中に「オンラインショップ」という項目があるので、ここをクリックするだけ!

これだけで、あなたのサイトがネットショップに変わるんです!

 

細かな設定が可能な管理画面!

クリックすると下の画像のようにショップの管理画面になるので、販売したい商品をアップしたり、顧客管理を行う事ができます!

後は販売商品に価格を設定したりパーツレイアウトで表示の変更だったり専門知識がなくてもマウス操作だけでネットショップを運営する事ができます!

支払い方法の設定や配送設定、CSV管理など細かい設定ができるので、あなたの思うがままのネットショップが作れちゃいます!

 

ご興味のある方は、詳細を見てみて下さい 機能一覧へ→

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ にほんブログ村 人気ブログランキングへ

2015.10.19.副業でもOK!Groop紹介パートナー制度!

おはようございます本日の担当は川畑です。

今日は弊社の「ストック型の報酬ビジネス」についてご紹介したいと思います

 

ストック型報酬ビジネスとは?

まず、ホームページに関する知識は必要なく、弊社のクラウド型CMS「Groop」を他のお客様にご提案・ご紹介をしていただくだけで、顧客数に応じて収入が得られるという制度です

 

この報酬型ビジネスを始めるのは個人でも法人の方でもどなた様でも構いません。

登録料も契約ノルマも一切かかりませんので安心してご利用いただけます。

 

こんな方にオススメ!

  • ホームページを運用したいという顧客をお持ちの法人の方
  • ネットビジネスで収入を得たいと考えている個人の方
  • 専門知識がいらない副業をしたいと考えておられる方

顧客数が増えれば増えるほど毎月の収入がアップします!

 

 

Groop代理店としてのメリット

Groopをご紹介いただき、各プランをご利用いただいた翌月分より毎月¥3,000-の報酬が代理店様に支払われます。

 

Groopのセルフ50プランは初期費用¥12,800-〜と格安プランもあるため、低価格でホームページを制作・運営したいという顧客をお持ちの方には最適です。

ご契約がない月でも、ご契約いただいたお客様がご利用中の期間は常に報酬を得る事ができます。

 

その他の詳細については弊社「Groop紹介パートナー制度」にてご確認ください。

 

にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
にほんブログ村

 


開発・運営 ブログランキングへ

 

2015.09.16.ホームページってどうやって作るの?

おはようございます

 

今日のブログ担当は川畑でございます

早速ですが、みなさんはホームページがどうやって作られているかご存知ですか?

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、知らないという人のためにホームページ開設についてQ&A方式でご紹介したいと思います

 

 

Q.ホームページを開設するのはどんな人?

A.ホームページを利用している人はほとんどが法人です。個人で開設している人もいらっしゃいますが、その目的も大体が自宅ネイルサロンだったりショップをお持ちの方がほとんどだと思います。中にはブログを書いたり趣味の事を掲載する目的としてホームページを開設してる人も少なからずいます。

 

Q.ホームページ作るのって難しいの?

A.基本知識があれば、ある程度は作れます。人によっては独学でなんとかなると言う人もいらっしゃいますし、学校や講師の人に教えてもらわないと習得できない...と言う人もいます!基本的にHTML・CSSだけで制作するなら特にそこまで知識がなくともできます。しかし動く画像やエフェクト効果を付けたいとなると、ある程度の知識を身につけなければいけないので時間もコストもかかってきます。

 

Q.ホームページってどこに頼めば作れるの?

A.普通は制作会社に頼みます。しかし、制作会社によっては費用が高かったり、デザインやレイアウトが要望通りにいかない事もあるので、ホームページの知識を持っている人は自身で制作する方が、低コストで好きなデザインに仕上げる事ができるから自主制作の方が言いという方もいらっしゃいます。しかし、それなりの基本知識が必要になってくるので全く知識がない人だと自主制作はオススメしません。

 

Q.制作会社に頼んだらまずなにをすればいいの?

A.まずはサイトコンセプトを決めましょう。どういった目的で作るのか?どのような客層をターゲットにするのか?などを制作ディレクターの人と打ち合わせの段階で要望を伝えましょう。

 

Q.サイトコンセプトが決まったら?

A.狙ったターゲットに対してどういう情報を伝えたいのか、または何を強みにしてどう売り出していきたいのかをまとめましょう。

 

Q.写真や画像は用意した方がいいの?

A.できるだけ用意してもらってた方が制作者の人もサイトイメージが湧きやすく、ユーザーにも情報が伝わりやすいので、できるなら自身で写真を撮って掲載してもらうようにしましょう。またイラストなどは依頼すれば制作してもらえますが、制作会社によっては追加料金が発生する場合もあります。

Q.デザインはどんな感じがいいの?

A.デザインは十人十色です。デザイナー・ディレクターさんとどういった内容のコンテンツを置きたいか、サイトカラーは何色にするかなどを相談しながら、方向性に合ったデザインにしましょう。

 

Q.画像の形を変えたり、画像を動かしたりしたいんだけど...

A.JavaScriptやFrashを組み込めば様々なエフェクトをかける事ができますが、時間がかかったりコストがかかったりもします。 また、ユーザーの環境によっては処理速度が遅く、読み込めない可能性もあります。

 

Q.費用はどれくらいかかるの?

A.制作会社に1つのホームページ制作を依頼した場合の平均相場は約30〜50万といったところでしょうか。制作会社によってはサーバー代や管理費用を月額で請求される場合もあります。自主制作した場合はサーバー代ぐらいしか費用はかからないのでコストは抑える事ができます。

 

Q.更新やレイアウト変更をしたい時はどうすればいいの?

A.制作会社に依頼します。依頼をすると更新はしてくれますが、内容によっては時間がかかったり追加料金を払わないといけなかったりもしますが、その分自主制作ではいつでもどこでも気軽に更新できるといったところはメリットではないでしょうか。

 

 

さて、ここまでいくつかホームページ制作についてご紹介しましたが、弊社が運営している「Groop」は初期費用を抑え、ホームページを開設する事ができます
また、更新にかかる手間やコストなど感じる事がなく、簡単操作でいつでもどこでも編集・更新できるのが「Groop」なのです
無料でお試ししていただけるので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはコチラ

 

 

2015.09.08.ホームページとブログの違い

みなさんこんにちは!今日の記事を担当させていただきます川畑です☆

 

本日のテーマ『ホームページとブログの違い』!!

 

みなさんはホームページやブログという言葉を聞いて、どのようなイメージが湧きますか?

「ホームページは色々できて...」「ブログは日記のようなもの...」といった漠然としたイメージはつきやすいと思います。

 

そこで本日は、「ホームページとブログの違いについて」と、それぞれのメリット・デメリットをまとめていきたいと思います。

 

 

【ホームページとブログの違い】

まず、ホームページを作るには基本的なHTMLやCSSの知識が必要です。

現在では「初心者でも簡単に作れるソフト!」「無料で簡単にホームページ作成!」といった専門知識がなくとも誰でもホームページが制作できるようになってきていますが、それでも知識は最低限あればそれだけクオリティの高いホームページが作れます。

ホームページの利点は、なんといっても情報量の多さだと思います。

ユーザーが求める情報を、常に品質の高いものにしておく事で新規のユーザーを増やせますし、コンテンツごとに内容を分けて整理する事ができるので、ユーザーが求めている情報を探しやすくなっています。

ブログに関しては、日記のように画像を貼り付けたり、文字を装飾したりできますが情報量がホームページと比べると少ないので、ユーザーが求める情報を提供する事が多少難しいかもしれません。

しかし、固定客やリピーターのコンバージョン獲得にはブログを有効的に活用する事で、売上アップや集客率アップに繋がりやすくなります。

 

 

~ホームページのメリットとデメリット~

メリット

 

●自由度が高い(レイアウト変更も自由)

ホームページ上ではデザインからレイアウトまで自由に変更する事ができます。

イメージカラーや、見やすくて情報量が多いホームページにする事でユーザーからの問い合わせや、成約に繋がり売り上げを伸ばす事ができます。

 

●様々な情報を掲載できる

ユーザーが求める情報をページ毎・コンテンツ毎に分ける事で、どのようなサービスがあってどのように提供できるかなどを細かく掲載できるので、よりユーザーの興味を沸かせる事ができます。

 

●ユーザーからの信用性に繋がる

今やwebマーケティングは大企業はもちろん、中小企業や自営業の人までかかせない存在となっています。

ネット社会と言われているこの時代にホームページを持っていないというだけでユーザーからは「この会社は本当に信用しても大丈夫なのか?」という不安を持たれる事も少なくありません。

ホームページに会社情報や理念などを掲載する事によってユーザーに安心感を与え、また、情報やサービスをユーザーに発信する事でお客様離れを減らし、リピーターを増やすことができるので、ホームページを制作するという事は、利益アップ+信用性を得る事ができるのです。

 

デメリット

 

●制作費用がかかる

ホームページを制作するにあたって、かかる費用は制作会社によって異なりますが、主に(ディレクション費用、デザイン費用、コーディング費用、ドメイン費用、管理費用)となっています。

制作するホームページのページ数やコンテンツ量、その他のスマホ対応などオプションなどを付ければそれだけで費用は多くかかってしまいます。

制作の費用の相場としては20万~70万と幅が広く、最低でも数十万は必要となってくるので個人でホームページを持つことはなかなか厳しいです。

 

●更新が手間

自分で制作するソフトを使えば簡単だとは思いますが、そういったソフトはカスタマイズ性に欠けます。

制作会社に、更新やレイアウト変更を依頼すればそれだけでお金がかかってくる事もあります。

自分自身で制作すればお金はかけずに済みますが、それなりに専門知識が必要になってくるので簡単に更新というのは難しいかもしれません。

 

 

 

~ブログのメリットとデメリット~

メリット

 

●専門知識がなくても大丈夫

ブログは簡単に言えば、文字を打てる人であれば容易に更新する事ができます。新着情報やお知らせ、日常の出来事などSNSに書き込む感覚でできます。

現在ではアメーバブログやはてなブログといった、登録すれば簡単に自分のブログページを作る事ができます。

 

●費用がかからない

先程言ったように、メールアドレスさえあれば無料で作らせてもらえるサービスがあるので、費用がかかりません。

ただし、無料なだけあってカスタマイズや、できる事に色々と制限されている事が多いです。

 

●更新が簡単

ブログの大きなメリットとして、記事を更新するには時間もコストもかかりません。いつでもどこでも好きな時に更新ができるので、ちょっとした内容の記事やイベントのお知らせなど、自身の好きなタイミングで掲載できる事が魅力だと思います。

 

デメリット

 

●勝手に削除されてしまう事がある

ブログに投稿した記事の内容によっては、運営会社から不適切とみなされ勝手に削除されてしまう可能性があります。また投稿する内容が不快を与えるような記事であれば炎上(コメントでバッシング)する可能性もあるので、注意が必要です。

 

●情報量が少ない

ホームページはページやコンテンツ毎に情報を掲載できますが、ブログだと掲載できる情報量には限りがあります。

情報が時系列になりがちなので、ユーザーが求める情報をうまく伝える事が難しいと思います。

 

 

 

 

 

それぞれのメリットとデメリットをまとめてみましたが、参考になったでしょうか?

ホームページにブログ機能を付けたり、ブログ型のホームページを作るソフトもあったりするので、予算や活用方法などに合わせて、最適なweb制作ができればと思います!

 

 

ちなみに弊社のGroopもホームページを簡単に作る事ができますので、よければこちらもご覧ください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

無料簡単作成

http://searchweb-create.com/free-1week/

  1 / 1  

無料で今すぐ作ってみる

ブログ内検索

フィード

分からないこと、聞きたいことご相談頂ければわかりやすく・丁寧にお答えいたします。

PAGE TOP