Groop操作マニュアル

2016年01月のブログアーカイブ

2016.01.08.Googleウェブマスターの設定

Googleウェブマスターツール(Search Console)では、Googleで検索された際のページの表示に関する詳細なレポートを確認することができます。「Groop」では、このGoogleウェブマスターツール(Search Console)と連携させることができます。この機能を利用する際は、Googleアカウントを取得する必要があります。

  1. コントロールパネルから[design] → [モジュール設定] → [Googleウェブマスター]を選択します。
  2.  
    Googleウェブマスターの設定
  3.  
  4. “Googleウェブマスターダイアログ”が表示されますので、ダイアログにある下記URLからGoogle Search Consoleにアクセス、ログインします。
    http://www.google.co.jp/intl/ja/webmasters/
  5.  
    Googleウェブマスターの設定
  6.  
  7. Googleウェブマスター(Search Console)のサイトにて、入力ボックスにウェブマスターツールを連携させたいサイトのURLを入力して[プロパティを追加]ボタンをクリックします。
    ※既に他のサイトを登録している場合は、[プロパティを追加]ボタンを押して連携したいサイトのURLを入力し、[続行]ボタンをクリックしてください。
  8. 次に表示されるページで、[別の方法]タブを選択して[HTMLタグ]の横にあるラジオボタンにチェックを入れてください。
  9. チェックをオンにすると手順などが表示されますので、内容を確認した上で表示されたメタタグ( <meta name=" ~ " content=" ~ " />)をコピーします。
  10. Googleウェブマスター(Search Console)の画面はそのままにCMSの編集画面に戻り、“Googleウェブマスターダイアログ”「メタ タグ」に、先ほどコピーしたメタタグをペーストして、その他の項目を設定します。
  11.  
    • サイトマップ自動作成
      [作成する]ボタンをクリックすると、サイトマップファイルが自動生成されます。ウェブマスターツール(Search Console)のサイトでサイトマップを送信する場合は、表示されたURLを送信してください。
    • サイトマップファイル
      独自のサイトマップファイルがある場合、[参照]ボタンを押してそのファイルをアップロードします。
  12. [OK]ボタンをクリックしてダイアログを閉じ、サイトの[再構築]を行います。
  13. もう一度Googleウェブマスター(Search Console)の画面に戻り[確認]ボタンをクリックし、所有権が確認されれば完了です。

Googleウェブマスターツール(Search Console)にアクセスすると、様々なデータを確認することができます。

 

操作マニュアルTOPへ戻る

2016.01.08.地図(Google Maps)の作成、追加、変更

地図(Google Maps)の作成

Google Mapsの地図を作成します。作成した地図はコンテンツパーツ、もしくはブロックレイアウトでお好きな場所に貼り付けることができます。

 

コントロールパネルから作成する場合
  1. コントロールパネルの[design] → [モジュール設定] → [Google Maps]を選択します。
  2.  
    地図(Google Maps)
  3.  
  4. “Google Mapsダイアログ”が表示されます。新しく地図を追加する場合は[追加]ボタン をクリックします。すでに追加されている地図を編集する場合は[編集]ボタンを、削除する場合は[削除]ボタンをクリックしてください。
  5.  
    地図(Google Maps)
  6.  
  7. ダイアログの必要項目を入力します。
  8.  
    地図(Google Maps)
  9.  
    • タイトル
      ダイアログの一覧等に表示されるその地図の名前を入力します。
      ※「'(シングルクォーテーション)」はご使用できません。
    • 住所
      アイコンを表示したい場所の住所を入力します。漢数字は使用できません。都道府県名、ビル・建物名は任意で入力してください。
    • 縮尺
      地図の縮尺サイズを設定します。
    • サイズ
      地図の表示サイズを単位(「%」か「px」)も含めて入力します。
      例:幅100%,高さ350px
    • 吹き出しコメント
      地図上のアイコンをクリックしたときに表示される吹き出し内のコメントを入力します。組織名や住所など、任意の内容を入力してください。
    • 地図下コメント
      地図の下に表示するテキストを入力します。アクセスルートなど、必要に応じて任意の内容を入力してください。
  10. [OK]ボタンをクリックして完了です。
  11.  
コンテンツパーツを追加する際に作成する場合
  1. 追加したい箇所の上にあるコンテンツパーツ上でマウスを長押しします。
  2.  

    地図(Google Maps)

  3.  

  4. “コンテンツパーツパネル”が表示されますので、[パーツの追加]ボタンをクリックします。
  5.  
    地図(Google Maps)
  6.  
  7. 【その他】タブを選択し、表示されるパーツの一覧から「GoogleMaps - 新規作成」をクリックします。
  8.  
    地図(Google Maps)
  9.  
  10. ページ内に新規の地図が作成されます。
  11. 作成した地図の上で右クリックをして表示されたショートカットメニューから[Google Maps] → [プロパティ]を選択します。
  12. “Google Mapsダイアログ”が表示されますので、必要項目を入力します。
  13.  
  14.  
  15. [OK]ボタンをクリックして完了です。
  16.  

地図(Google Maps)の追加

メインコンテンツ内に追加する場合(コンテンツパーツ)
  1. 追加したい箇所の上にあるコンテンツパーツ上でマウスを長押しします。
  2.  

  3.  

  4. “コンテンツパーツパネル”が表示されますので、[パーツの追加]ボタンをクリックします。
  5.  
  6.  
  7.  
  8. コンテンツパーツの一覧から【その他】タブをクリックします。
  9. 登録しているGoogleMapsが表示されますので、その中から掲載したい地図をクリックします。
  10.  
  11.  
  12. ページ内に選択した地図が配置されます。
メインコンテンツ以外のブロックに追加する場合(ブロックレイアウト)

メインコンテンツ以外のブロックに作成した地図を配置したい場合は、そのページを表示させてブロックレイアウトで該当する地図を配置してください。

地図(Google Maps)の変更

追加と同じ方法で“Google Mapsダイアログ”を表示させて、該当地図の右側にある[編集]ボタンをクリックするか、変更したい地図を配置したページを表示させ、変更したい地図の上で右クリックをして表示されたショートカットメニューから[Google Maps] → [プロパティ]を選択して“Google Mapsダイアログ”を表示させます。

 

アイコンの位置調整

場合によっては、ダイアログで入力した住所と少し異なる位置にアイコンが表示されることがあります。その場合は、アイコンの位置調整を行う必要があります。

  1. 変更したい地図を配置したページを表示させます。
  2. アイコンを変更したい地図の上で右クリックをして表示されたショートカットメニューから[Google Maps] → [位置の調整]を選択します。
  3.  
  4.  
  5. アイコンをドラッグして正しい位置まで持っていき、ドロップしてください。この時、アイコンの下に表示される×マークの位置がアイコンが表示される位置になります。
  6.  
  7.  
  8. [保存する]ボタンを押して完了です。
  9.  
  10. 操作マニュアルTOPへ戻る

2016.01.08.サイトの目標とSEO関連の設定、確認

目標とSEOの設定

サイトを運営するにあたって、更新頻度やアクセス数の目標を設定します。

  1. コントロールパネルから[design] → [モジュール設定] → [目標とSEO設定]を選択します。
  2.  
  3.  
  4. “目標とSEO設定ダイアログ”が表示されますので、各目標を設定します。
  5.  
  6.  
    • 更新頻度
      サイトの更新頻度の目標を立てます。更新は、ブログやトピックス、ページなどを追加することで行えます。
    • 1日のアクセス数
      サイトへの1日のアクセス数の目標を立てます。
    • 検索ランキング順位
      下記で設定したターゲットキーワードで検索した場合の、Yahoo!Japan、Googleでの検索結果順位の目標を立てます。
    • ターゲットキーワード
      サイトの主なキーワードを設定します。キーワードは1つの単語だけでなく、2つの単語を組み合わせるとより効果的です。(例:渋谷 ラーメン)キーワードは3つまで設定できますので、複数キーワードの検索結果順位を比較できます。
      また、『SEOアドバイスツール』で該当ページでどれだけターゲットキーワードを使用しているか、どのように使用しているかを確認できます。
      →SEOアドバイスツールについてはこちら
    • ライバルサイト
      あなたのライバルとなるサイトを登録します。1行に1件で「http://~」から始まるURLを記述してください。
    • メッセージダイアログ
      ログイン直後にサイト目標と達成結果、検索結果のダイアログを開くかどうかを設定します。
  7. [OK]ボタンをクリックして完了です。
  8.  

目標とSEOの確認

目標達成状況の確認

昨日までのサイト運営の目標達成状況を確認できます。
事前に“目標とSEO設定ダイアログ”で各項目を設定していない場合は結果が表示されません。

  1. コントロールパネルから[admin] → [サイト運営情報] → [目標]を選択します。
  2.  
  3.  
  4. 目標が設定されていれば、表示された“目標ダイアログ”の各項目に自動的に結果が表示されます。設定されていない場合は、各項目の[設定はこちら]をクリックするとして、表示された設定画面で目標を設定してください。
  5.  
  6.  
  7. [Close]ボタンで終了します。
  8.  
SEOアドバイスツール

現在表示しているページの中で、“目標とSEO設定ダイアログ”で設定したターゲットキーワードがどのように配置されているかなどを確認できます。

  1. ターゲットキーワードの状況を確認したいページを開きます。
  2. コントロールパネルから[admin] → [サイト運営情報] → [SEOアドバイスツール]を選択します。
  3.  
  4.  
  5. “目標とSEO設定ダイアログ”で設定したターゲットキーワードがどのように使用されているか、またそのページでどれぐらい使用されているかが表示されます。
    ※ターゲットキーワードを設定していない場合は表示されません。
  6.  
  7.  
  8. [Close]ボタンで終了します。
  9.  
  10. 操作マニュアルTOPへ戻る

2016.01.08.雛形の利用

よく使用するレイアウトを『雛形』として登録しておくことができます。

雛形の登録

  1. “コントロールパネル”[design] → [ブロック] → [雛形]をクリックします。
  2.  
    雛形
  3.  
  4. “雛形”ダイアログが表示されますので、[追加]ボタン をクリックします。
  5.  
    雛形
  6.  
  7. 必要事項を入力し、ツールバーを活用しながら雛形のレイアウトを作成します。
  8.  
    雛形
  9.  
    • タイトル
      この雛形のタイトルを入力します。
    • 説明
      この雛形の説明文を入力します。
    • イメージ
      雛形を挿入する際に、一覧に表示されるイメージ画像を登録します。150px×150px程度の大きさが最適です。
  10. [OK]ボタンをクリックして制作完了です。
  11.  
登録した雛形を使用する方法
  1. フルエディタ編集画面で、雛形を挿入したい位置にカーソルを置き、ツールバーの[雛形]ボタン をクリックします。
  2.  
    雛形
  3.  
  4. 登録した雛形の一覧が表示されますので、使用したい雛形をクリックします。
  5.  
    雛形
  6.  

雛形の編集

  1. “コントロールパネル”[design] → [ブロック] → [雛形]をクリックします。
  2. “雛形”ダイアログが表示されますので、編集したい雛形の[編集]ボタンをクリックします。
  3.  
    雛形
  4.  
  5. 雛形を編集し、[OK]ボタンをクリックして完了です。
  6.  

雛形の削除

  1. “コントロールパネル”[design] → [ブロック] → [雛形]をクリックします。
  2. “雛形”ダイアログが表示されますので、削除したい雛形の[削除]ボタンをクリックします。
  3.  
    雛形
  4.  
  5. メッセージを確認して[OK]ボタンをクリックすると、削除完了です。
  6.   
  7. 操作マニュアルTOPへ戻る

分からないこと、聞きたいことご相談頂ければわかりやすく・丁寧にお答えいたします。

PAGE TOP