HP運営ブログ

カテゴリー: マーケティング のアーカイブ

2016.02.12.価格競争で何もかも失う前に、商品(サービス)の質を下げない売り方をしっかり考えましょう

 

私は欲しいものは結構すぐに買います。

ある程度、自分の頭の中に欲しいものの適正価格と言うものがあるからでしょう。

安すぎたり高すぎたりしない限り、本当に欲しければ即買いする人です(*⌒∇⌒*)

 

安すぎると、私の欲しいもの(感動・満足)が手に入らないように思えて不安になり購入を躊躇します。

絶対自分の出せない金額の場合はスルーしますが(1000万円のものはさすがに買えません(--;))、がんばれば手に届く高い金額の場合にはどうしてそれだけ高いのかをよく調べます。

その内容に納得できたなら高くても購入する場合もあります。

しかし適正価格前後だと、私の場合は中間の物か、その中で一番高いものを選びます。モノにもよりますが

ある程度の金額がする方を、私は信用しています(^^)

商品(サービス)の質(満足・感動)に対して(^^)

 

 

そこで価格について少々考えてました。

 

「売れない。集客できない。」という時、ついつい価格を下げる戦略をとられる企業が多いように感じます。

価格を下げることだけが戦略ではないのですが、どうしてそんなに安易にできるのでしょうか?

不思議でなりません。

 

そもそも「価格を下げれば何とかなる?!」と思って行動に移すだけで、具体的な戦略が考えられてないだけかもしれませんが、具体的な戦略を立てることなく安易に価格を下げると

 

  • 次に価格を上げづらい
  • 商品価値が落ちる
  • 作業単価が圧迫される 他のところでその分のしわ寄せが来ます

そうなると、商品(サービス)事態の質がおのずと下がってきます。

 

安くした分、

  • 手がかけられない
  • サービスが低下する
  • モチベーションが下がる
  • 顧客からの期待が下がることによる信頼の低下

などが起こる場合があるのです。

 

価格を下げるということ自体に「戦略」がないと、そうなる。

と言うことですね。

 

売れない!

人が集まらない!

じゃぁ、価格を下げよう!

 

そんな安易に金額下げないでください

っていうことです(^^;)

 

本当にその商品(サービス)の価値が、その程度の金額ならまだしもなんですけどね。

 

ものには「適正価格」というものがあります。

それを下回る時、人は「価値がない」と無意識に思います。

それを上回る時、どうしてここまで高いのか?と更に詳しく知りたくなります。

 

『高いから売れる』ということもあるのです。

 

例えば、ひとつぶ1万円のイチゴ。

売れるんです。

 

初めは物珍しさもあるでしょう。

しかしその物珍しさが、口コミにもつながります。

そしてその背景のストーリーに説得力があり、味も甘くてジューシーで美味しくて!!

となれば、口コミで広がりつつリピーターも定着するでしょう。

その時、その1粒1万のイチゴがどのような場面で喜ばれるのか「提案と理由」があれば、更に広がっていくことでしょう。

 

通常イチゴ1パックで300円前後。

300円前後で出ているとき、適正価格の若干上、若干下だと価格競争が生まれます。

しかしその1パック300円前後のイチゴが50円だと、人は不安になります。

  • 農薬を多く使っているのか?
  • どこかの売れ残りか?

ネガティブな思いが無意識に広がります。

 

買うとしても信用して買うわけではなく、ただ単純に安いから買うのです。

ですから、よっぽどのことがない限り、リピーターにはなりません。

 

よっぽどのこととは50円のイチゴにそもそも期待を感じていません。

期待がないから

もし、1パック50円のイチゴがものすごく甘くておいしくてジューシーで、その価格で提供できるだけの理由(ストーリー)があり、顧客の心を打つことができればリピーターも出来るだろうし口コミで広がることも可能ではあるということです。

 

価格を下げて提供する場合も、安易に下げるのではなくしっかり戦略を立ててください。

ただ単に価格を下げると、本当に質が下がりますよ。

質が下がると、更に人が離れていきます。

 

 

「価格を下げる」というのは一見やりやすい施策なのかもしれませんが、よく考えて実行しないと多くのしわ寄せが襲ってきます。

価格競争に陥りただしんどいだけの運営になり、何もかも失う…と言うことにもなりかねません。

その時、大騒ぎしても手遅れなんです。

戦略大切ですよ〜〜〜。

 

今日はここまでです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

 

  1 / 1  

無料で今すぐ作ってみる

ブログ内検索

フィード

分からないこと、聞きたいことご相談頂ければわかりやすく・丁寧にお答えいたします。

PAGE TOP