Groop操作マニュアル

カテゴリー: 操作TIPS のアーカイブ

2015.12.04.再構築

 『再構築』とは編集した内容を一般に公開するメニューです。

  1. コントロールパネルの[再構築]ボタンを押すと、メッセージ画面が表示されます。
  2.  
  3.  
    再構築
  4.  
  5.  
  6. メッセージ内容を確認して[OK]ボタンを押すと編集内容が公開されます。
  7.  
  8.  
    再構築
  9.  
  10.  

※各ページごとに「非公開」や公開する前の「編集中」などの選択ができ、その際は「再構築」しても公開されません。

 

操作マニュアルのTOPへ戻る

 

2015.12.04.サイト設定

サイト名やコピーライト、サイトの概要、キーワードを設定します。

  1. コントロールパネルの[admin] → [システム] → [サイト設定]をクリックすると、“サイト設定ダイアログ”が表示されます。
  2.  
    サイト設定
  3.  
  4. 各項目に必要事項を入力します。
  5.  
  6.  
    • ドメイン名(独自ドメインでご契約の場合に表示されます。)
      サイトのドメイン名と「wwwあり」のチェックボックスが表示されます。「wwwあり」のチェックボックスにチェックを入れると、編集サイトでの動作が全てwwwありのURLで動くようになります。
      ※公開サイトのURLをwwwあり、なしに統一するものではありません。
      ※チェックを入れた場合は必ずwwwありのURLからログインを行ってください。
    • モバイルURL
      通常、スマートフォンもしくはフィーチャーフォンでサイトにアクセスするとモバイルサイト(http://xxxxxx/_m/)が表示されますが、モバイルサイトではなくPCサイトを表示するように設定することができます。また、通常パソコンからモバイルサイト(http://xxxxxx/_m/)にアクセスするとスマートフォン用のサイトが表示されますが、「パソコンか らモバイルURLへアクセスさせない」にチェックを入れると、モバイルサイトへアクセスしてもパソコン用のサイトへリダイレクトされるようになります。
      ※PCサイトに設定した場合もモバイルサイト(/_m/)がなくなるわけではありません。従来通り、閲覧している人がボタンで切り替えることが可能になります。
      ※「パソコンからモバイルURLへアクセスさせない」のチェックは、有料の独自ドメインでご契約のサイトで表示される機能になります。[OK]ボタンもしくは[Save]ボタンを押した時点で公開サイトへ反映されます。
    • サイト名(必須)
      サイトの名前を設定します。ブラウザのタイトルバー等に表示されます。

 
サイト設定

 

  • 概要
    サイトの説明文を100文字以内を目安に設定します。検索サイトによっては、検索された際にサイトの説明文として適用されます。
  • キーワード
    サイトに関連するキーワードを設定します。キーワードを「,(半角カンマ)」で区切って、10ワードを目安に設定します。検索サイトによっては、無視される場合もあります。
  • 代表メールアドレス(必須)
    個別にメールアドレスを設定しないモジュールには、このメールアドレスが連絡先として使用されます。
  • コピーライト
    ページのフッター部分にあるコピーライトを設定します。設定は自動的に反映されます。
    ※下記の図は一例になります。コピーライトの位置はテンプレートによって異なります。

 
サイト設定

 

  • favicon
    faviconファイルを設定することができます。アップできるファイル名は「favicon.ico」のみとなります。
    ※設定したfaviconは再構築で反映されますが、ブラウザのキャッシュの影響が大きいため、変わらないまた表示されない場合はキャッシュを削除するか、別のブラウザなどでご確認ください。
  • 公開状態
    公開状態を「準備中」にして再構築をかけると、全ページへのアクセスが制限され、トップに設定した準備中のメッセージが表示されます。
  • 言語
    コントロールパネルの言語を日本語、中国語、英語に変更します。
    ※一部多言語に非対応のメニューや機能があります。
  • チュートリアル
    ログイン直後にチュートリアルを表示するかどうか設定します。
  1. [OK]ボタンをクリックすると完了します。
  2.  

サイト設定と検索サイトにおける検索結果の関連について

サイト名(タイトル)

検索サイトで、検索結果のページの見出しとして引用されます。また、サイト名(タイトル)に含まれる語彙がキーワードとして検索結果に影響することがあります。

概要

検索サイトで、検索結果のページの説明文として引用される場合があります。また、概要に含まれる語彙がキーワードとして検索結果に影響することがあります。

キーワード

設定されたキーワードが検索サイトでの検索結果に影響する場合があります。

※各フリーページやトピックス記事、ブログのエントリーでも各ページごとに「概要」や「キーワード」が設定できます。

 

操作マニュアルのトップへ戻る

 

2015.12.04.アンカーの設定

リンク先をページ内の任意の箇所にピンポイントで設定したい場合に、『アンカーを利用します。

通常リンク先のページはウィンドウ内にページの上部から表示されますが、このアンカーを利用すると、アンカーを設定した任意の箇所からウィンドウ内に表示することができます。
このアンカーはページ内のいたるところに設置でき、リンクを設定する際に設置したアンカーの名前を指定すると、そのアンカーを設置した箇所にリンクされます。

 

アンカーの設定

  1. フルエディタ編集の画面でアンカーを設置したい位置にカーソルを置きます。
  2. ツールバーの[アンカー挿入/編集]ボタン をクリックします。
  3.  
    アンカーの設定
  4.  
  5. “アンカープロパティ”の設定画面が表示されますので、アルファベットから始まる任意のアンカー名を半角英数字(記号不可)で入力します。
  6.  
    アンカーの設定
  7.  
  8. [OK]ボタンをクリックすると、カーソル位置にアンカーが挿入されます。
  9.  

ページ内のアンカーにリンクを設定する場合

  1. リンクを設定したいテキストや画像を選択します。
  2. ツールバーの[リンク挿入/編集]ボタン をクリックします。
  3. “ハイパーリンク”の設定画面が表示されます。
  4. リンクタイプから「このページのアンカー」を選択し、さらにアンカーの一覧から該当するアンカー名を選択します。
    ※アンカーが異なるコンテンツパーツに存在する場合、ダイレクト編集時にはアンカー名が表示されません。
    その場合は、フルエディタ編集にてリンクを設定してください。
  5.  
    アンカーの設定
  6.  
  7. [OK]ボタンをクリックして完了です。
  8.  

別ページのアンカーにリンクを設定する場合

  1. リンクを設定したいテキストや画像を選択します。
  2. ツールバーの[リンク挿入/編集]ボタン をクリックします。
  3. “ハイパーリンク”の設定画面が表示されます。
  4. リンクタイプから「サイト内リンク」を選択し、サイト内コンテンツからアンカーを設置したページを選択します。
  5.  
    アンカーの設定
  6.  
  7. 次に、リンクタイプを「URL」に変更すると、4で選択したページのパスがURLに自動的に入力されます。
    アンカーの設定
  8. その状態で、入力されたページのパスの後ろに「#」を入力し、さらにアンカー名を入力します。
  9.  
    アンカーの設定
  10.  
  11. [OK]ボタンをクリックして完了です。
  12.  
  13. 操作マニュアルのトップへ戻る
  14.  
  1 / 1  

分からないこと、聞きたいことご相談頂ければわかりやすく・丁寧にお答えいたします。

PAGE TOP