HP運営ブログ

カテゴリー: アクセス解析 のアーカイブ

2016.02.04.アクセス解析初心者が、すぐにできる「検証の仕方と仮説の立て方」

Web運営初心者のためのブログ連載記事|アクセス解析で営業できるホームページを育てる!  『3分でわかるGoogleアナリティクス』第5回です!

Web運営初心者のためのブログ連載記事|アクセス解析で営業できるホームページを育てる!

3分でわかるGoogleアナリティクス』第5です!

KPIKGIを定めることによって、Googleアナリティクスの何を見て検証していけば良いのかが分かってきたと思います。

例えば、「問い合せ数を月に5件得る」とKGIを定めたとして、KPIは「毎日のユーザー数500件を目指す」としたとしましょう。

 

そのような場合まず確認するのは、Googleアナリティクスの「ユーザー数」となります。

まずGoogleアナリティクスにログインします。

ログインするとすぐ表示される画面は、左メニューでいうと 「ユーザー」 > 「サマリー」 となっているはずです。

画面は下記のようになっていますね?

 

Googleアナリティクス|ユーザー数

 

図内で赤枠で囲まれたところがユーザー数です。

ユーザー数とは、重複していないアクセス数です。

重複していないとは?

 

同じユーザーが3回訪れたとしても、1回とカウントされるということです。

 

では重複した数字はどこで解るのか?と言うと。

セッション数です。

 

Googleアナリティクス|アクセス数

 

ここで、「のべ」でのアクセス数が解ります。

 

Googleアナリティクスをまず見慣れるためにも、1つの指標を元にGoogleアナリティクスで関連する部分を毎日見るようにしましょう。

毎日見ることで、ある日「疑問」が起こります。

  • どうしてこの日のアクセスは増えたんだろう?
  • ユーザー数は変わらないのに、セッション数が多いな。どうしてだろう?
  • ユーザー数が一定と言うことは、ファンができたの?

などです。

疑問が起きたときが「チャンス!」。

自分なりにその要因を考えてみます。

 

例えば、「ユーザー数は変わらないのに、セッション数が多いな。どうしてだろう?」という疑問に対して、

  • 何か気になる記事があるから?
  • 何かの参考にされている?
  • サイトを利用して勉強している?

など。

考えられる「要因」は新たな「疑問」を生みますね。

すること続いてこのような「疑問」が起こるかもしれません。

  • どのページの人気が上がっているの?
  • どのジャンルの記事を読んでくれているの?
  • 一番アクセスのあるページはどれ?

という風に、連鎖して出てくる「疑問」への「解」を、更にGoogleアナリティクスを利用して調査していきます。

 

調査した結果、ある特定のジャンルの記事へのセッション数が増えているということに気付くかもしれません。

そうした場合、次に考えるのは、

『 このユーザーは何を解決したくて、そのページをみたのか? 』

訪れてくれた人の、状況や環境などを想像していきます。

ユーザーの気持ちになって考えてみましょう。

 

いろいろな想像ができると思いますが、いったん考えられることを全部洗い出して、まとめます。

そしてある1つの仮定に絞り込んでいきます。

 

その仮定を持って、その人が「問い合せ」へ行動を移すために、何が必要で何を省くと良いのか?

と考え「対策」を立てていきます。

「対策」を立ててたら「実行」です。

「実行」したら、また「検証」を行ないます。

アクセス解析を取り入れるということは、この繰り返しです。

 

このようにアクセス解析で分析を行って、生きたホームページ、営業のできるホームページへと育てていくんですね。

作ったホームページに息を吹きむようなものです(*⌒∇⌒*

じみーーーに時間がかかりますが、やり慣れてくると結構楽しいですよ

 

今日はここまでです。

今日もお読みいただいてありがとうございます!!

 

 

 

2016.01.22.ホームページで成果(結果)ができない人が、成果(結果)達成するためにまず見直す部分

Web運営初心者のためのブログ連載記事|アクセス解析で営業できるホームページを育てる!

Web運営初心者のためのブログ連載記事|アクセス解析で営業できるホームページを育てる!

3分でわかるGoogleアナリティクス』第5

 

ホームページでなかなか成果(結果)に結びつかないという方へ

ホームページの目的は絞り込まれていますか?

ホームページの目的を絞り込むことが、成果(成果)に繋がります。

もし目的の絞り込みができてないようでしたら、是非1度見直しをお勧めします。

その理由を理解してこそ行動につながりますから、ホームページで成果(結果)を出したい方は、引き続き下記をお読みください。

 

以前の記事(アクセス解析導入★ホームページを成功に導く流れを知る!)で、

ホームページを運営すること自体が「目標」のはずですね。

と書きました。

 

そしてその中に「ホームページのゴール」についても書いていますが、この「ゴール」というものが、「ホームページの目的」の部分になります。

この「ホームページの目的」を絞り込むことが重要になってきます。

  

問い合わせも欲しい、求人も欲しい、商品も購入して欲しい「目的」が複数になればなるほど、ホームページにブレが生じます。

ブレが生じると、施策(行動)が散漫になります。

すると結果がついてこず、やってても意味がないという気分になってきて、どんどん運営自体がおっくうになりホームページを放置する

そして、意味はない!という結論に最悪至ってしまいます(^^;)

 

ですから、ホームページで結果を出したいなら、必ず「目的」は1つに絞ってください。

もし、複数の目的をホームページで達成したいなら、その目的ごとにホームページを準備してください。

それがホームページで成果(結果)を得るためには、とても重要な部分になるから絶対です。

 

そして、その目的を達成するためにアクセス解析を利用していくと成果に繋がるのです!

もっと詳しくお話したいところですが、本日はここまで!

 

 

2016.01.18.アクセス解析初心者が混乱しない「KPI」と「KGI」を確実に理解できる解説

Web運営初心者のためのブログ連載記事|アクセス解析で営業できるホームページを育てる!  『3分でわかるGoogleアナリティクス』第4回です!Web運営初心者のためのブログ連載記事|アクセス解析で営業できるホームページを育てる!

3分でわかるGoogleアナリティクス』第4です!

 

Googleアナリティクスの記事は少々間が空いてしまいましたね。

前回は「女性にも子供でもわかる!? わかりやすいKPIのごにょごにょ」と、KPIについて記事を書かせていただきました。

 

KPIと一緒に良く出てくる言葉としてKGIというものがります。

これは「重要目標達成指標」とされ、ホームページのゴールを何をもって達成とするかという指標を表します。

  

なんだか難しい表現ですね?

これを簡単に分解していきます(^^

 

例えば、そうですね・・・

読書を例にとって説明してみましょう!!

 

『月に10冊の本を読む』

そのために

3日で1冊を読み終える』

という小さなステップを決めることができます。

そしてこの数字があるおかげで、目標に近づいているかを見直す事ができます。

  

ここに、KGIKPIを当てはめると

 

『月に10冊の本を読む』  KGI

3日で1冊を読み終える』  KPI

 

ということになります。

このように小さなステップを基準として設けることで、目標達成までの道のりを短くすることができます。

ここでは必ず『数字』でわかるものを「指標」とすることが重要です。

 

またここで数値を達成しなかったから「×だめ!」ということではありません。

Webは生き物のようなものですから(^^;)

 

KGIを設け、KPIを指標として施策を繰り出す。

その指標を達成したり、超えるときもあれば、達成出来ないときもあるでしょう。

その時に、

 

  • どうして達成できた、達成できなかったのか?
  • どのような要因が考えられるのか?
  • この経験から次回は、どのような施策を講じることができるのか?

 

と見直すことが重要なんです。

 

そうすることで、達成出来なかった数字を達成できる。

予想以上に結果が出せるということに、つながっていくのです。

 

×ダメ」と決めつけで評価をしてしまっては、もったいないのです!!

 

だって、それまでいろいろ施策を考えたはず。

  • こうしたら良いかも?
  • こんな工夫はどう?

と。

そうではありませんか?

 

その時間は短かったかもしれませんし、長かったかもしれません。

いっぱい調べたかもしれませんし、調べてなかったかもしれません。

どちらにせよそのかかった時間、調べた時間、知恵、工夫

それらは全て「〇」です!

 

聞いたことがあるかもしれませんが、先人たちも言っています。

 

*********

失敗したわけではない。

それを誤りだと言ってはいけない。

勉強したのだと言いたまえ。

(トーマス・エジソン)

********* 

間違いを犯した事の無い人というのは、何も新しいことをしていない人のことだ

(アインシュタイン)

*********

  

行動したんです。

何らかの「結果」を得たんです。

それを次に生かせば良いだけです(^^

 

なぜここに力を入れるかというと、結果をただ「失敗」と見做し、そこで諦めてしまう人が結構多いからです(^^;)

傍で見てて、とても残念なんです。

 

いくらでも私たちは成長できますもの!

是非、次へつなげてください。

 

KPIKGIの理解とともに、このマインドセットも覚えておいてください(^^

アクセス解析を見てホームページを分析する。

それは楽しいことだし、諦めさへしなければ成果につながることですから!

 

今回言葉の説明のみにしようとしたのに、変に熱くなりました(^^;)

 

今日はここまでです!

また次回の記事も楽しみにしておいてくださいね。

 

2015.12.27.ホームページの売上アップに欠かせない無料アクセス解析ご紹介

ホームページの売上アップに欠かせない無料アクセス解析|アクセス解析とは

アクセス解析とは、ホームページに「いつ、どこから、どのくらい、どこへ」アクセスがあったかを分析するためのツールです。

有料のものから無料のものとありますが、こういった分析が好きでどんどん取り組める方もおられれば、苦手意識で逃げ出したくなる方もおられるので手始めは無料からチャレンジしてみるのが良いと思います(^^)

 

アクセス解析が必要なその理由

こちらのブログで何度となく「アクセス解析」という言葉は出てきているし、連載記事もあることから「必要である」ということは感じ取っていただけているのでは?

と思うのですが、一応(^^)

 

ホームページは作って終わりではありません。

ホームページは育てるものです。

 

そのためには目標を立て、現状を把握し、課題を見出し、仮説をたて、施策を行うという流れが必要です。

こういった流れを実践していくためには、ホームページを眺めていたり、今月はお客様が10人増えたな〜〜ぐらいでは具体的な課題も見えてきませんし、施策の立てようがありません。

何人の人が来たのか、どのくらいいろんなページを見てくれたのか、どのような流れで購入に至ったのか?などをしっかり分析することで、「アクセスを増やすためには?」「スムーズな購入につなげるためには?」「もっと記事を読んでもらうためには?」といったことをテーマに施策を繰り出すことができるのですね。

 

無料アクセス解析ご紹介

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスは多くの人が利用しています。また書籍も多く販売されている無料のアクセス解析です。

多くの人が利用しているということは、ネット上に多くの情報も出ているので困ったときに調べれば大方わかります。

また書籍も複数販売されているということで、ネットに弱くでも書籍から情報を仕入れることも可能です。

そして何より多くの方が利用するということは、それだけ信頼のおけるアクセス解析であるとも言えます。

Googleアナリティクスはこちら

 

アクセス・アナリティクス解析ツール【Ptengine

最近はこちらを利用する方も増えているようです。

その理由はGoogleアナリティクスにヒートマップという機能が付いたサービスだからだそうです。

ヒートマップというサービスは、ホームページを見られた方が、どこをクリックしたのかどのくらいクリックしたのかが見られるものです。

これは便利な機能ですね。是非確認したいところです。

ただ無料版ですと1サイト月25000PVまでの確認となっているようです。

Ptengineはこちら

 

FC2アクセス解析

こちらは結構前から使われているアクセス解析ですね。

バナーが表示されますが8秒程度で消えるので、使えるそうですよ!

FC2はこちら

 

忍者アクセス解析

こちらのアクセス解析を使っている方も時々見かけます。

私は使ったことがないですが、長く使われている方もおられるようなので要チェックですね!

忍者アクセス解析はこちら

 

無料で使えるものはいろいろありますので、是非試してみてください。

とにかく実践です!

実践してわかることってたくさんありますから(*⌒∇⌒*

 

本日はここまでです。

今日の内容が役に立った方は下記ボタンをクリックしていってください。

ブログランキングに参加していますのでよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
にほんブログ村

http://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_1072_1.gif
ウェブデザイン ブログランキングへ

 

 

ホームページ簡単作成Groop無料お試しはこちら

 

 

 

2015.12.16.女性にも子供でもわかる!? わかりやすいKPIのごにょごにょ

Web運営初心者のためのブログ連載記事|アクセス解析で営業できるホームページを育てる!『3分でわかるGoogleアナリティクス』第3回です!Web運営初心者のためのブログ連載記事|アクセス解析で営業できるホームページを育てる!

3分でわかるGoogleアナリティクス』第3です!

今日もわかりやすい説明を心がけて書いていきますよ~~~!!

  

前回の記事「アクセス解析導入★ホームページを成功に導く流れを知る!」はご覧いただけましたか?

なんとなくでも、どんな手順でアクセス解析を進めていくかイメージできたでしょうか?

まずは「全くわからない!」から「少しイメージができた」1つの成長です(^^)

 

で、前回の記事の中にKPIという記述がありました。

あえて前回はそれには触れませんでしたが気になった方もおられました?

少しずつ小分けにして説明した方がわかりやすいだろうということで、割愛させていただいたので、今回はKPI」とは?ということに触れていきます。

 

KPIという英文字だけで、「え〜〜」となる方もおられると思いますので、できる限り噛み砕いてわかりやすい説明をさせていただきますね。

KPIとはKey Performance Indicators(重要業績評価指標)の略語です。

 

『業績』『評価』するための『重要』『指標』と考えた方がわかりやすい方もおられるかもしれませんね。

 

前回触れた「目標」を達成すための施策がうまく行っているかを確認するためのものです。

 

目標は「指標」「数値」「期間」から成り立ちますと前回お話しました。

その中身は

 

指標

達成すべき内容を表したアクション

数値

設定した指標に達成するべき数量

期間

いつまでに掲げた指標と値を達成するか

 

でしたね。

忘れた方、まだ読んでない方は、『アクセス解析導入★ホームページを成功に導く流れを知る!』をご覧ください。

 

では具体的にどういうことか、実生活に置き換えて説明してみましょう。

例えば「レコーディングダイエットをして3か月後に5kg痩せる」という目標を立てたとします。

施策が「レコーディングダイエット」ということになりますね。

  

このレコーディングダイエットという施策がうまく行っているかチェックするためのポイントがいくつかありますね。

 

  • 体重の減り具合
  • ストレスの有無
  • 楽しい食事ができているか
  • 見た目が美しいか

 

このようにさまざまな角度から評価できますね。 

これらのチェックポイントや評価要素が「KPI(重要業績評価指標)」となります。

 

もっとわかりやすいKPIの説明となると

例えば「次の中間テストで数学は今より20点アップ!」としたとします。

そのためにできる施策は

 

  • 毎日1時間数学の勉強を実行する
  • 数学の得意な親戚のお兄さんに家庭教師を頼む
  • 小テストで100点を取る
  • 数学ドリルを1ヶ月で2冊する

 

などがありますね。

それらが達成できているか見るためのチェックポイントは

 

  • 1時間集中して毎日勉強ができているか?
  • 親戚のお兄さんに連絡をいれたか
  • 小テストの点数は何点だったか
  • 数学ドリルを何ページできたか?

 

などになります。

このようにこちらもさまざまな角度から評価できますね。 

これらのチェックポイントや評価要素が「KPI(重要業績評価指標)」となります。

 

ダイエットと中間テストの成績アップを例に説明させていただきましたが、ホームページで言うと

目標が「次月のホームページからの資料ダウンロード数を100とする」とした場合、

 

  • 新規アクセスはどのくらいあったか?
  • ダウンロードページにたどり着いたのは何人いたか
  • リピーター率はどのくらいか?
  • ページ平均滞在時間はどのくらいだったか?
  • ページ離脱率はどのくらいあったか?

 

このように見るとKPIはひとつではなく、いくつも設定することができます。

その中で「一番効果があり、実行が可能なもの」KPIに設定します。

実際のホームページ運営時にはこの「KPI」を見つつ、施策を加えていきます。

  

まずあなたのホームページの「目標」は何ですか?

目標を

 

指標

達成すべき内容を表したアクション

数値

設定した指標に達成するべき数量

期間

いつまでに掲げた指標と値を達成するか

 

上記のように考えて立てましょう。

 

そして目標を達成るするために必要なチェックポイントをいくつか出してみます。

 

  • その中で重要なものはどれでしょう?
  • より目標達成に近づけそうなものはどれでしょう?
  • 見極めをしやすいものはどれでしょう?
  • 施策を立てやすいものはどれでしょう?

 

このように考えて、出したチェックポイントで「重要であり且つ実行可能」なものに絞り込んでそれをKPIとしてください。

 

本日はここまでです(⌒∇⌒)

 

できる限りわかりやすいKPIの説明をさせていただきましたが、わかりやすいと感じていただけたでしょうか?

少しでも「そんな感じの事か!」「わかりやすい!」と思っていただけたなら、嬉しいです(^^)

これからも具体的且つわかりやすい説明を心がけていきますね!

 

このブログでは

アクセス解析ツールであるGoogleアナリティクスの使い方がわからない、分析や読み取り方がわからないと言う方のために、1記事3分で読める『3分でわかるGoogleアナリティクス』の連載を始めています。(*^^*)

他にも「目に止まる!興味を持つ!すぐ行動!効果期待の画像加工・画像作成講座」といった画像編集やバナー作成のブログ連載記事も始めています。

他の連載記事も企画中なので、これからも楽しみにしててください!

 

また楽しくワクワクとホームページの作成、運営、管理、更新に取り組めるような記事を、これからも書いていきますよ!

 

今日の記事も最後まで読んでいただきありがとうございます!

この記事が役に立ったという方は下記の2つのボタンをクリックしていってくださいね!

 

にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへ
にほんブログ村

http://blog.with2.net/img/banner/banner_21.gif
人気ブログランキングへ

  

 

2015.12.03.アクセス解析導入★ホームページを成功に導く流れを知る!

Web運営初心者のためのブログ連載記事|アクセス解析で営業できるホームページを育てる!

Web運営初心者のためのブログ連載記事|アクセス解析で営業できるホームページを育てる!

3分でわかるGoogleアナリティクス』第2

 

前回のアクセス解析のブログ連載記事「やっぱり必要だった!アクセス解析をする理由」 はご覧いただけましたでしょうか?

上記記事を読んでアクセス解析の導入を決められた方、たまたまアクセス解析の導入を検討されてこちらの記事にたどり着かれた方のため引き続きお話をさせていただきます(^^)!

 

できる限り分かりやすい言葉で解説していきますが、「分かりづらい言葉や表現につまづいたっ!」という方はネットで調べるもよし、コチラのコメント欄に質問を書いて頂いても良いですよ!

ネットで自分なりに調べるのは、本当に勉強になるし、身につくポイントでもあるので、調べるというクセはつけると理解への早道になります。

是非気になった部分は時間が許すのであれば、あれこれ調べてみてくださいね(^^)

 

アクセス解析の流れ

アクセス解析の導入は決めた!

しかし「何から手をつけて良いのか?」という方もおられることでしょう。

 

まずアクセス解析を行うにための大まかな流れの説明をします。

 

1.目標を決める

 ⇒具体的な目標を立てる(KPI

2.現在の課題の洗い出し

3.対策企画、他社ホームページの確認と比較

4.ホームページ利用

 ⇒気づきの洗い出し

5.ホームページ作成・ホームページ反映

6.運営

7.分析

 

という経過をたどりながら進めていきます。

 

7の「分析」の中身は下記になります。

 

1.アクセス解析ツールなどから気づきの発見・振り返り

2.レポート作成

3.施策の企画

4.目標の再設定

5.施策実施

6.施策評価及び分析

 

ではまず『ホームページ運営の目標』を決めていきましょう!

 

  

ホームページの目標を決める

まず運営されようとしているホームページ、または運営されているホームページの「ホームページ運営の目標」は決まっていますか?

多くの方は、

  • 売上アップ
  • 店舗への来店率アップ
  • 会員登録数アップ
  • 企業やブランドのイメージアップ

などではないでしょうか?

 

最終的には会社の業績アップを誰もが目指しているはずですが、その中でもホームページではホームページを見られる方(ユーザー)にどのような行動を行って欲しいのか?

その行動を取ることで、どのような結果を得たいのか?を具体的にしていきます。

この目標がないと、アクセス解析をしたとしても何をどのように分析するのかがわからず、アクセス解析を見てボーゼンとするだけとなってしまいます

 

またこの目標は「指標」「数値」「期間」から成り立ちます。

 

指標

達成すべき内容を表したアクション

数値

設定した指標に達成するべき数量

期間

いつまでに掲げた指標と値を達成するか

 

となります。

が文章で書くとわかりにくいですね・・・・

上から順に「指標・数値・期間」となるのですが、わかりやすく置き換えると「何か・どのくらい・いつまでに」ということです(^^)!

 

 

目標と目的の違いにも触れておきます。結構大切です(^^)

話はそれますが

目標と目的の違いをここで確認しておきましょう。

 

【目標】

目標は目的を達成するために立てるものであり、道しるべです。

できる限り具体的に内容を決めます。

ですから目標は「複数」存在する場合が多いです。

また目標は「過程」ととらえるとわかりやすいでしょう。

 

【目的】

目的は概念的なものであり、抽象的に掲げます。

そして、目的は「ひとつ」です。

 

ホームページを運営すること自体が「目標」のはずですね。

「目的」は業績アップと思われるでしょうが、業績アップによってどうなるかと掘り下げてスタッフ1人ひとりが「目標」を持つと、ホームページ運営にも1人ひとりのスタッフに力が入ります。

 

  • 会社としての目標
  • 社長としての目標
  • 課としての目標
  • スタッフとしての目標

 

とそれぞれの目標が実は目的の1つひとつだったりもします。

見る視点で目標なのか、目的なのかも変わってきますね。

ホームページの運営に携わる方は、個人個人の目的にまで落とし込んで仕事に励んだ方が、モチベーション維持につながること間違いなしです。

 

なぜこんな話をするかというと、アクセス解析を行いいろんな施策していくわけですが、スピーディーに結果が出るときも、出ないときもあります。

モチベーションが下がってしまう時もあるのんです(^^;)

だからこそ、自分自身の目的まで落とし込んでおくと良いと思いますよ!

 

 

ゴールを決める

と話はそれましたが、ホームページの目標は大きなものから小さなものまであると思います。

ホームページのゴールもきちんと見据えておきます。

 

ホームページのゴールとは「具体的なユーザーの行動」です。

指標につながるアクションですね。

例えば指標が「売り上げを上げる」とした場合、「購入ボタンを押す」というのがゴールになります。

 

具体的にゴールは

 

  • お問い合せを完了させる
  • 申し込みを完了させる
  • ページを閲覧を10分する
  • メールマガジン登録をする
  • 会員登録をする
  • 商品の購入をする
  • 他ホームページへの誘導する

 

などです。

ホームページのゴールも目標ですが、更に月に「10件の問い合せ」ということもしっかりと立ててください。

これがアクセス解析をする上での「指標と数値、期間」となりなります。

 

今日はこの「目標」をじっくり考えて設定してみてください。

しかし肩の力を抜いて、気軽に考えてくださいね!是非楽しみながら(^^)

 

このブログでは

アクセス解析ツールであるGoogleアナリティクスの使い方がわからない、分析や読み取り方がわからないと言う方のために、1記事3分で読める『3分でわかるGoogleアナリティクス』の連載を始めています。(*^^*)

他にも「目に止まる!興味を持つ!すぐ行動!効果期待の画像加工・画像作成講座」といった画像編集やバナー作成のブログ連載記事も始めています。

他の連載記事も企画中なので、これからも楽しみにしててください!

 

また楽しくワクワクとホームページの作成、運営、管理、更新に取り組めるような記事を、これからも書いていきますよ!

 

今日の記事も最後まで読んでいただきありがとうございます!

この記事が役に立ったという方は下記の2つのボタンをクリックしていってくださいね!

 

にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

2015.11.27.やっぱり必要だった!アクセス解析をする理由

連載ブログ記事|アクセス解析で営業できるホームページを育てる!『3分でわかるGoogleアナリティクス』

Web運営初心者のためのブログ連載記事|アクセス解析で営業できるホームページを育てる!

『3分でわかるGoogleアナリティクス』第1回

アクセス解析は本当に必要なのか?

  • 売上げが伸び続けてる
  • 集客は充分できている
  • リピーターが定着している
  • 新規顧客も続々来訪している
  • お客様のニーズを把握しきっている
  • お客様満足度80%を超えている
  • お客様の裏のニーズも掴んでる
  • ページ遷移も十分なだけなされている
  • 自社のウリがお客様に伝わっている
  • 自社の強みを社員一同充分に理解している

上記が全て揃っているなら、アクセス解析は必要ないでしょう。

 

アクセス解析とは何か?

ではアクセス解析とは何なのでしょう?

何のために利用している人がいるのでしょう?

 

まず、アクセス解析は下記のような施策ではありません。

  • 検索エンジン最適化(SEO対策)
  • リスティング広告
  • メールマガジン
  • コンテンツ作成
  • A/Bテスト

 

アクセス解析で

  • 検索エンジン最適化(SEO対策)施策の支援、評価、改善に役立ちます
  • リスティング広告の支援、評価、改善に役立ちます
  • メールマガジンの支援、評価、改善に役立ちます
  • コンテンツマーケティングの支援、評価、改善に役立ちます
  • A/Bテストの支援、評価、改善に役立ちます

 

アクセス解析を行うことで、ユーザーの動きを見ることができます。

そこから、

  • お客様のニーズが浮かび上がる
  • お客様の満足度が浮かび上がる
  • サイトやサービスの穴が浮かび上がる
  • 改善点が浮かび上がる
  • 継続点が浮かび上がる
  • 見えてなかった新しいサービス展開が見えてくる!

 

アクセス解析のツールにはどんなものがある? 

アクセス解析は有料のものから無料のものまで、いろいろなアクセス解析ツールがあります。

その中でGoogleアナリティクスは今や60%の国内上場企業が取り入れられているようです。
上場企業のGOOGLEANALYTICS使用率は?

 

Googleアナリティクスは、無料で提供されている優良なサービスだと信頼されれいてる方が多いということになるのではないでしょうか?

 

どのアクセう解析サービスを利用しても良いのですが、アクセス解析がなくとも、サイトの運営、構築は可能です。

 

アクセス解析すると即結果につながるの?

アクセス解析による、評価、改善には即効性はありません。

 

しかし、
勘や努力だけに頼らないので、効率的に評価、改善をが行なうことができます!

 

アクセス解析を取り入れ、

原因を見極めていくことで結果につながります。

原因を見極め今の行動、施策を変えることで想定以上の結果を手に入れることが可能になります!

 

さて、あなたはアクセス解析の導入を試みますか?

 

このブログでは

アクセス解析ツールであるGoogleアナリティクスの使い方がわからない、分析や読み取り方がわからないと言う方のために、1記事3分で読める3分でわかるGoogleアナリティクス』の連載を始めていきますね(*^^*)

また楽しくワクワクとホームページの作成、運営、管理、更新に取り組めるような記事を、これからも書いていきます!

 

今日の記事も最後まで読んでいただきありがとうございます!

この記事が役に立ったという方は下記の2つのボタンをクリックしていってくださいね!

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへ
にほんブログ村

http://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_1059_1.gif
アクセス解析 ブログランキングへ

 

2015.10.09.カスタムを利用しないアナリティクス日別表示2015最新

今週二度目の担当記事になります、Groop3号です。

さて、このブログを毎営業日更新していく、という試みも1ヶ月を越えて続いております。


実際に、ホームページ簡単作成システム「Groop」のアクセス数は当初に比べ明らかに増加しております。

SEOでは、アクセスがあればあるほど、さらなるアクセスを呼ぶと言われていますので、ここから先も地道な更新作業を続けていきたいと思います。


では、本題に入りまして、本日のテーマは以前の記事「無料アクセス解析ツール Google Analytics て何?」でご紹介した「グーグルアナリティクス」について、となっております。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)とは、作成したホームページに何人アクセスしてくれたか等を詳細に解析して教えてくれる、という無料でサービスです。

詳しくは以前の記事「無料アクセス解析ツール Google Analytics て何?」をご覧下さい。

グーグルアナリティクスには便利な機能がたくさんあるのですが、高機能ゆえに使い方が複雑になっています。今回はその使い方の一部を解説したいと思います。



グーグルアナリティクスの使い方講座1【日別表示】

グーグルアナリティクスを利用していると、日毎のアクセスがどれぐらいあるか、というグラフがまず最初に表示されているかと思いますが、さらにその日の詳細を見たい、と思ってもどこをクリックして良いのか分からない、という事は無いでしょうか?

まあ、まさに私がそのような状況だったのですが、ネットで検索してもカスタムを利用する方法しか見つからなかったので、実はもっと簡単な方法があるよ、というのをお教えしたいと思います。



まず最初に表示されるのは上記画像かと思われます。

上記画像の右上の赤い枠で囲んである年月日の場所をクリックして下さい。

すると、以下↓の画像のようなカレンダーが表示されるかと思います。



表示されたカレンダーを見てお気づきの通り、グーグルアナリティクスは通常、一ヶ月間のアクセスについての解析結果を表示してくれる設定になっているのです。

そこで、詳細を見たい日付をクリックすると、その日が開始日になるので、再度同じ日をクリックすることで終了日が同日となり、その日付のみの解析結果を表示してくれます。

同じようにして、解析結果を一週間分表示させたり、二ヶ月分表示させたり、あるいは一年前の同日の結果を表示させたり、という事もできます。


以上、グーグルアナリティクスの日別の解析結果の表示方法、及び解析結果の日付変更の方法について解説させていただきました。


それではまた次回、失礼致します。

2015.09.07.無料アクセス解析ツール Google Analytics て何?

前回に引き続き、今回のブログ記事もGroop3号がお送りいたします。

前回の記事で 「無料ブログサービスはビジネスでは使わない方が良い」という内容の記事を書きましたが、今回は逆に、「この無料サービスは使った方が良い」 というものを紹介してみたいと思います。

■無料アクセス解析ツール Google Analytics

https://www.google.com/intl/ja_jp/analytics/

Google Analytics(グーグル アナリティクス)は、作成したホームページに何人がアクセスしているか等を詳細に解析して教えてくれる、無料で利用できるサービスです。

アクセス数以外にも、どのリンク先から来たのかとか、何という検索ワードに引っかかったのか、等、ホームページにアクセスしたユーザに関する様々な情報を見る事ができます。

さらにGoogle Analyticsの機能について書きたいのですが、長くなってしまうので詳細についてご興味のある方は下記のサイトの解説をご覧下さい。


・ まるで教科書!初心者のためのGoogleアナリティクスの使い方【絶対保存版】
http://junichi-manga.com/google-analytics-manual/

・ GoogleAnalytics(アナリティクス)の使い方を徹底解説。
http://analytics.gary01.com/


さて、そんな便利な無料アクセス解析ツールGoogle Analyticsですが、それを「無料ブログ」で利用しようとすると、使う事ができなかったり、ある程度の知識が無いと難しかったりします。

つまり前回の記事に書いた、「無料ブログをビジネスで使うべきでは無い」の理由の一つに、「Google Analyticsが利用できなかったり、設置が難しいから、無料ブログは使うべきでは無い」というのがあるのです。

Google Analyticsの簡単な紹介と共に、今回の記事で付け加えさせていただきますね。


前回の記事から引き続きお読みいただいている方には、もうお気づきかとは思いますが、今ご覧になっている当サイト、ホームページ簡単作成シ ステム「Groop」でもGoogle Analyticsを利用しております。

それによって、アクセス数や検索結果の推移を見て、有効な集客SEO対策(検索結果)その効果等を、今後このブログ内でもご報告させてい ただこうかと考えております。


そんな当サイトが運営している、ホームページ簡単作成システム「Groop」では、Google Analyticsのアカウント作成から、設置までサポートさせていただきます

なので、無料ブログのようにGoogle Analyticsが利用できなかったり、設置が難しいという事は一切ございません。

ご興味のある方は是非、こちらの料金プランをご覧下さいませ。


http://searchweb-create.com/plan/

ではまた次回もよろしくお願いします。

  1 / 1  

無料で今すぐ作ってみる

ブログ内検索

フィード

分からないこと、聞きたいことご相談頂ければわかりやすく・丁寧にお答えいたします。

PAGE TOP