HP運営ブログ

カテゴリー: EC(オンラインショップ) のアーカイブ

2016.01.14.ネットショップ運営初心者の方へ「購買率の伸び悩み」を解消するたった3つのポイント

ネットショップで売上を上げたい!集客をもっと伸ばしたい!と悩みもがいている方も少なくないですね。

そこでオンラインショップを成功につなげるために必要な考え方のポイントをお伝えしようと思います。

 

まず売上を上げていくために大切な考え方の1つに「集客と接客は別物である」というものがあります。

これをごっちゃに認識している方が時々おられますが、まったくの別物です。

 

集客だけに力を注いでいても、接客の部分ができていなければ、せっかく人を集めてもさっさとお店を後にすることでしょう。

また接客部分だけに力を注いでいると、人はこないのに陳列ばかりに力を入れているようなものです。

 

どちらにも力を入れるべきなのに、集客のみについつい力が入りがちな人が多いようです(^^;)

 

今日はその「集客」と「接客」の中で「接客」のお話をさせて頂きます。

そうです。

接客の仕方で「購買率」が変わってくるからです!!

 

ネットショップ言う「接客」とは何でしょう?

リアルに人と対面しないだけに、難しいように感じるかもしれません。

 

しかしこの考え方もリアル店舗と同じように考えて大丈夫です。

重要なポイントとしては3つ。

  • 商品(サービス)作りを丁寧に行う
  • 商品(サービス)の価値をわかりやすくお伝えする
  • 安心できるサポート体制を構築しよう

ということです。

 

商品(サービス)作りを丁寧に行う

自社製造の商品やサービスであれば、お客様目線で丁寧に作り、手直しを施していきましょう。

もし既成製品を売っているのであれば、その商品(サービス)を誰に何を聞かれても答えられるくらい理解するように努めましょう。

 

商品(サービス)の価値をわかりやすくお伝えする

お客様は「安心」「信頼」を持って購入を決断されます。

不安な点が残らないよう、細部に渡って情報を提供するよう努めましょう。

 

安心できるサポート体制を構築しよう

購入した後もしっかりサポートしていきましょう。

それが口コミにもつながっていきます。

 

今回は簡単にかいつまんで説明しましたが、リアル店舗と何ら変わりはありません。

ただリアル店舗でもオンラインショップでも言えることですが、これを実行するには時間もかかります。

志や信念や商品(サービス)への愛着も必要です。

 

しっかりその部分を見つめて、何から始めるか検討してみてください(^^)

 

今日はここまでです。

今日の記事が役にたったと言う方は下記バナーをクリックしていってくださいね!

 

にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
にほんブログ村

http://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_1072_1.gif
ウェブデザイン ブログランキングへ

2015.12.17.【スクレイピング】import.ioを使う際のちょっとした使い方のコツ

今回は、以前記事に書いたスクレイピングについて。

【スクレイピング】import.ioを使う際のちょっとした使い方のコツ

以前の記事「オススメスクレイピング「kimono」と「import.io」」でご紹介した、import.ioというフリーソフトについてのちょっとした使い方の解説をしたいと思います。

ただし、私自身このソフトを使いこなせている訳では無く、簡単なデータ取得にしか使用していませんので、本当にちょっとした使い方のコツというか、「私はこうやってますよ、みなさんはどうですか?」という様な紹介になります。

 

まずはimport.ioの導入部分の解説をサラッと簡単にご紹介しておきます。

import.ioのサイトに行って、右上のSign upをクリックしてアカウント登録をします。入力項目はメアドとパスワードのみなので新規にアカウントを取得するので良いかと思います。

後はimport.ioのダウンロードを促されるので、指示に従ってダウンロードして下さい、英語ですが何となく理解する感じで大丈夫です。

import.ioを起動して、右上のnewを押すと、「どれを選ぶ?」という様な雰囲気のウィンドウが出ます。下に「詳細バージョンを表示」みたいな文章があるのでクリックすると、二つ項目が追加され、合計4つの項目が現れます。

四つの内、主に使用するのは、「Extractor」と「Crawler」になるかと思います。というか他の二つの機能と使いどころがイマイチ分からないだけですが。

「Extractor」というのは簡易バージョンで、「Crawler」が上位複雑バージョン、というのが私の認識です。細かい機能の違いやできる事等については理解していませんのであしからず。

※この記事を書いているのは2015年12月17日です。バージョン等が頻繁に変更されているようなので、上記の内容とimport.ioの操作や名称が変更になっている場合があります。

 

ここからは私がimport.ioを使う際の独自の方法論になりますが、まず前提として、web上からスクレイピングで取得したい必要なデータというのは、そのほとんどが検索結果のデータである事が多いです。

主に在庫管理等を想定しています、その場合商品検索などで出てきたwebページからデータを自動取得する事がほとんどになるかと思います。

なので、まず検索結果のページURLを手動で取得するのが私の方法です。

例えば当サイトのブログ記事アーカイブの場合ですと、以下のようなURLです。

http://searchweb-create.com/blog/1/

http://searchweb-create.com/blog/2/

http://searchweb-create.com/blog/3/

http://searchweb-create.com/blog/4/

検索結果ページというのは、かならず「 1 2 次のページへ」等のページネーションが付いていて、それぞれのページのURLは上記のような連番が含まれています。

それを、↓こちらの記事を参考に展開して全ページURLのリストを作ります。

URL途中にある連番を展開してくれるサイトのご紹介

 

次に、検索結果の1ページをimport.ioで読み込んで、取得したいデータを設定します。簡単なものであれば「Extractor」で十分だと思います。

今回の記事では取得したいデータの設定方法は省略させていただきます。私自身うまく取得できない場合もあり、公式サイトで動画による解説もありますのでそちらを参考にしてみて下さい。

 

「Extractor」で取得したいデータを設定して、右上のDoneを押すと、↓のような画面が切り替わりますので、「single url」とかかれた部分をクリック長押しすると、↓の画像のようにプルダウンメニューが出ます、

「Bulk Extract」を選択して下さい。

するとURLを入力する大きなフォームが現れますので、そこに先程展開して作った全ページURLのリストをコピペします。

あとは「Run Queries」クリックでデータ取得が始まります。

取得が完了するとダウンロードボタンが現れますので、出力する形式を選んで、ダウンロードすれば完了となります。

 

以上で、import.ioを使う際のちょっとした使い方のコツ、となります。

詳細な使い方等は、↓こちらの記事から。

URLを入力するだけ!コンテンツをスクレイピングしてデータ化してくれる無料ツール「import.io」

 

そのあとのCSVファイルの整形などは以下の記事を参考に

エクセルの置換で「*」を使えばだいたいのものは置換できる

エクセルで複数列を一つの列にまとめる方法

エクセルのフィルター機能の簡単な使い方解説

上記方法で出店しているネットショップの一括送信CSV形式に整形してアップすれば、在庫管理が非常に楽になるかと思われます。

 

ご注意

過度なスクレイピング行為は業務妨害に相当する可能性があります。ご使用に関しては他社様のご迷惑にならないようにお気を付け下さい。

にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
にほんブログ村

開発・運営 ブログランキングへ

2015.10.30.売れるネットショップとは?~商品撮影編~

おはようございます本日の担当は川畑です

今までにネットショップについていくつか記事を書いてきていますが、今日は「商品を綺麗に撮影する方法」について書きたいと思います。

ネットショップも開設した、周知広告も出した、けれども商品画像がイマイチ...というお悩みをお持ちの方は参考にしてみて下さい

 

過去の記事

 

光が重要!

どれだけ高画質のカメラで撮影したとしても、写真自体が暗いと見栄えが悪くなります。

かと言って、屋内の蛍光灯の光だけだと、変な影が入り込んだりして不自然な写りになってしまいます!

そこでオススメなのが...太陽光!!!!

太陽光であれば写真自体も明るくなり、なおかつ自然な写りになります。

ただ太陽光は天候の状況次第でバラバラの写りや、時間帯によっても違った写りになるというデメリットもあります...。

 

なので、手堅く簡易撮影キットを使用する!

撮影キットと言っても、プロの人が使っている大きな撮影キットではなく、Amazonや楽天で折り畳み式の机の上でできる簡易撮影キットが販売されています。

価格も5000円〜10000円とお手頃で、これを使えば変な影も入らず、自然な感じで簡単に撮影ができます!

 

実際に、撮影キットで撮った写真がこちらです

変な影が入ったりせず、蛍光灯の光だけで撮るより明るく映っています。

さらにこれをスマホのアプリやカメラの機能を使って、明るさ補正をかけていきます。

 

補正をかけると...

明るくなりましたね!

 

ただ、これだけだと味気ないというか、寂しい感じです...

さらに明るくして、文字も入れちゃいましょう!

それっぽくなってきました!

 

ワンポイントアドバイス

アクセサリーや服飾を商品にするならば、実際に着けている画像(着画)を載せている方が、お客様からしてもイメージが湧きやすいので、できるなら着画を撮っておきましょう!

 

そしてこれをさらに1枚の画像にしてみると...

ただ単に商品単体を写すだけより、商品のサイズ感がわかりやすく、見やすい写真になりました!

 

また、小物関係(この場合だと指輪を載せている三角コーン)などを利用すると、お店っぽい見せ方にもなります

貝殻や砂を利用すると季節感がでたりと、小物も使い方次第で色々なシチュエーションを表現できる重要なアイテムです

 

 

お金をかけずに撮影したいという方は、商品の下に白い板や机を置くだけで多少明るくもなりますし、LEDライトを持っている方は、横から光を当てるのではなく上からあてると、綺麗に撮れます。

 

ちょっとした工夫で綺麗に写真を撮る事ができるので、皆さんも自分に合った方法を考えてみてください

 

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村


ウェブデザイン ブログランキングへ

2015.10.22.ネットショップを開設したいと考えている方へ

おはようございます本日のブログ担当は川畑です

今までに「売れるネットショップとは?」をテーマに記事をいくつか書きましたが、今までの記事をご覧いただき「集客・運営方法はなんとなく理解できたけど、そもそもどうやって開設すればいいの?」という方もいらっしゃるかもしれません。

 

そんな方のために今日は「ネットショップを開設するには?」をテーマに書きたいと思います。

 

ネットショップを開設している人は、自分でサイトやシステムを一から作り、運営している方や、yahoo・楽天のネットショップを利用している方がいます。

 

色々な開設方法がありますが、今回は弊社の「Groop」を使った開設方法をご紹介します!

 

Groopでのネットショップ開設はワンクリック!

上の画像のようにコントロールパネルの中に「オンラインショップ」という項目があるので、ここをクリックするだけ!

これだけで、あなたのサイトがネットショップに変わるんです!

 

細かな設定が可能な管理画面!

クリックすると下の画像のようにショップの管理画面になるので、販売したい商品をアップしたり、顧客管理を行う事ができます!

後は販売商品に価格を設定したりパーツレイアウトで表示の変更だったり専門知識がなくてもマウス操作だけでネットショップを運営する事ができます!

支払い方法の設定や配送設定、CSV管理など細かい設定ができるので、あなたの思うがままのネットショップが作れちゃいます!

 

ご興味のある方は、詳細を見てみて下さい 機能一覧へ→

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ にほんブログ村 人気ブログランキングへ

2015.10.13.売れるネットショップとは?~その2~

おはようございます本日の担当は川畑です

 

前回、ネットショップのSNSを利用した集客方法をご紹介しましたが、今回は「売り上げアップに繋げる方法」についてご紹介したいと思います。

お客さんは見に来てくれているのに、なかなか買ってもらえない...そんなお悩みをお持ちの方は、参考にしてみて下さい

 

どうすれば買ってもらえる?

まず販売をする上でこのような事はありませんか?

  • 商品数が極端に少ない
  • 価格設定が高い
  • 新着商品の入荷頻度が少ない
  • 決済方法が少ない

上記にどれか一つでも当てはまる人は、一度考え直してみて下さい。

 

あなたがお店に訪れた時に、商品数が少ないとどう思いますか?まず、欲しいものが見つかる確率はかなり少ないですよね?

価格があまりにも高いと欲しいものであっても、買うのには躊躇してしまいます。

新着商品が全然入らないお店には、1回目は買ったとしても、2回目以降訪れてくれる人は少ないです。

決済方法がクレジット払いとかだけだと、欲しい商品があったとしても、カードを持たない人は買う事ができませんし、警戒心を与えてしまいます。

 

このようにお客様の興味を削ぐような事をしてしまうと、いくら集客したところで売り上げアップに繋げるには難しいでしょう。

 

では、どういうショップがお客様に好まれるのか?リピーターに繋がるのか?

 

売れるネットショップはこんなショップ

 

ターゲットを決める

販売するターゲットは女性か?男性か?年齢層はいくつぐらいなのか?

ターゲットを明確にする事によって、ショップの方向性や仕入れる商品のバランスもとりやすくなります。

 

価格設定をバランスよく

これは単純な話で、誰もが安く商品を購入したいと思いますよね?だからと言って安すぎたり、全商品を他の店舗より安くしてしまっては、数を売らなければ売り上げはなかなか伸びません。

 

例えば... 他の店舗より安くするなら、人気商品だけにして、他の商品に関しては同価格にしたりとメリハリをつける事で購入してくれる人を増やす事ができます。

他の商品は安くしたりせずとも人気商品だけを安くする事で「人気商品はこっちの方が安いし、他の商品も同じ値段だしここで買おう」と思ってもらえると売り上げアップに繋がります!

 

新着商品入荷やセールを実施

一度は買ってもらえたけど、商品が常に一緒だとリピーター客に興味を持ってもらえません。

頻繁に新着商品を出すだけで、随時チェックしてもらえるようになるのでリピーターや新規顧客の獲得にも繋がります。

新商品を仕入れるのに抵抗がある人はキャンペーンやセールを実施してみてはどうでしょうか。 売れ残った在庫でも、ちょっと安くするだけで「この値段なら...」と思って購入する人もいますし、在庫が残らずに済みます。

 

選べる決済方法

上記3つの事をクリアしていても、決済方法が少ないと「カードを持っていないから決済できない」や「銀行振り込みが面倒くさいからカード決済があるショップにしよう」となって、購入意欲のあるお客様を逃してしまいます。

ですので「銀行振込」「コンビニ払い」「カード払い」最低でもこの3つはもっておきましょう。

また、決済方法をショップの目立つ場所に分かり易く配置しておく事でお客様側へ安心感を与える事ができます。

 

 

 

このように、ただショップを開設するだけでなく、目的を明確にしていく事で、集客や売上アップに繋がります。

 

他にも色々な方法はあると思いますが、最低でもこの4つは取り入れておいた方がいいと思うものをご紹介させていただきました。

また次回、ネットショップについての記事を予定しておりますので、ぜひチェックしてみてください

2015.10.07.売れるネットショップとは?~その1~

おはようございます本日のブログ担当は川畑です

 

最近「簡単にネット販売ができる!」という広告や、「自分で製作したアクセサリーを販売したい!」と言った声をよく耳にします。

副業としてや、趣味の延長でお小遣い程度になればいいなと考えている方が増えてきているようですね

現に実店舗を持たない人や、webの知識がない方でも簡単にネットショップを開設できるサービスも急増しています。

 

ですが、いざネットショップを開設したものの、売れ行きが伸びず悩んでる方もたくさんいらっしゃるみたいですね。

そんなお悩みをお持ちの方に「売れるネットショップはどう違うか?」をテーマに、低コストでできる集客の方法をご紹介します

 

 

ネットショップに大切なものは?

まず、ネットショップだけに限らないのですが売り上げを伸ばすためにするべき事は、お客様に自分のショップを知ってもらう事です!

実店舗でもそうですが、作るだけ作ってぼーっとお客様が来るのを待っているだけじゃ知名度は上がりません。

広告やキャンペーン、イベントやセールを実施する事で、お客様に知ってもらう機会が増えますよね?

ネットでも同じです!

開設するだけじゃなく、まずは周知してお客様に自分のショップを知ってもらいましょう!

 

 

どうやったら知ってもらえるの?

どのような業界であってもチラシやCMを利用したりして、集客アップや売上アップに繋げています。

 

確かに、チラシやCMを利用すると集客や知名度アップの効果は期待できますが、個人でそれをしようとするとかなりの費用がかかり、時間もかかってしまいます。

 

しかし、費用をかけずにちょっとした事で集客する方法はあります!

それは、SNSを利用する方法です

 

いまや、スマートフォンを持っている方は90%以上(総務省調べ)その中でSNSの利用者は62%を上回ります。

という事は、そのSNSを利用すれば費用をかけずにお客様に興味を持ってもらえる率が上がるわけです!

 

その中でもオススメなのがtwitter・インスタグラムです!

FacebookやLINEは友達登録をしている人同士というイメージが強いため、周知範囲は狭いと思います。

しかし、twitterやインスタグラムは世界中の人が閲覧でき、興味を持った記事に「いいね!」を押してくれたりコメントを残していってくれたりします。

 

そこで、twitter・インスタグラムはハッシュタグという機能を利用します。

ハッシュタグとは「#アクセサリー」と自分が投稿する記事に入力しておくと、ほかのユーザーがSNS内で「#アクセサリー」と検索すると「#アクセサリー」が入っている記事を抽出してくれるんです

 

例えば...

【新商品入荷!】
ミサンガウォッチ各色!¥1,280- 
お買い求めの方はコチラ→ショップURL:○○○○○○○○○○

#アクセサリー#時計#ミサンガウォッチ
#ファッション#人気

 

と記事を投稿しておくとアクセサリーや時計を探している人が検索した時に、自分の記事が表示されるとショップに興味を持ってもらえる可能性も高くなります

更新頻度を上げれば、何度も訪問してくれたり、口コミで広がる可能性もあるので、オススメです

 

このように、費用をかけずとも集客の方法はあります

今日はSNSを利用した集客方法をご紹介しましたが、次回もネットショップについて書いてみようと思うので、気軽にチェックしてみて下さい

 

この記事を読んで少しでも「ネットショップをやってみようかな〜」「これなら自分でもできそう!」と興味を持たれた方は、一度弊社の「Groopグロープ」を利用してみて下さい!

「Groopグロープ」は知識がなくてもネットショップを開設でき、更新や顧客管理なども簡単にできるシステムですので、ぜひ一度お試しください!

 

2015.10.06.楽天やヤフーのネット販売に自社サイトを組み合わせる

本日のブログを書かせていただきますのは、私Groop3号となります、よろしくお願いします。

楽天ヤフーのネット販売に自社サイトを組み合わせる

ネット販売といえば、「楽天」や「ヤフー」を思い浮かべる方が多いのでは無いでしょうか?

もしかしたらすでにこの記事をご覧の方で、「楽天」や「ヤフー」で実際にネット販売を運営しているよ、という方もおられるかもしれません。

楽天」や「ヤフー」のネット販売は、たしかに知名度があって検索に引っかかりやすいですが、すでに運営されている方にとっては、ご不満に思っている点もいくつかあるんじゃないでしょうか?


例えば……

  • 外部サイトにリンクを自由に貼れない。
  • 顧客のメールアドレスリストが隠されている。
  • 自社サイトを紹介するスペースが無い。
  • 独自の企画等を展開できない。
  • その他、求人やお問い合わせなどの窓口が無い。
  • サイトの中身の構成が普通のhtmlと違うので分かりにくい。
  • 更新作業が複雑で、画像一枚あげるだけでも面倒くさい。
  • サポートに電話でそれについて尋ねると有料のセミナーに誘われる。

などなど、もちろん「楽天」や「ヤフー」それぞれに良いところもあるんですが、商売である以上完璧なサービスというのはありえないのかもしれません。


そこで、おすすめしたいのが、「楽天」や「ヤフー」の大手ネット販売サイトとは別に、自由に運営できる自社サイトを外部に持つ事です。
おすすめする、その理由は……

  • 楽天」や「ヤフー」に出店している店舗名と同じタイトルで、自社サイトを開設し、自社サイトから「楽天」や「ヤフー」店舗にリンクを飛ばす事で、相乗効果的にアクセスが上がる事になります。
  • お客様のクリック導線も、それぞれの店舗を循環するような仕組みを作る事ができます。
  • 自社サイトもただ開設するだけではなく、こまめに更新したり、ブログを開設して「楽天」や「ヤフー」店の商品にリンクを貼って紹介したり、企画を打ってみたりと、様々な施策を行う事ができます。
  • 自社サイトでもネット販売を展開するのも良いです。その場合「楽天」や「ヤフー」のように規約がある訳でも無いですし、顧客情報も自社で管理する事ができます。

楽天」「ヤフー」と自社サイトの組み合わせは、すでに鉄板の売上アップシステムと言えるのではないでしょうか。大手の販売サイトを見ても、ほぼこの形をとっている事にお気づきになられるかと思われます。

さて、当サイトが運営しております、ホームページ簡単作成システム「Groopですが。まさに「楽天」や「ヤフー」に追加する自社サイトをお求めの方にうってつけのシステムとなっております。何より忙しいネット販売業務の合間をぬって更新できるように、面倒な更新が簡単にできる、というのが「売り」になっております。

是非一度お試しください。

それではまた次回。

2015.09.04.無料ブログをビジネスに使うべきでは無いいくつかの理由

日替わり交代で記事を書いていくという趣旨のこの「HP運営ブログ」本日担当となりますのは、私Groop3号となります、よろしくお願いします。

では早速、本日のテーマは「無料ブログサービス」について書いてみたいと思います。

■無料ブログはビジネスに使うべきでは無い

ネット上には無料でブログを運営できるサービスというものがたくさんあります。有名なところではアメーバブログやFC2ブログにはてなブログ、ほかにもFacebookやTwitterも無料ブログの範疇に入るかと思われます。

それらは無料であるが故に、様々な制限やデメリットがあります。

何気なく「無料だから」という理由だけでビジネスブログを始めてしまうと、後になって「しまった」となっても、その時にはもう遅いのです。

では、何故無料ブログをビジネスに使うべきでは無いのか、その理由は以下になります。

  • ビジネスに使う事で規約違反となり、ブログを削除される危険性がある
  • いつか突然、ブログサービス自体が終了するかもしれない
  • 勝手に他の店に関する広告がつけられてしまう
  • 会社概要ページやお問い合わせフォーム等のビジネスの窓口となる別ページを作る事ができない
  • SEO(検索結果)が安定しない
  • 独自のホームページアドレスを取得できない
  • 無料故に受けられるサービスやサポートが無い

といった具合に、明らかに無料ブログをビジネスで使うのは止めておいた方が良いですよね。

かと言って、有料で業者に1から頼むのは高すぎるし、更新作業は自分で行いたいけど、ホームページ制作の知識は無い。そういったお悩みをお 持ちの方に是非お勧めしたいのが、当社で提供させていただいております、ホームページ簡単作成システム「Groop」なのです。

ホームページ簡単作成システム「Groop」を使うと、先ほど書いた無料ブログがビジネスに向かない理由を全てクリアする事ができます。

無料ブログのように、ビジネスブログを作っても突然削除される事も無いですし、突然サービスが終了する事もなく、勝手に広告がつくこともも ちろん無いです。

また、容量の許す限り何ページでも作れますし、更新すればするほど検索結果は上位になるでしょう。ご希望されるサイトのURLを取得できま すし(※ご希望される名前によっては取得できない場合があります)、サービスサポートの対応も充実しております。

ご興味のある方はこちらの料金ブランをご覧下さいませ。


http://searchweb-create.com/plan/



さて、ちなみに今ご覧になられている当ホームページも「Groop」のシステムを使って作られております。もちろん、このブログも 「Groop」のシステムが持っている機能の一つです。

当ブログはまだ始まって間もないですが、これからこのブログがどのように成長していくのか、果たして本当にブログで集客ができるのか? 等、その辺りも是非ご注目して見ていただけたらなと思います。

ではでは次回もよろしくお願いします。

  1 / 1  

無料で今すぐ作ってみる

ブログ内検索

フィード

分からないこと、聞きたいことご相談頂ければわかりやすく・丁寧にお答えいたします。

PAGE TOP